耳から「心」を読む - サラブレッドに「心」はあるか

 さて、このブログは馬主日記ですが、もともとの馬主になった動機の一つに馬主の気持ちを理解して、もっと馬券に活かしたいという単純な動機です。

 で、馬主になったからといって、馬券が上手くなったかといえば、微妙ですね。やっぱり、下手にこの人に勝ってほしい、この馬に勝ってってほしいという「バイアス」が、かえってフェアな予想にならないのかもしれないです、ま、フェアという点であれば、コンピュータ、最近だと人工知能に任せるのが一番かもしれないですね。

 とはいうものの、できるだけ「バイアス」を排除するには、もうちょっと馬のことを知るべきしょうということで、いろいろ勉強しています。ま、馬と会話できるのは、どんなに技術が進歩してもまだまだ先でしょうね。人間同士の会話はGoogle Translateのような翻訳こんにゃくも実用的になりつつありますが。

 で、この本「サラブレッドに「心」はあるか」、馬博士こと楠瀬良先生の著書です。タイトルの通り競走馬の心はどこまで解明されたか。これまでの連載をもとにまとめた一冊です。いろいろ勉強になる点がありました。全部はまとめられないのですが、勉強になった点はパドック。

 まあ、パドックは難しいですよね、何をみれば勝馬を予測できるか、たくさんの要素があるので、それこそ馬の心を知りたいものです。で、この本にはたくさんのヒントがあります。

 パドックで何を見るか?

見るべきポイントの一つは、と指摘します。

馬の気分は、頭部であれば耳、目、鼻、口に表れます。とりわけ馬の耳は感情が最もストレートに表出される器官と言えます。耳の動きはウマの心理状態を知る大きな手掛かりとなるのです。

では、耳のどこに注目すればよいのでしょうか?

人間とちがって馬は、左右の耳を別々にくるくる動かすことで音から周囲の環境を探索します。馬を初めての場所に連れて行くと、この動きはいっそう激しくなります。何か自分の身に危険がおよぶことがないか、周囲を探索しているのです。
 転じてこうした耳の動きは、不安感を示す指標となります。パドックで落ち着いた馬が多い中、一頭だけ左右の耳をしきりに動かしている馬を見つけたらチェックしておく必要があるでしょう。その馬は競馬場特有の雰囲気に呑まれ、不安を感じ、これから始まる競馬に集中しきれていない可能性があるからです。

まあ、これがあたってるかどうかは何とも言えませんが、一つの評価尺度になりますよね。

サラブレッドに「心」はあるか (中公新書ラクレ)
サラブレッドに「心」はあるか (中公新書ラクレ) 楠瀬 良

中央公論新社 2018-04-09
売り上げランキング : 55420

Amazonで詳しく見る by G-Tools

出資馬応援・日本ダービー観戦記

 5月27日 - 平成最後のダービーの日、東京競馬場にいってきました。

今年のキャッチ「すべては、この熱き日のために」はいいですね。6955頭のサラブレッドの頂点を決める、そんな思いが凝縮されているように思います。

 当日は、ダービーと並行して、今日は出資馬2頭が出走しました。

最初は、第4レース(3歳未勝利芝2000m)のコロンバスディ(社台TC)、新潟での惜しい2着で、ルメール騎手の騎乗で否が応でも勝利への期待が膨らみます。スタートはまずまず、道中3番手くらいにつけて、第4コーナーをまわって、いざ、スパートとというタイミングで、ギアがあがらず、5着。なんとか掲示板でしたが、東京の長い直線は向いてないかもしれないですね。次回は函館を視野にということで、よい選択ですね。未勝利戦も後半になりつつあるので、函館でまずは1勝というところでしょうか。

第11レース(1600万条件薫風ステークスダート1600m)にはイーグルフェザー(社台TC)が出走しました。いつも通り、スタートはやや出遅れで、最後方でのスタート。これはいつものことなので、とくにサプライズなし。で、第4コーナー回って最後の直線、戸崎騎手の「直線で外に出した瞬間、ガツンときました。」というクラブ掲載のコメントのように、ガツンときました。差し切ったと思ったのですが、残念ながらササった分だけ内の馬に出られてしまい惜しい2着。口取はなりませんでしたが、よく頑張ってくれました。

 さて、話は前後して、ダービー。

多くを語る必要はありませんが、よいレースでしたね。

福永騎手がガッツポーズして泣くんだろうな、と思ったら、案の定泣きました、自分ももらい涙です。

19年よく頑張ったと思います。「競馬は人生の比喩」というのがこのブログのコンセプトですが、あきらめずに挑戦する、これですね。

もちろん、彼は未勝利もG1も関係なく、常に勝つことを地道に続けてきたと思うのです、ただ、ダービーを勝ってないというプレッシャーも相当あったと思います。でも、あきらめずに挑戦した結果だと思います。松下幸之助は、成功する秘訣について、成功するまであきらめずに続けることと指摘しましたが、それに通じる点がありますね。
 
 ダービーが終わると、また、次のダービーに向かって走り出します。新しい元号でのダービーが楽しみですね。

 ルメール騎手騎乗コロンバスディ

今週の出走

今週末はダービーディ、ダービー同日に出資馬2頭が出走します。

東京 第4レース 3歳未勝利 コロンバスディ(社台TC)
前回は、三浦皇成騎手のもと新潟芝1800m惜しい2着
今回は満を持してルメール騎手で東京2000mに挑戦です。
強豪は、サトノオンリーワン、値段は桁違いですが、ここで勝利を決めてもらいたいです。

東京 第11レース 薫風ステークス イーグルフェザー(社台TC)
得意の東京ダート1600mでなかなか勝ちきれないイーグルフェザー
今回は、戸崎騎手で挑戦です。
前回の勝利は、天皇賞(秋)直後の12Rだったので、今回はダービー直後の11Rで勝ち星期待。

  

ルガールカルム近況

サンデーRに一口出資しているルガールカルム、5月18日に近況が更新されました。

ルガールカルムにみる馬の育て方に書いたように、馬をどう育てるかについて、ノーザンファームの育成からとても学ぶ点があります。

この学ぶべき点は、やっぱりメリハリ、ですね。バリバリ一辺倒に負荷をかけてトレーニングするだけでもなく、かといって、馬のなすがままに放置するわけでもない、緩急自在に、ときには負荷をかけながらも、ときにはリフレッシュ促す、このメリハリがうまく効いていると思います。坂路調教のような施設、海外の重賞を勝ってる繁殖牝馬、そして、馬を育てる人とノウハウ、ノーザンファームの強さはここにあるのかなあと思います。

で、5月18日の近況によれば、引き続き順調に育成が進んでいるようです。まあ、生き物なので何があるかわかりませんが、このまま順調に入厩、デビューといってほしいですね。

現在は週1日は屋内周回コースでハッキングキャンター2500m、週2日は屋内坂路で乗り込まれています。屋内坂路では、週1日はハロン17秒とハロン14~15秒のキャンターを1本ずつ、もう1日はハロン17秒とハロン15~16秒のキャンターを1本ずつ消化しています。引き続き折り合いに注意をはらいながら進めていますが、他の面はまったく心配がなく、順調そのものです。もう少し乗り込んだところで入厩の段取りを組みたいと考えています。現在の馬体重は486kgです。

社台ドラフト2018注目馬 キトゥンズダンプリングスの17

春の訪れとともに、募集馬が公表され、先週、募集馬の価格発表、6月の牧場見学とこの時期は社台ドラフトのシーズンですね。

今年というか例年そうですが、高いですね。ディープ産駒が普通に1億円越えと、ちょっと手が届きません。。。

どれを指名しようか検討中ですが、ちょっと面白そうとおもっているのが、社台TC キトゥンズダンプリングスの17 です。

血統を愛する血統マニアにとっては、実に興味深いですね。

まず、母は、キトゥンズダンプリングス、母の父は、キトゥンズジョイ。キトゥンズジョイ下のリンクがまとまってますね。2013年北米リーディングサイヤーで、芝に強い種牡馬です。

代表産駒は、日本では何といってもジャンダルムで、日本であまり成果がでていないサドラーズウェルズ系にサンデーサイレンス産駒の母ビリーブをかけてます。

このジャンダルム、キトゥンズジョイ産駒の今後を占う上でも5月27日の日本ダービーに注目したいですね。とくに府中の4コーナーあとの直線は長いので、どんな競馬ができるか。

http://www.pedigreequery.com/kittens+dumplings

で、父は、言わずと知れたアメリカンファラオ、2015年の三冠馬です。

アメリカンファラオ産駒が日本で走るかといえば、悩ましいですね。父 パイオニアオブザナイルは日本でも走りはじめたばかりで未知数、祖父 エンパイアメーカーは日本での種牡馬になるも、そこそこっていったところでしょうか。それを跳ね除けて3冠馬のアメリカンファラオ産駒がどこまで走るか楽しみですね。まあ、この評価は難しく、価格(5000万、一口125万)もこのあたりを反映しているのかもしれないですね。

個人的には、キトゥンズダンプリングスの17自身がちゃんと走って、さらには、種牡馬として、日本の競馬に新しい血を入れてほしいと思っています。種牡馬になれば、基本はサンデー系につけられるので選択肢はいろいろありますよね。こうした妄想も血統マニアの愉しみでしょう。まあ、札を入れるかどうかは6月まで悩みたいと思います。

世界に広がるサンデーサイレンス系

 自分は中学高校から競馬にハマったタチではなく、社会人になってから参戦、キャリアはまだまだ浅いのですが、そのなかでも、一番、エキサイティングなのが、血統ですね。

 宮本輝の名著「優駿」 の冒頭では、主人公の一人博正が、馬主の娘久美子に対して、ダーレーアラビアンから続くサラブレッドの血統をドラマチックに語るシーンが印象的ですが、親から仔へ連綿と繋がる血統にドラマを感じてしまいます。

 さて、最近読んだ本「血統の教科書」、血統好きにはたまらない一冊です。血統を日本型、米国型、欧州型、その血統にあう主流馬場、反主流馬場の条件を読むことで馬券上手になるという趣旨です。で、これにくわえて、ページを割いて言及されているのが、血統の未来として「サンデーサイレンス系の誕生」(p303)。

 かいつまむと、「血統」は世界を旅をしていて、その旅による交配で、新しい血統が確立すると。で、1940年代はネアルコ(イタリア→イギリス)、1950年代はナスルーラ(イギリス→アメリカ)、1970年代はノーザンダンサー(カナダ→アメリカ、ヨーロッパ、日本)、1980年代後半はミスタープロスペクター(アメリカ→ヨーロッパ)、そして、2010年代後半はサンデーサイレンス(日本→世界へ)。というわけで、日本で生まれたサンデーサイレンス系が世界に飛躍する新たな局面に立ち会っていると。

 その端緒はいくつか現れていますよね。5月5日の英国2000ギニーを勝利したサクソンウォリアー、父はディープインパクト、これだけではなくて、他も出てくるでしょうね。で、こうした流れのなかでどうするか?海外というのは可能性としてはなきにしもあらずですが、ハードル高いですよね。まあ、馬券で応援するのはありかもですね。国内だと、海外でも種牡馬になれそうな血統もしくは繁殖牝馬となりうる牝馬に一口ですが賭けてみる、これもありかなあと。

勝ち馬がわかる血統の教科書
勝ち馬がわかる血統の教科書 亀谷 敬正

池田書店 2018-03-19
売り上げランキング : 277

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今週の出走

今週は、5日、6日と2頭出走します。

イーグルフェザー 社台TC 東京 9R 立夏ステークス 1600万条件

一番の孝行息子のイーグルフェザーが中1週で出走します。
前回は、内枠かつベストの距離から1ハロン短い1400mで9位に甘んじてしまいましたが、今回は4枠でベストの距離1600mで挑戦です。
競合関係だと、社台グループオーナーズのプラウドスペルが人気になりそうですが、最後の直線の末脚で1600万条件を突破してもらいたいです。

コロンバスディ 社台 新潟 5R  未勝利 芝1800m(牝馬限定)

3月に復帰してから3戦目、前々回5着、前回4着と惜しいところ。
今回はメンツ的にもこの馬にとって悪くなさそうなので、ぜひ、ここで未勝利脱却を。