21分の3 ルガールカルム除外

 出資馬初のクラシックである桜花賞に出走したルガールカルム、桜花賞は残念ながら18着でしたが、その後、調整は順調。

 新潟日報賞(芝1400mハンデ)をターゲットに調整、8月7日のレポートでは、531-382-243-119の好時計をマークするなど、勝ち負けのレースを期待、と思った矢先にあえなく除外。

ルガールカルム、くじ運ないです(´;ω;`)ウッ… これまで2度抽選に漏れてます。

1回目は、1月12日(土)中山11R・フェアリーS(G3・芝1600m牝馬限定)、フルゲート16頭に対して23頭が出走表明 ⇒ 除外
2回目は、今回、フルゲート18頭に対して21頭が出走表明 ⇒ 除外

まあ、これも競馬なので仕方ないですね。フェアリーSも出走はかないませんでしたが、アネモネSで勝利したので、次に期待です。

どこにいくんでしょうかね。中山とは相性がいいので、紫苑ステークス(秋華賞トライアル、芝2000m、9月7日)とか、2000mは長いかもしれないですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です