社台ドラフトその3 新種牡馬の醍醐味

20年社台ドラフトもだいぶ情報がそろってきました。

例年であれば、牧場見学ツアーですが、今年は残念ながらキャンセル、仕方ないですね。来年に期待します。

ドラフトの楽しみの一つは、新種牡馬の見極めです。

個人馬主の場合、セレクトセールあたりであれば、この楽しみを享受できるかもしれませんが、弱小馬主にとって、主戦場はサマーセール、セプテンバーセール、オータムセールの安い馬で、新種牡馬が回ってくるケースはあまりないです。だからこそ、新種牡馬の見極めが自分にとっては、社台ドラフトの醍醐味の一つです。

さて、20年募集の主だった新種牡馬は、キタサンブラック、イスラボニータ、ドレフォンあたりでしょうか。

そのなかでの注目しているのがキタサンブラック産駒、サンデーRのコナブリューワーズの19とアメリの19.

馬を見るときのポイントは「父に似ているかどうか見るべし」と教わったこともあり、2頭とも雄大な父に比較的に似ていると感じてます。

雄大さはドレフォン産駒もそうなのですが、このドレフォン自体がどれほど日本で通用するかよくわからないので、ドレフォン産駒については、自分は手を出せないですね。

新種牡馬の場合、初年度の種付け料もそれほど高くないので、値段もそこそこです。

問題は、取れるかでしょうね。去年のドゥラメンテ産駒同様に今回も人気になりそうです。

 

180 コナブリュワーズの19 黒鹿 03/04 体高155.0 胸囲174.0 管囲21.1 体重448 80万円 清水 久詞

 

181 アメリの19 メス 黒鹿 03/08 体高153.0 胸囲174.0 管囲19.7 体重429 60万円 高橋 義忠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です