ワラウカド退会と一口馬主ビジネス

  人によって定義は様々なですが、自分が思うに、ビジネスとは植物を育てるプロセスに似ていると思います。

 で、自分にとって、一口を含めた馬主は趣味ではなく、ビジネスの一つとしてとらえています。

 自分はいまのところブリーダーではないので、馬を育成するプロセスにはかかわっていませんが、

    (獲得賞金+種牡馬種付け料)>(出資金+維持費)

 を意識して、この馬主稼業という「植物」を育てています。

 植物を育てるには、まず、きちんと根をはるように土壌を豊かにする、これは、育成に近いかもしれませんね。まあ、一口馬主という点では、馬選びがポイントになると思いますので、種牡馬・育成牧場の動向把握などの勉強あたりでしょうか。

 そして、植物を育てるという点で、わりと重要なのが、剪定。草花は何もしないいろいろな方向にのびていきます。そして、そののびた植物について、伸ばすところは伸ばす、いらないところは剪定して落とす、この取捨選択のプロセスが大事だと思うのです。

 さて、前置きが長くなりましたが、表題の件です。自分は一口馬主は2013年出走のアスペンツリー以来今年で5世代目です。

最初は社台、サンデー、社台地方OW、社台中央OW、キャロット、ワラウカド LEX-PRO シルクにはいっていますが、ワラウカドについては退会しました。

理由は単純で、出資した2頭(レイロー、ブローインバブルス)がいずれも勝ち上がれず未勝利で引退しました。

いろいろとクラブの方でも改善していて、アットホームでよい雰囲気が伝わってくるのですが、やはり、結局のところ、結果だと思います。

で、伸ばすところがあるとしたら、やはり、共有あるいはまだ実現できていないですが1頭ですかね。ただ、ノーザンファームが今後も勝ち続けるという前提だと、弱小馬主にとってはセレクトセールで仕入れるという選択肢はいまのところなく、オーナーズもしくはLEX-PRO、場合によってはオータムセールあたりなのかなと思っています。他の牧場を探すのもアリかもしれないですね。
 

ルガールカルム勝利と9月の結果

やや今さら感がありますが、サンデーTCの一口出資馬ルガールカルムが22日5R新馬戦で勝利しました。

当日は、海外で残念ながら現地応援はできませんでしたが、嬉しい新馬勝利でした。新馬戦での勝利は準オープンで頑張っているイーグルフェザー以来です。

「アーモンドアイ2世」みたいに褒められているようですが、一口出資者としては、勝ってもらうのはうれしいですが、何よりも無事に6歳まで走ってほしいですね。

17年のドラフトはいい方向に進みそうです。18年は、この次がシーズアタイガー17だと思っていたのですが、残念ながら取れませんでした。これが来年どうでるか。

さて、来週は出資馬の出走がないので、9月は終わりです。2勝できたので、よい月でした。

9月7日 ムニアイン 新馬 5着
9月15日 ヴェルスパー 500万条件勝利
9月22日 ルガールカルム 新馬勝利

残念ながらムニアインは勝てませんでしたが、次の未勝利戦で勝ち上がってほしいと思います。

10月からは自分のホームグラウンドである府中開催です、キャッシュレス投票UMACAも導入して、備えたいと思います。

 

ヴェルスパー勝利!

今回の中山開催は3週連続、出資馬の出走です。

9月8日 ムニアイン(2歳牡、中央オーナーズ 新馬) → ルメール騎手騎乗で期待も、残念ながら6着、次回、東京で期待です。

9月15日 ヴェルスパー(3歳牝、サンデーTC 500万条件) → 9R古作特別で勝利です。
たしか、この馬が勝ったのは、1年前でちょうどJRAの新人馬主研修のときでした。
何度も惜しい順位が続きましたが、ついに勝ってくれました。
スタートが難のある馬ですが、今回は3位集団で完璧なスタートでした。
スタートが良かったので、きちんと結果を出してくれました。
500万条件を勝ってくれたので、ムリせずに自己条件で勝ち上がってくれればと思います。
関係者の皆様、素晴らしい勝利をありがとうございました!
久しぶりに口取も参加させていただきました。

さて、来週9月22日は、2歳出資馬 ルガールカルム(2歳牝、サンデーTC)がデビューです。 
田村先生も自身が管理されておられたメジャーエンブレムと比較するほど期待しておられるので楽しみです。
来週は出張で現地応援はできませんが、期待してます!

パドックでのヴェルスパー

表彰式

今週の出走 ムニアインデビュー

 昨日の北海道での地震、安平町をはじめ馴染みのあるところで他人ごとではない気持ちです。一日も早い復興をお祈りします。

さて、今週8日(土)、JRA馬主資格取得して初めての共有馬ムニアインが中山5R芝2000m、鞍上ルメール騎手でデビューです。

もともとスタミナがあり、いい動きをしている馬でしたが、気性面がまだ幼いという点もあり、これがどうでるかですかね。ルメール騎手にも期待です。

今週9月8日(土)中山5R・芝2000m戦に54kgルメール騎手での出走・デビューを予定しています。想定段階ではフルゲート18頭に対して、10頭の出走表明にとどまっています。本日(水)ウッドチップコースにて併せ馬で追い切り、684-538-399-134の時計をマークしました。追走併入でいい動きをみせています。和田雄二調教師からは「ゴールを過ぎてからも余裕の手応えで走っています。一般的なキングヘイロー産駒と違ってスタミナタイプとみています。能力を感じていますので、真面目に走ってくれれば楽しみですね」とのコメントがありました。