時代はまわる 愛馬近況

時代はまわる - 競馬にとって、ダービーが年度の移り変わりですが、8月終わりから9月ももう一つの移り変わりですね。愛馬のデビューと別れのシーズンです。

15年産駒の別れは

・ヘヴンリーブライド(キャロット) 芝8戦するも未勝利、中盤までいいペースで進むも後半で苦しくなり、勝ちきれず
・ヴォレダンルシエル(キャロット) 芝⇒ダートに転向も勝ちきれず
・レイロー(ワラウカド) 気性面の難しさが改善せず
・ブルーインパルス(ワラウカド) 前浅屈腱炎により引退

15年産駒の勝ち上がりは、ヴェルスパー(サンデーTC)、ディライトプロミス(キャロット)の2頭で、今週の日曜日札幌開催でコロンバスディ(社台TC)が勝ち上がりを賭けます。
勝ち上がりというのは一つの指標ですが、こう見ると難しいですね。もうすこし馬の見方について研究が必要と思っています。
とくに、キャロットは3頭出資で勝ち上がり1頭、ワラウカドは2頭とも勝ちきれず、今年はこれを糧にして次回うまく勝ち上がれるようにしたいですね。

さて、15年産駒の別れとともに16年産駒のデビューも始まります。9月にデビュー予定は

・ムニアイン(中央オーナーズ) 9月8日中山芝2000Mでルメール騎手でデビュー予定、JRA馬主資格取得初の共有です
・ルガールカルム(サンデーTC) 9月22日中山でデビュー予定

人間にも出会いと別れがあるように、馬にも出会いと別れがありますよね。別れはさみしいですが、新しい出会いに期待したいと思います。

キャロットドラフト2018開幕

さて、キャロットの価格が発表されて、2018年のドラフトも最終段階ですね。

で、ドラフトって何だろう、って考えてみました。

野球とかスポーツのドラフトはシンプルですよね。
目的はゲームに勝つこと、リーグで優勝すること、そのために、足りない戦力を補強する。

一口を含む馬主にとって、この目的を決めるのは結構難しいのではないでしょうか。

自分が思いつく範囲では、馬主にはいくつかの目的はありますよね。

1.儲けたい → これは当たり前ですよね。基本はおカネを出して、そのリターンを求めているわけで。そうなると、1.できるだけ安い馬に出資する、もしくは、2.重賞・G1が高い確率で取れそうな馬に出資する、あたりでしょか。

2.ダービーに勝ちたい → セレクトセールで超良血馬を買うんでしょうかね。「必勝法」がないので、これはレベルが高い目的ですよね。

3.好きな馬・血統・牧場・騎手等を応援したい → 馬主活動が純粋な投資であるとしたら、リターンも高いですが、不確定要素が高すぎますよね(金融の用語ではボラティリティが高い)。むしろ、応援したいという目的もあるのではないかと。

自分はいえば、1と3の間ですかね。まだ実現してはいないのですが、いつか種牡馬となる牡馬に出資して、出資した牝系につけて、走らせるみたいなことができたらなあと思っています。

まあ、これは人それぞれ、それぞれの愉しみがあっていいのかなと。

というわけで、キャロットドラフト、社台では牝馬(カリフォルニアネクターの17、アーリーアメリカンの17)だったので、愛着のある牝系にくわえて、牡馬を狙ってみたいと思います。

キューの17
アヴェンチェラの17
パロネスサッチャーの17

あたりが候補です。ツアーにも参加予定で、しっかり見て判断したいと思います。