2018年の振り返りとダービーパラドックス

はやいもので12月ももう後半、残りは、ホープフルSのみとなりました。

自分の1年を振り返ってみると,今年は9月の3週連続勝利(ヴェルスパー、ルガールカルム、フィルムフェスト)、イーグルフェザーのオープン入りなどよいニュースもいろいろありました。来年も応援にはいけませんが、ルガールカルムが1月12日(土)中山・フェアリーS(G3・芝1600m牝馬限定)に挑戦予定で、来年も年明け早々から楽しみです。今年は、中央オーナーズのデビューでしたが、ムニアインをはじめとして結局勝てませんでした、来年こそはぜひ1勝したいです。

ついでに、先日、「ダービーパラドックス」を読みました。
Numberでもお馴染みの島田明宏氏の競馬ミステリーです。
競馬ミステリーというと、本家イギリスの騎手から小説家に転向したディック・フランシスですが、日本版かもしれないですね。
で、いくつか読み方があると思います。
まあ、正直、ミステリーとしては、松本清張「点と線」あたりの緻密なトリック・伏線回収というわけではありませんが、自分は競馬小説として楽しみました。とくに、普段は競馬マスコミとはあまり接点がないので、競馬記者がどのように考え、行動しているか、その視点は学ぶ点がありました。で、最後の高橋源一郎氏の解説もイイですね。

そうだ。「競馬」は、もともと「物語」なのだ。誰だって、そこに入ることができる。
「物語」に無縁な人間はどこにもいないのだから。

元文学青年の端くれとして、その昔、彼の作品を読んでました。そして、インテリゲンちゃんの片鱗がうかがえるよい解説でした。次回も読んでみようと思います。

今週の出走(ムニアイン)他

今週は、12月8日 中山3R 2歳未勝利 芝1600mにオーナーズのムニアインが出走します。

いいものを持っている馬ですが、気性面で難があり、落ち着いて走ればいい勝負をしてくれると思います。

現地にはいけませんが、オーナーズ初勝利を期待です。

さて、別件で、今週12月3日(月)東京馬主協会70周年記念式・会員忘年懇親会に参加させていただきました。
12月初めに開催されている忘年懇親会、2回目の参加です。

毎年、スペシャルディナーショーがセットになっていて、昨年は五木ひろし、今年は石川さゆりでした。
昨年は、ここに書きました。

基本、自分は演歌系のコンサートにいくことはないので、とても勉強になります。

今回の石川さゆりのディナーショーで思ったのは、長く続けるということでした。

彼女の場合、誰も知っている持ち歌の「津軽海峡冬景色」、「天城越え」はもちろんですが、最近はいきものがたりとのコラボである「花が咲いて」、あるいは、椎名林檎とのコラボ「暗夜の心中立て」など、演歌の枠を越えて、新しい挑戦をするところに長く続くポイントがあると思いました。

やっぱり、そうですよね。同じ歌だけを歌っていては、飽きられてしまいますし、モチベーションをキープするのも難しいと思います。だからこそ、積極的に新しい分野にチャレンジする、これは大事ですね。

一口馬主もそうかもしれません。いつも同じところで馬を選ぶのではなく、別のところにチャレンジしてみる、こうしたチャレンジが実を結ぶことがあるのかもしれません。

一口クラブと種牡馬

 社台グループの会報誌「Thoroughbred」12月号で吉田照哉さんの巻頭言になるほどと思いました。

 それはこう始まります。

いい種牡馬が手に入ったらクラブを立ち上げよう、吉田善哉はつねづね口にしていました。そして各地で産駒が高評価をうけ、ノーザンテーストへの自信が確信にかわろうとしたときに設立されたのが社台サラブレッドクラブです。1980年のことでした。

 たった2行ですが、いろいろ思うことがありました。40年前の話ですが、温故知新ですね。自分は社台以外にもいくつかのクラブに出資した経験もありますが、結果はいまひとつでした。やはり、その要因の一つが、「種牡馬」だと思います。たしかに、繁殖牝馬も重要ですが、それ以上に、日本の馬場に適合し、かつ、繁殖牝馬と相性の良い「種牡馬」、これは強調してもしきれないくらい大事なポイントかと。まあ、タラレバですが、ロードカナロア、キタサンブラック、社台スタリオンではなく、クラブ専用種牡馬にしたら、また、違う世界になったかもしれないですね。

 キャロットのように「Our Blood」というコンセプトのもとに繁殖牝馬にフォーカスするクラブもアリですが、やはり、それはノーザンファーム・社台スタリオンというバックがあるから成立する気もします。逆に、社台以外のクラブは、やはり、この「種牡馬」が差別化できていない気もします。

 だいぶ前の話ですが、宮本輝「優駿」も主人公の一人である和具平八郎が会社をリタイアしてクラブを立ち上げようとした動機も愛馬オラシオンがダービーに勝って種牡馬としてイケると思ったからでしたよね。というわけで、最近は新規クラブへの入会は足が遠のいていますが、「種牡馬」をコンセプトにするクラブ、これにはチャレンジしてみたいと思います。意外とゲームチェンジャーになるのかもしれないですね。