ルガールカルム クロッカスS 2着

さて、前のエントリーのように出資馬ルガールカルムがクロッカスSに出走、結果は2着でした。

1月26日(土)東京10R・クロッカスS(L・芝1400m)に54kg三浦騎手で出走し、勝ち馬から3/4馬身差の2着、馬体重は前走からプラス6kgの462kgでした。スタートがいまひとつで後方2番手からのレースとなりました。最後の直線では外を通ってよく伸びましたが、いま一歩及びませんでした。
レース後、三浦騎手は「ゲートで立ち遅れ、流れに乗るのに手間取ってしまいました。勝ち馬をマークして最後まで良く伸びましたが、スタートの遅れを取り戻すことができませんでした。勝たなければいけないレースでした。すみません」と話しています。田村調教師は「スタートが最後まで影響しました。現時点では詰めて使えないタイプなので、週明けにNF天栄に放牧に出すことにします」と話しています。

このコメントのように最初の出遅れが痛かったですね。ただ、最後の追い込みは見応え十分のレースでした。もうちょっと距離は長くてもいいのかもしれないですね。
寒い中現地応援で口取りできなかったのは残念ですが、無事に走ってくれたこと、そして、前回のような惨敗でなく2位で賞金も加算できたことからよかったと思います。

ちなみに、キャロット出資のハピネスブルームも4着、負けはしましたが悪くないレースでした。2頭とも次走に期待です。

ルガールカルム クロッカスSに挑戦

1月26日 出資馬ルガールカルム(サンデーTC)がクロッカスS(OP 芝1400M)に挑戦します。

もともとは、1月12日のフェアリーSに出馬予定が、除外の憂き目にあい、クロッカスSに挑戦

クィーンSに挑戦するプランもあったようですが、状態が維持できているなか、クロッカスSに照準をあわせました。

レポートによれば、よい状態を維持できているようで、楽しみです。ここで結果がでればクラシックという話はあるかもしれませんが、まずは無事に走ってほしいですね。

今週1月26日(土)東京10R・クロッカスS(L・芝1400m)に54kg三浦騎手で出走予定です。想定段階ではフルゲート16頭に満たない10頭の出走表明にとどまっています。本日(水)坂路で2本乗られています。1本めは648-480-317-160、2本めで534-394-260-125の時計を出しています。田村康仁調教師からは「今日は坂路で54秒を切る程度という指示で追い切り、指示どおりに走れています。2週間出走が延びることになりましたが、状態は維持できています。とにかくスピードがあるので楽しみです」とのコメントがありました。

もうひとつ、キャロット出資の1頭(ハピネスブルーム)も中京 5R 新馬デビューです。

社台TCで馬名が採用されたマルーンベルズ、出走予定でしたが、最近の新馬除外ラッシュに呑まれて、除外で、来週以降です。同じく、キャロット出資のシーガスリッドも。
最近は除外が多いですよね、一口馬主としてできることがあるとすれば、できるだけ2歳の夏・秋くらいの早くデビューできそうな馬を選ぶということでしょうか。

カリフォルニアネクター17とノーザンファームの育成

さて、2018年の生産リーディングはノーザンファームが162億円、2位社台ファーム63億円をトリプルスコアにも近い大差で首位となりました。これはもちろんサンデーR、キャロット、シルクといったクラブの活躍、海外から一流の繁殖牝馬を輸入し、リーディングの種牡馬と交配。さらに、天栄・しがらきをはじめとした強力な外厩、いろいろ要素はありますが、皆がそろって口にするのが「人」、スタッフの高いスキルと施設・血統とが上手く融和し、いまのポジションを築いていると。

で、具体的に「人」のどこが強いか。去年はルガールカルムでその一端を垣間見る機会があったのですが、今年はカリフォルニアネクター17(中央OW)がこれにあたります。この馬は何しろデカいです。6月のツアー時で548kg、19年1月時点で606kg。そして、気性もピリピリしていて、18年11月2日はこんなコメントでした。

現在はロンギ場でフラットワークの運動を行っています。大きな馬体を活かして、ダイナミックな走りをしています。脚元、カイバ食いともに良好で、健康状態は極めて良好です。体力的には周回、坂路で調教を進めることも十分可能ですが、何かあると突発的に暴れたり、危険な動きをすることがあります。もう少し精神的な余裕が出てくるまでは、ロンギ場での運動にとどめます。現在の馬体重は573kgです。

という点で、育成の難しい馬で、これをどう育成するか手腕の問われるところだと思います。

自分の理解では、ノーザンファームの育成は良い意味でオーソドックス。あまり気をてらったことをせずに当たり前のことを当たり前にやる。カリフォルニアネクター17の場合も、坂路で走り込みをせずに、まずは課題の精神面での成長を促す育成に重点をおいており、1月4日のコメントでは精神面での進境がみられます。

現在は週3日は軽めの運動、週3日は屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンターを2本のメニューを消化しています。課題の精神面にも進境がみられ、ペースが上がっても気難しい面をそれほどみせることはありません。調教での動きは良くなっており、トモの緩さにも改善がうかがえます。現在の馬体重は606kgとさらに増えていますが、特に太め感はみられません。引き続き精神面を最重視しながら進めます

まあ、ただ、気性は最も人間の制御できない点でもあり、楽ではないと思います。当たり前ですが、馬とは話せないですしねwただ、この難しい気性をどう競走馬としての強みにかえるか、ここに育成牧場、ひいては、「人」の力によるところが大きく、やはり、ノーザンファームはこれが強いと思います。というわけで、2019年、今年はカリフォルニアネクター17を競馬場で応援できることを楽しみにしています。

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

2016年12月に開始したこのブログも早いもので3年目に突入です。

3年間のなかで、もっとも大きな転機はやはり17年7月のJRA馬主資格の取得ですね。
まだ、一頭持ちまではいかないのですが、東京馬主協会をはじめとして競馬の仕組みをより身近に感じることができました。

で、2019年を迎えるにあたって、やはり、今年は共有馬で結果を出したいですね。

社台GOに出資のムニアイン(牡3歳)、カリフォルニアネクター17(牝2歳)、LEX-PROのサイレントクララ(牝3歳)、何とか1勝してもらいたいものです。もう一つよくを出すとしたら、重賞を勝ってみたいですね。今年3歳のルガールカルムは1月12日フェアリーステークス(G3)に挑戦です。これでいいところにいけば、クラシックに夢が広がります。

ま、こればっかりは自分の力ではどうしようもないので、祈るしかできません汗

自分にできるとことがあるとしたら、ドラフトで、1.できるだけ安く、2.コンスタントに走る(お手本はイーグルフェザー、ダート路線でオープンまでたどり着きました)一頭を選択できるようもっと勉強しなくてはと思います。

具体的には今年はモーリス、ドゥラメンテ産駒がドラフトに登場します。ドゥラメンテ産駒はまだわかりませんが、モーリスについては、先日出資したウォートルベリーの17が試金石と思っています。同じスクリーンヒーロー産駒でモーリスは晩成型、ウォートルベリー17も6月の牧場ツアーでの見た目はイマイチでしたが、秋になって良化しています。早期デビューできるかわかりませんが、今年の楽しみな一頭です。というわけで、「Good Looking」でない要素をどう評価するか、牧場ツアー、セリを含めて今年も勉強したいと思います。

今年もよろしくお願いします。