一口馬主の愉しみ - 新しい種牡馬に夢をかける

一口馬主の愉しみの一つは新しい種牡馬との出会いがあると思います。

株にたとえてみればIPO(新規株式公開)のようなもので、まだ評価が定着していない、でも、評価が定着していないからこそ、種付け料もそれほど高くなく、比較的出資しやすい。で、一旦、評価が定着すると、ここに書いたディープインパクトのようにとんでもなく種付け料が上がってしまいます。走るか走らないかわからない、でも、新しい種牡馬に夢をかける、これが一口馬主の愉しみの一つではないかと思うのです。

さて、昨年末に引退したキタサンブラック、早くも記事になりました。今年、150~200頭に種付けするという。

http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=132585

総額13億5000万円(1口2250万円×60口)のシンジケートが組まれ、既に北海道安平町の社台スタリオンステーションで、種牡馬としての新生活をスタートさせている。花嫁には国内外のG1で7勝を挙げたジェンティルドンナの母ドナブリーニなどが決定済み。オーナーがブラック用にフランスで買い付けたディステイン(5歳牝馬)も既に来日した。試験種付けも上手といい、150~200頭との交配が予定されている。

基本的には、ノーザンファームの戦略の一つである、ディープ×海外繁殖牝馬のパターンを踏襲してキタサンブラック×海外繁殖牝馬というかんじなんでしょうね。強い種牡馬と繁殖牝馬、強い馬作りには当たり前と言えば当たり前なんでしょうが、その当たり前をキッチリやり遂げる、ここにノーザンファームの強さがあるような気がします。

で、キタサンブラック産駒は、18年種付け → 19年出産 → 20年1歳 → 21年2歳 というわけで、当歳を除いて一口馬主もしくはセールで募集が始まるのが2020年夏、デビューは2021年夏以降というわけで、募集まであと2年、デビューまであと3年ですね。

キタサンブラック産駒がデビューする2021年までは続々と新種牡馬産駒がデビューします。とくに注目は2020年のドゥラメンテ、モーリスあたりでしょうか。来年の社台ドラフトで話題になりそうですね。2020年のオリンピックイヤーに両産駒がデビュー、2021年キタサンブラック産駒がデビューする年にどの産駒がダービーを勝つのか今から楽しみです。ま、新種牡馬だからといってまったく走らない可能性もあります、それも「夢をかけた」結果であり、よしとしましょう。

2017年デビュー オルフェーブル、ロードカナロア
2018年デビュー ジャスタウェイ、ダンカーク
2019年デビュー エピファネイア、キズナ
2020年デビュー ドゥラメンテ、モーリス
2021年デビュー キタサンブラック

今週の出走

今週の出走

出資馬のなかでの稼ぎ頭であるイーグルフェザー(社台TC)が銀蹄S(ダート1400m)に出走します。

クラブの公式コメントでは、以下です。

今週1月27日(土)東京9R・銀蹄S(ダート1400m)に内田博幸騎手57kgで出走が確定しています。放牧を挟んで状態はフレッシュです。ベストの条件ではありませんが、自分のレースに徹して上位争いに持ち込みたいところです。

この馬、デビュー時から応援してきました。で、この馬の勝ちパターンは、最後の差し切り。とくに、府中ダート1600m、ゴール前直線が長い府中での差し切って2回口取りしました。なので、今回、1400mでちょい短いですが、スタートで出遅れなければ、いいところまでいけるんじゃないかと。当日は現地で応援します。

ウォーレン・バフェットにみる馬券術

 ウォーレン・バフェットといえば、「投資の神様」として、株式を少しでもやっている方であればご存知かと思います。自分もその昔、証券会社につとめていたとき、彼の見えない資産を読むという考え方に惹かれて、事業の見方、財務諸表の読み方などいろいろ勉強したものです。

さて、先日、「ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉」を読んでいたら、このウォーレン・バフェットと競馬にまつわるエピソードがあり、とても興味深く読みました。自分なりに要約すると、ポイントは2点で、まず、レースに対する心構え。本書は、こう指摘する。

「バフェットは10代前半の頃、競馬場で無許可の予想紙を売るビジネスをしていたことがある。競馬場は、客が損をするまで夢中になって儲けるほど儲かる。実際、客を見ると、一レースだけで帰る人はいなかった。多くの人が勝っても負け続けても賭け続け、結局は損をしていた。
ここからバフェットは、ギャンブルではやめ時が肝心なこと、損しそうなレースには賭けないことを学び、自分の原則にした」(p58)

ま、これは当たり前といえば当たり前ですよね。一回、勝つと次も勝てると思って続けてしまう、負けても次は勝てると思って続けてしまう、これを自制すべしと。

次のポイントは、馬券を当てるにはキチンと分析すべしという

「何も考えないレース参加者が多いほどいい。ジョッキーの勝負服の色をもとに賭ける人間もいれば、誕生日の数字に賭ける人間もいる。要するに、きちんと分析して賭けている人間がいない集団に加わるのが肝心なんだ」
これは、バフェットが競馬の予想を行っていた頃に学んだ教訓の一つだ。(p76)

実際、バフェットは、競馬場で予想紙を発行していたころは、下院議員の父ハワードに頼んで議会図書館から勝馬の予想に関する本を何百冊も借りてもらい、繰り返し読んでいる。(p96)という。

株式投資と競馬、いずれも「これが勝つ」というのが誰にもわからない点は共通していますね、将来がわからないからこそ、常に冷静になり、そして、ちゃんと勉強する、これがウォーレン・バフェットの「競馬の法則」といえるかもしれないです。

ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉 (PHPビジネス新書)
ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉 (PHPビジネス新書) 桑原晃弥

PHP研究所 2012-07-19
売り上げランキング : 16

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今週の出走(1月3週)

もう1月の後半ですが、出資馬がようやく出走です。

ヘヴンリーブライド(キャロット、3歳未勝利)

クラブのコメントでは、「17日は栗東坂路で追い切りました(55秒4-41秒2-26秒6-12秒9)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。先週コースでしっかりとやっているので併せて馬なり程度ですが、坂路が苦手なこの馬としてはラストの反応が良かったですし、雨で馬場が悪かったことを考えてもしっかりと動けていたと思います。先週長めからやったことで順当に良くなってくれていますよ。叩いての上積みもあるでしょうし、ここは楽しみですね」(浜田師)」 期待です!

JRAにみる「働き方改革」

 昨今、働き方改革というキーワードが頻繁に耳にするようになりました。まあ、工場勤務であれば所定の時間労働して、それで終わらなかったら残業、これはわかりますが、ソフトウェア開発、サービス規格・提供といった業種では8時間会社で労働したからといって、そのリターンが見込めるわけでもなく、リモートワーク、副業解禁など新しい働き方があってよいと思います。

 こうした働き方という点で、JRAという組織は興味深いです。自分は17年に馬主資格申請をしたこともあり、JRAに何度か訪問しましたが、JRAは少ない人数で効率的に組織を回しているというのが自分の印象です。ま、これは当たり前といえば当たり前で、JRAは、中央競馬を通じて国庫納付金を増やすことが事業の一つであり、コストを最小化するためにも最小限の人数でオペレーションすることが求められているのでしょう。

 この最小限の人数でオペレーションするためのアプローチが、一人二役です。

 JRAの採用ページにもあるように、JRAでは、通常業務と開催業務、一人二役をこなします。たとえば、平日は経理を担当していても、週末となれば競馬場で検量など開催にかかわる業務にかかわる。競馬開催は原則週末・祝日なので、そのためにスタッフを抱えるのではなく、通常業務と開催業務を一人でこなすことで効率的に業務をこなすという考え方です。

 jra-saiyou.jp 
2018年度 新卒採用Webサイト|JRA 日本中央競馬会
http://jra-saiyou.jp/2018/index.html

 実際、これはデータをみても明らかで、JRAの平成28年事業報告書によると、職員あたりの売上、売得金額/職員数は、15.2億円、東洋経済のデータによると一人あたり最も売上が大きいアルデプロを上回る水準です。

職員あたり売上(JRA平成28年事業報告書)

一人あたり売上ランキング

 JRAの場合、平日と開催がはっきり分かれているので、一人二役がやりやすい点もあるかもしれないです。でも、普通の会社でも、JRAとはいかないまでも、複数の仕事をシェアするという仕組みはあってもいいかなと思います。

キタサンブラック引退式

17年の有馬記念にいけなかったので、改めて18年1月7日 キタサンブラック引退式@京都競馬場にいってきました。

「競馬は人生の比喩である」 - このブログでは何度か登場するキーワードですが、キタサンブラックから本当にこの意味を学びました。

競馬の愉しみの一つは、その血が受け継がれることですよね。キタサンブラックの血を受け継いだ仔馬は、2021年以降デビューすると思いますが、どんな活躍を見せるか、楽しみです。
そして、引退式で武豊ジョッキーは、キタサンブラックの仔でG1を勝ちたいと語っていたので、武豊+キタサンブラック産駒のコンビに期待ですね。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

2017年は、JRA馬主免許取得など次のステップに向けての取り組みができました。

自分にとっての馬主生活は、無理をせず長く続けることであり、気負うことなく続けていきたいと思います。

そのなかで、今年のテーマとしては、

1.16年の共有馬 ソムニアの16(社台オーナーズ)、サイレントクロップの16(LEX Pro)、シークレットコードの16(Lex Pro)の3頭に出資したので、この共有馬ならびにファンド出資馬が無事に走ってくれること。

2.18年も無理のない範囲で出資するつもりです、そのなかで、次につながる馬を選びたいと思います。具体的には、この記事に書いたようにディープ産駒はあまりにも高いので、ディープはパス、新しい種牡馬、エピファネイア、キズナあたりに期待してみたいと思います。株と同じように高いポテンシャルを持ちながら割安な馬を探したいと思います。今年は、いくつかのセールにも参加できればと思います。

あたりでしょうか。勝利数は相手が馬なので、自分がいくら願ってもどうもなりませんが、愛馬が重賞・オープン路線に行ってほしいですね。

というわけで、今年もよろしくお願いいたします。