マルーンベルズ命名証書

2018年の社台ドラフトも開幕のなかで、2017年募集産駒もデビューに向けて順調に進んでいます。

そんななかで、自分の初命名馬「マルーンベルズ」の命名証書が届きました。

この血統は、半兄アスペンツリーにはじめて出資して、思い入れの血統です。

アスペンツリーの父はスペシャルウィーク、マルーンベルズの父はヴィクトワールピサ、母アスペンアベニューとサンデー系との相性は悪くないと思っていて、産駒もだいたい勝ち上がっています。難があるとすれば、気性と足元、とくに、アスペンツリーは、1000万条件2着で、順調に勝ち上がってオープンまでいけるのではと淡い期待をしていましたが、右前脚関節炎のため無念の引退。

マルーンベルズ、もちろん、勝ち上がってほしいですが、それ以上に元気で長く走ってもらいたいですね。

2018年社台ドラフト開幕

 さて、春のクラシックシーズン開幕と同時に社台ドラフトも開幕、予定馬リストが届きました。自分は2012年からスタートしたので、早いもので6世代目になりました。

まあ、 ここにも書いた通り、ディープ産駒のような高額馬は手を出しにくいので、今年も、新しい種牡馬に夢をかけるのように、新種牡馬、自分の思い入れのある血統を検討しようと思います。

パッと見たところでは、

  • 新種牡馬:エピファネイア → アイスフォーリスの17のようにサンデーサイレンスのインブリード(4x3、場合によっては3x3)がエピファネイアだとあり得ますよね。このインブリードが吉とでるか凶とでるか、6月まで悩みたいと思います。
  • 思い入れのある血統:アーリーアメリカンの2017 → 父ハーツクライで社台TCから募集の予定です。兄イーグルフェザーは、自分の出資した最大の孝行息子なので、半妹も期待したいです。イーグルフェザーは、ミスプロらしく、ダートでの最後の追い込みが鋭く、かつ、年齢を重ねるごとに成長しています、ハーツクライ産駒なので、芝なんでしょうかね。ま、イーグルフェザーは初仔だったので、1口50万/40口で、比較的お手頃でしたが、ハーツクライ産駒であること、全弟がセレクトセールで2800万なので、値段はちょい上がりそうですね。
  • まだポイントがありそうですが、6月まで悩んでみようと思います。

    ルガールカルムにみる馬の育て方

    2017年のドラフトで出資したサンデースマイルⅡの16あらためルガールカルム、サンデーレーシングの公式HPで近況がアップデートされました。

    引き続き週3日は軽めの運動、週3日は屋内坂路でハロン16~17秒のキャンターを2本という調教メニューを消化しています。この中間に2週間はウォーキングマシン、トレッドミルの運動にとどめて、心身のリフレッシュを促しました。リフレッシュ効果もあり、乗り出してからは活気十分の動きをしています。カイバ食いも良く、ボディーコンディションもいいので、これからはバリバリと乗り進めていきます。3月下旬に計測した体高は160cm、胸囲は178cm、管囲は20.2cm、馬体重は474kgでした。

    いつも勉強させていただいているイスラボンさんのブログにも「よい傾向」というご指摘のように、順調に来ているようです。

    それで思ったのが、ノーザンファームの馬の育て方です。

    2月の近況では「欲を言えば、もう少し筋肉がついてほしいところです。」というコメントもあり、その対応として「心身のリフレッシュを促しました」なのかなぁと個人的には思ってます。たんにバリバリ調教するのではなく、かといって、放置するのでもなく、このあたりのバランス、そして、それを実現する調教施設、スタッフのスキル、こうした馬の育て方が、7年連続、ぶっちぎりの生産牧場リーディングを獲得している強さの一つではないかなあと思います。もちろん、社台グループの強力な種牡馬、海外からG1級の繁殖牝馬の導入などいろいろありますが、やはり、それを上手く育てる力も重要なんだと思いました。

    ルガールカルム、いまは順調かもしれませんが、突然のアクシデントもあるかもしれません。そうしたアクシデントなく、無事にデビューまでこぎつけてもらえればなあと。