2019年社台ドラフト

相変わらずの不定期更新で、表題も周回遅れになってしまいましたが、まあ、マイペースでやっています。

さて、2019年社台ドラフト、いよいよ募集も近づいてきました。今年も日帰りツアーにも参加予定です。

自分にとって、一口あるいは馬主活動は、金持ちの道楽でもなければ、節税対策でもなければ、事業としてゴーイングコンサーン、企業のように永続的に続く、ことにあると思っています。

ということもあり、気まぐれで増やしたり、減らしたりすることなく、ベンチャー投資、不動産投資と同じように、毎年、継続的に自分が決めたルールを守っていきたいと思います。

で、自分が決めたルールは、

1.ファンド(サンデー、社台)は、1頭程度 1頭あたりの予算は最大100万程度 6月がダメでも秋を狙ってみる、とくに社台
2.中央オーナーズについては、1頭、1頭あたりの予算は最大180万程度

あたりです。たとえば、株の場合は、仮に高く購入したとしても配当がありますが、一口馬主の場合、どんなに高い馬を出資しても出走しないリスクがあります。で、自分が設定した予算であれば、仮に出走できないとなったとしても「まあ、仕方ないな」と思えるレベルです。今年は、ファンドはサンデーのドゥラメンテ産駒(イプスウィッチの18、ウミラージの18、パシフィックギャルの18)あたりを狙ってみたいと思います。

ただ、わりと難しいと思っているのが(まわりの中央オーナーズをやっている方もだいたい同じ意見で)、2.で、今年のムニアインは未勝利で引退でした。ファンドに比べれば比較的安くノーザンファームの馬に出資できる反面、勝ち上がりという点では比較的ハードルが高いと思っています。予算にあいながらも、勝ち上がりできそうな馬を探したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です