2018年社台牧場見学ツアー

 ここ3年くらい、社台牧場見学ツアーの日帰りで参加しています、で、初日の6月8日参加しました。

どちらかといえば、自分は目星を付けた馬をじっくり見て、質問して、確認するタイプなので、そんなにたくさん写真ありません。

といっても、馬体がわかるわけでもなく、バランスがよさそうな馬を見ながら、質問しながら、仮説を検証するかんじです。

で、一番良かったのは、120 シーズアタイガーの17(サンデー関東、国枝厩舎)です。

お伺いした話を自分なりに解釈すると、まず、闘争心があり、頭がいい。そして、ダイワメジャー産駒というより、ダイワメジャーそのものでパワーある。距離でいうとマイルくらいで、芝がダメでもダートに切り替えられそう。牧場としてはぜひ重賞をとってほしい、そんな思いを感じました。

これは人気しそうなので、取れるかどうか、票読みで考えたいとおもいます。

同じダイワメジャー産駒で興味を吹かれたのが、213 カリフォルニアネクターの17(中央OW、尾関厩舎)です。

とにかく、この馬はデカい、1歳6月時点で550kgを越えてます。なので、ツアーが終わったら、すぐ騎乗調教をスタートさせるようなかんじ。
イメージとしては、これから体を絞りつつ、筋肉をつけて、比較的早いデビューを目指す。
どう育成するか、まさにノーザンの腕の見せ所ですよね。400口であれば1口いったのですが、10口なので、ハイリスクハイリターンですね、悩みます。

で、エピファネイア産駒は大まかな印象として骨太、骨が太い分だけ、筋肉をつける必要があり、そのためデビューはそれほど早くなさそうな印象です。
今回はエピファネイア産駒はスルーしようと思います。

見学最後の社台ファームも楽しみにしていましたが、あいにくの土砂降りであまり見ることができませんでした。
とはいうものの、最初の印象を確認できて、よいツアーでした、来年も参加します。
 

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です