奥の深い東京ダート1600メートル 今週の出走

 今週は、2月17日(土)、18日(日)、2両日とも東京競馬場で観戦でした。

17日(土)は、一口出資馬イーグルフェザーの白嶺Sの応援、あわよくば口どり。18日(日)は、フェブラリーステークスの観戦です。

いずれも共通しているのは、東京 1600m ダート という条件です。

イーグルフェザーがこの条件で一番走ることから、この条件についていろいろ考察してきました。

やっぱ、この条件は深いですね。

ここにも触れたとおり、自分は東京競馬場が一番愛着のある競馬場ということもあり、東京馬主協会に所属しています。で、この東京競馬場の華はなんといって日本ダービー、天皇賞(秋)、ジャパンカップの2400m 芝ですが、自分はこの1600m ダートに限りない愛着を感じています。

このコースの魅力は、一言でいえば、馬の力、騎手の力、調教の力、すべてが結果につながるとおもってます。たとえば、ダート1300m,1400mの場合、最初のスタートが出遅れると、手遅れになるケースがそこそこあります。でも、1600mの場合、致命的な出遅れにならない限り、挽回できるチャンスはあります。

 そして、最大のポイントが、第4コーナーからの最後の500m強の直線、ここが最大の見どころで、仕掛けるのが難しい。残り2ハロンくらいで仕掛けても、差し切れない場合も多いし、かといって、遅すぎても届かない、どこで仕掛けるか、この微妙な匙加減が騎手の腕の見せ所と思うのです。まさに、人馬一体となった総合力勝負の奥の深いコースです。

 で、まず、土曜日のイーグルフェザー、前走の1400mダートでは、スタートも難なくこなし、4コーナーすぎて、外枠から最後の追い込みで大健闘の2着、今回の得意の1600mでオープンに昇格と思いきや、懸念材料であったゲートでチャカつき、最後の追い込みもきかずに9着、残念ですが、これも競馬ですね。

 そして、翌日のフェブラリーステークス、前回の中京でのチャンピオンズカップでのムーア騎手のあまりにも見事な追い込みもありゴールドドリームが一番人気。4コーナー過ぎたところから、このゴールドドリームが首位に立ち、のこり1ハロンで差し切れるかもと思った矢先に、大外からきたノンコノユメ、まさに、「どこで仕掛けるか、この微妙な匙加減が騎手の腕の見せ所」、内田騎手の素晴らしい騎乗でした。ちなみに、イーグルフェザーの2015年11月の新馬戦、同じく東京ダート1600mですが、このときの騎手も内田騎手、素晴らしい末脚で勝利でした。

 で、東京ダート1600m、どう攻めるか。馬のコンディションももちろんですが、騎手も大きな要素ですね。そういう意味で、フェブラリーステークスの内田騎手は見事でした。
 

イーグルフェザー(2月17日)
ゴールドドリーム(2月18日、フェブラリーステークス)

今週の出走(2月17日、18日)

 今週は久しぶりに2頭出走です。

2月17日(土) 東京競馬場 10R 白嶺S ダート1600m 
イーグルフェザー(社台TC)

クラブコメント

今週2月17日(土)東京10R・白嶺S(ダート1600m)に田辺騎手57kgで出走が確定しています。前走は1400m戦にうまく対応してくれました。1ハロン延長は好材料で、休み明けを叩いたここは自ずと力が入ります。

1月27日の銀蹄S(1600万下)では、7位人気ながら2着、今回は得意の1600mダート、1600万からなかなか勝ち上がれていませんが、今度こそこの条件で買って、オープンに勝ち上がってほしいです。馬券的には、人気になりそうで、妙味は少ないかもしれないですね

2月18日(日)京都競馬場6R 3歳500万下 ダート 1400m
ディライトプロミス
クラブコメント

「今週の京都にダート1400の番組があるので、そこにミルコを確保して向かうことにしました。先週の除外は残念でしたが、体つきもシャープになってきているぐらいなので、1週延びた代わりに長距離輸送がないのでそこは良かったですね。もう態勢は整っていますから、今朝は坂路でサッと単走。最後は手綱を放しただけで12秒1と非常にいい反応を見せてくれました。こちらの調教に慣れてきてカイバ食いも安定してきましたし、いい状態で送り出せそうですよ」(池添学師)

先週は東京で除外なものの、京都でエントリー、馬券的にはこちらが面白そうですね。500万条件を勝って、次のステージへのよいレースとなりそうです。

新種牡馬デビュー表

 ここに書いたように、自分は実績のある種牡馬よりも新しい種牡馬がどう”化ける”か、これが一口馬主の愉しみの一つと思っています。で、今後、どんな種牡馬がデビューするか、自分のメモも含めてまとめてみました。

新種牡馬名産駒誕生年
(当歳)
クラブ募集年
1歳セール年
(1歳)
デビュー年
(2歳)
代表産駒
オルフェーブル
ロードカナロア
2015年2016年2017年6月~ロックディスタウン
(オルフェーブル)
アーモンドアイ
(ロードカナロア)
ジャスタウェイ
ダンカーク
2016年2017年2018年6月~
エピファネイア
キズナ
2017年2018年2019年6月~
ドゥラメンテ
モーリス
2018年2019年2020年6月~
キタサンブラック
イスラボニータ
2019年2020年2021年6月~

共同通信杯観戦記

 さて、この冬のシーズン、愛馬の出走がイーグルフェザー以外目立って出走なく、純粋に競馬を楽しもうと3連休の真ん中の日、共同通信杯にいってきました。

所属する東京馬主協会のホームグランドの府中、この日は人が多かったですね、パドックもいっぱい、通常のG1くらいの入りだったような気がします。

メインレースは、なんといっても共同通信杯、18年春のクラシックの大事なレースです。

パドックで見た感じでは、人気馬、ステイフーリッシュ、サトノソルタス、グレイルのうち、ステイフーリッシュはステイゴールド産駒らしく終始落ち着かない様子で、この産駒の”血”を感じました。サトノソルタス、グレイルはいずれも終始落ち着いた様子。この2頭は馬券圏内で考えてもよいなと思いました。

 で、グレイル、武豊騎手が3コーナーあたりから外に出し、府中の最後の直線で差しきれる、と思ったのですが、まさかの減速。サトノソルタスも最後に競ったものの勝ったのはオーケンムーン、見事な勝利でしたね。

 オーケンムーンは、仮に種牡馬となったら、ディープ系、キンカメ系、両方つけられるので、ニーズはありそうな気がします。つぎのクラシックが楽しみです。しかし、上記3頭、馬券になると思いましたが、サトノソルタスの2着のみ涙 やっぱ、馬券は難しいです。。。

サトノソルタス

グレイル

ステイフーリッシュ