ウォートルベリーの17

さて、アーリーアメリカンの17が募集中止になったことは残念ですが、気を取り直して、まだ残口があるウォートルベリーの17に出資しました。
まあ、来年の新種牡馬ドゥラメンテ・モーリス産駒にむけての実績の維持という理由もあります。

で、6月の募集の際は、5月の遅生まれなこともあり馬体はイマイチ、いまでも残口中というのもそれが理由かもしれません。

のなかで、あえて出資したのは、まず、スクリーンヒーロー産駒の特性を見極めたいというのがありますね。モーリスもそうですが、スクリーンヒーロー産駒は「奥手」で、岡田牧雄氏もこう語ってます。

スクリーンヒーロー産駒は筋力がつくまでに時間がかかるタイプが多いです。スクリーンヒーローの産駒はサンデーサイレンスの血が色濃くでてますので、馬体に緩さはあるのですが、その反面、使って筋肉が硬くならずに、4歳、5歳、そして6歳になってなって走ってくる。つかって筋肉がつよくなってくるタイプですね。スクリーンヒーロー自身が奥手でしたから、産駒にはそのあたりも遺伝しているようです。出所:「馬体は語る」p210

なので、1歳時はイマイチでも(3歳夏までには間に合ってほしいですが)、現時点で馬体のイマイチさは大幅に割り引く必要はないのではという思いです。くわえて、預託厩舎がスクリーンヒーローを管理した鹿戸厩舎なので、成長カーブにあわせていけるのではないかと思っています。

もう一つは、奥手ながらも、比較的育成は順調であること。まあ、残口中なので、多少のセールストークはあるとは思いますが、傾向としては悪くはなさそうです。自分は賢さに弱いかもしれないですねw

初期馴致もとても順調に進み、すでに直線ウッドチップコース(1000m)に入れて騎乗調教へ進めています。現在は週2~3日は直線をハロン20秒ペースのキャンターで駆け上がっています。ほかの日は周回馬場とトレッドミルを併用してキャンター調整を続けており、しっかり負荷を与えています。やや慎重な面はあるものの、一度納得すれば何事にもスムーズで、物覚えが早くてとても賢い馬です。四肢の運びが正確で、まっすぐ安定した走りができるのはセールスポイントです。9月3日計測の測尺は、体高152.0cm、胸囲175.0cm、管囲19.3cmでした。最新馬体重は450kgで良い成長曲線を描いています。 出所:社台TC 10月5日レポート

計測日時 体高(cm) 胸囲(cm) 管囲(cm) 体重(kg)
2018/6/10 147.5 166.0 18.7 389
2018/9/3 152 175.0 19.3 450

結果が出るのは1年後、この仮説がワークするかどうか楽しみに待ちたいと思います。

イーグルフェザー テレビ静岡賞 勝利

これまでの一口馬主履歴の中での最大の孝行息子ながらも、なかなか1600万条件を勝ち切れなかったイーグルフェザーですが、秋の復帰戦10月7日(日)東京10Rテレビ静岡賞で勝利、通算5勝目でついに自分の一口馬主史上、初のオープン入りです。ヴェルスパーについて今年2度目の口取りができました。

デビューからほぼ観戦してきたのですが、やはり、東京のダートがあってますね。いい意味でワンパターン。ちゃんとスタートが決まるという前提ですが、中段から後段あたりのポジションで、最後1-2ハロンで豪快に差し切る。まさに戸崎ジョッキーのコメント通りだと思いました。

レース後、戸崎騎手からは「レース前は外に出していくイメージでしたが、きょうの隊列はストレスがかからずに、道中はとてもいい感じでした。直線は捌いたというより前の馬がいなくなってポッカリと開いて、普通に抜け出すことができました。器用さのない馬なので、やっぱりワンターンの競馬が合っていると思います」との勝利コメントがありました。また小笠調教師は「これでようやくオープン入りを果たすことができました。このあとは一応11月10日(土)東京・武蔵野S(G3・ダート1600m)が本線で、除外なら11月18日(日)東京・霜月S(Op・ダート1400m・ハンデ)を目指すという二段構えでいくつもりです」と話していました。

つぎは、武蔵野Sもしくは霜月Sの二段構えということです。次の結果は神のみぞ知るのでしょうが、東京ダート1600mといえば、やっぱり、フェブラリーステークスですよね。期待は膨らみますが、まずは無事に走ってくれることを祈るのみです。

3年先の稽古

相撲の格言に「3年先の稽古」があります。稽古をしてもすぐに結果がでるわけではない、むしろ、3年先を見据えて長い視点に立って稽古すべしという。

ビジネスでもそうですが、直近ではなく、長い目でみる、これは大事ですよね。

一口馬主も同じだと思います。出資を決めてから、はやくても出走は1年後、なので、1年後を見据えて出資する、ここに一口馬主の難しさ、面白さがあると思います。

そういう意味で、昨年のドラフト(2017年)は比較的うまくいきました。サンデーTCのルガールカルムは次に期待が持てる新馬勝ち、グループオーナーズのムニアインも未勝利ですが、いずれ勝てるのではないかと。で、キャロットのフィルムフェストも新馬勝ち。

ひるがえって、今年のドラフト(2018年)、まず、サンデーTCはシーズアタイガー17がとれず、キャロットもストールンハート17のみ。で、今週、追い打ちをかけるように期待のアーリーアメリカン17が左後肢跛行のため出資契約の解除。いまのところは、オーナーズのカリフォルニアネクター17が破格のデカさですが、無事に育ってくることを祈るのみです。3年先の稽古という点では、今年は反省の残る稽古でした。最後にLEX-Proがあるので、1頭くらい検討しようと思います。まあ、自分には潤沢に予算があるわけではないので、予算制約線のなかで、最もリターンが得られるラインを見つけることができればと。

さて、今週は10月7日(日)府中 10R テレビ静岡杯(1600万条件)に社台TC イーグルフェザー(牡5歳)が出走します。孝行息子の秋の復帰戦、仕上がりも順調そうで、ライバルも強いですが、楽しみです。

ノーザンファーム天栄訪問:ルガールカルム、ヴェルスパー、ムニアイン

 ノーザンファームの期待の3頭、たまたま同時にノーザンファーム天栄に在厩ということで、見学してきました。

天栄訪問ははじめてですが、新しい厩舎の建設があって、勢いを感じました。繁殖牝馬が増えているので当然かもしれないですね。

まず、最初の一頭はルガールカルム(サンデーRC,牝2歳)
9月22日の新馬戦では強い勝ち方をしました。昨年の社台ツアーで見て、Good Looking Horseで出資したのすが、相変わらず、よく見えます。
いまは、疲れをとって、次に備えるようです。周囲の期待は高そうですが、ムリをせず無事に走ってほしいですね。

次はヴェルスパー(サンデーRC、牝3歳)
9月15日の古作特別(500万条件、芝1200m)では、課題となっていたスタートも無事クリア、力強い2勝目を挙げました。回復も順調で11月の1200mに向けて調整中とのこと。
いつも掲示板を外さない優等生です。次回も期待しています。

3頭目は、オーナーズのムニアイン(社台OW、牡2歳)
厩舎長に「子供みたいでしょ?」と言われて、本当にそう思いました笑 馬主資格所有して最初の出資馬なので、やっぱり、思い入れがあります。
9月8日の新馬戦では残念ながら5着。きっちり仕上げて11月あたりということです。
骨格がしっかりしているので、とくにトラブルがなければ比較的長くいけそうです、まずは未勝利勝利ですね。