2019年キャロットクラブ募集馬見学ツアー

 キャロットに入会して4年目、はじめて募集馬見学ツアーに参加しました。ステータスはバツ1、母馬優先なしです。

今年は1日ツアーでも募集場周回を取り入れていて、ツアー参加者に楽しんで選んでもらいたいというホスピタリティが伝わってきました。
1泊コースでは、調教施設見学もあるようで、こういう顧客目線でのサービスは素晴らしいと思いました。
社台1日コースだと、社台ファーム、ノーザンファーム、追分リリーバレーと3か所移動するので、慌ただしくなりますが、キャロットの場合はノーザン縛りなので、時間的にも1日で十分でした。

自分のポリシーは、少額をコツコツ続けることで、今年も2-3頭×1口の着地を予想しますが、コツコツと続けていきたいです。かつ、母系優先も割とこのコツコツのポリシーにあっているように思います。

さて、気になった募集馬です。

51 バイラオーラの18(牡)

父:ロードカナロア 生産:白老ファーム 厩舎:池江泰寿厩舎

ロードカナロア産駒のGood Looking Horseですね。募集価格(4000万円、一口10万円)からも、人気しそう。
バツ1、母馬優先なしでいけるか。

27 エンシェントヒルの18(牡)

父:ミッキーアイル 生産:ノーザンファーム 厩舎:戸田博文厩舎

これも募集価格(2400万円、一口6万円)からも人気しそう。6月8日の遅生まれで、ツアー時の体重が471kg、このままのペースだとかなり大きくなりそう。

33 ピュクシスの18(牡)

父:リオンディーズ生産:ノーザンファーム 厩舎:古賀慎明厩舎

リオンディーズ産駒、やや繋ぎが寝ているように思いました。ある方によれば、繋ぎが寝すぎてると足の事故が多い傾向があるという話もあり(実際、どれくらいの確率なんでしょうね)、これをどうとらえるか。

63 シーザリオの18(牡)

父:モーリス 生産:ノーザンファーム 厩舎:友道康夫厩舎

自分には手が出ませんが、クラブの看板です。今回は父モーリス、産駒は基本父が異なれど、結果を出しています。価格的(12,000万円、一口35万円)にもG1勝利を織り込んでいる価格ですね。

36 ヒカルアモーレの18(牡)

父:キズナ 生産:白老ファーム 厩舎:萩原清厩舎

キズナ産駒、馬体もよく見えました。これも人気しそう。

今週の出走 イーグルフェザー バレンタインステークスに出走

先週は、マルーンベルズの思わぬ勝利、ヴェルスパーの2位、この流れを今週も継続したいものですね。今週は、3頭出走予定です。

・ジーガスリッド(キャロット) 3歳新馬・東京 芝1600m   

除外につぐ除外でしたが、ようやく東京で出走します。で、この除外がよい方向に進んでいるようです、「
除外が重なったことで結果的に乗り込めて、馬体重は昨日の段階で482キロと体もだいぶ締まってきましたし、いきなりからでも楽しみな仕上がりになってきましたよ」(友道師)

・コロンバスディ(社台TC) 4歳500万条件 小倉7R 芝2600m

今週2月10日(日)小倉7R・芝2600m戦に減量1kg・川又騎手53kgで出走を予定しています。想定時点では、フルゲート16頭のところに、出走表明馬は12頭のみです。輸送後の状態は良好です。直近の馬体重は464kgで、輸送をうまくクリアしてくれました。きょう(水)はダートコースで追い切り、5Fから68.2-54.6-40.8-12.6秒の時計を馬なりでマークしており、良い状態でレースに臨めそうです。

コロンバスディは、3歳時に何度も惜しい結果ながら、未勝利が続いてます。調教も悪くないので、初勝利を期待です。

・イーグルフェザー(社台TC) 東京10R・バレンタインS(OP・ダート1400m)

孝行息子のイーグルフェザー、今回はバレンタインSに出走します。東京1600mダート専用機ですが、来週のフェブラリーステークスは相手関係から勝ちにくいでしょうね。
今回は1400mと1ハロン短くなり、たぶん、同じクラブでルメール騎手騎乗のエレクトロポップが人気しそうですが、イーグルフェザーの調子も良さそうなので、オープンでの初勝利を期待です。

ルガールカルム クロッカスSに挑戦

1月26日 出資馬ルガールカルム(サンデーTC)がクロッカスS(OP 芝1400M)に挑戦します。

もともとは、1月12日のフェアリーSに出馬予定が、除外の憂き目にあい、クロッカスSに挑戦

クィーンSに挑戦するプランもあったようですが、状態が維持できているなか、クロッカスSに照準をあわせました。

レポートによれば、よい状態を維持できているようで、楽しみです。ここで結果がでればクラシックという話はあるかもしれませんが、まずは無事に走ってほしいですね。

今週1月26日(土)東京10R・クロッカスS(L・芝1400m)に54kg三浦騎手で出走予定です。想定段階ではフルゲート16頭に満たない10頭の出走表明にとどまっています。本日(水)坂路で2本乗られています。1本めは648-480-317-160、2本めで534-394-260-125の時計を出しています。田村康仁調教師からは「今日は坂路で54秒を切る程度という指示で追い切り、指示どおりに走れています。2週間出走が延びることになりましたが、状態は維持できています。とにかくスピードがあるので楽しみです」とのコメントがありました。

もうひとつ、キャロット出資の1頭(ハピネスブルーム)も中京 5R 新馬デビューです。

社台TCで馬名が採用されたマルーンベルズ、出走予定でしたが、最近の新馬除外ラッシュに呑まれて、除外で、来週以降です。同じく、キャロット出資のシーガスリッドも。
最近は除外が多いですよね、一口馬主としてできることがあるとすれば、できるだけ2歳の夏・秋くらいの早くデビューできそうな馬を選ぶということでしょうか。

時代はまわる 愛馬近況

時代はまわる - 競馬にとって、ダービーが年度の移り変わりですが、8月終わりから9月ももう一つの移り変わりですね。愛馬のデビューと別れのシーズンです。

15年産駒の別れは

・ヘヴンリーブライド(キャロット) 芝8戦するも未勝利、中盤までいいペースで進むも後半で苦しくなり、勝ちきれず
・ヴォレダンルシエル(キャロット) 芝⇒ダートに転向も勝ちきれず
・レイロー(ワラウカド) 気性面の難しさが改善せず
・ブルーインパルス(ワラウカド) 前浅屈腱炎により引退

15年産駒の勝ち上がりは、ヴェルスパー(サンデーTC)、ディライトプロミス(キャロット)の2頭で、今週の日曜日札幌開催でコロンバスディ(社台TC)が勝ち上がりを賭けます。
勝ち上がりというのは一つの指標ですが、こう見ると難しいですね。もうすこし馬の見方について研究が必要と思っています。
とくに、キャロットは3頭出資で勝ち上がり1頭、ワラウカドは2頭とも勝ちきれず、今年はこれを糧にして次回うまく勝ち上がれるようにしたいですね。

さて、15年産駒の別れとともに16年産駒のデビューも始まります。9月にデビュー予定は

・ムニアイン(中央オーナーズ) 9月8日中山芝2000Mでルメール騎手でデビュー予定、JRA馬主資格取得初の共有です
・ルガールカルム(サンデーTC) 9月22日中山でデビュー予定

人間にも出会いと別れがあるように、馬にも出会いと別れがありますよね。別れはさみしいですが、新しい出会いに期待したいと思います。

キャロットドラフト2018開幕

さて、キャロットの価格が発表されて、2018年のドラフトも最終段階ですね。

で、ドラフトって何だろう、って考えてみました。

野球とかスポーツのドラフトはシンプルですよね。
目的はゲームに勝つこと、リーグで優勝すること、そのために、足りない戦力を補強する。

一口を含む馬主にとって、この目的を決めるのは結構難しいのではないでしょうか。

自分が思いつく範囲では、馬主にはいくつかの目的はありますよね。

1.儲けたい → これは当たり前ですよね。基本はおカネを出して、そのリターンを求めているわけで。そうなると、1.できるだけ安い馬に出資する、もしくは、2.重賞・G1が高い確率で取れそうな馬に出資する、あたりでしょか。

2.ダービーに勝ちたい → セレクトセールで超良血馬を買うんでしょうかね。「必勝法」がないので、これはレベルが高い目的ですよね。

3.好きな馬・血統・牧場・騎手等を応援したい → 馬主活動が純粋な投資であるとしたら、リターンも高いですが、不確定要素が高すぎますよね(金融の用語ではボラティリティが高い)。むしろ、応援したいという目的もあるのではないかと。

自分はいえば、1と3の間ですかね。まだ実現してはいないのですが、いつか種牡馬となる牡馬に出資して、出資した牝系につけて、走らせるみたいなことができたらなあと思っています。

まあ、これは人それぞれ、それぞれの愉しみがあっていいのかなと。

というわけで、キャロットドラフト、社台では牝馬(カリフォルニアネクターの17、アーリーアメリカンの17)だったので、愛着のある牝系にくわえて、牡馬を狙ってみたいと思います。

キューの17
アヴェンチェラの17
パロネスサッチャーの17

あたりが候補です。ツアーにも参加予定で、しっかり見て判断したいと思います。

欽ちゃんの競馬珍道中

 東京馬主協会の会員誌に欽ちゃんこと萩本欽一さんのエッセイ「欽ちゃんの競馬珍道中」に感じるところがありました。

欽ちゃんは、馬主になって47年、重賞を勝ったこともある息の長い馬主です。で、馬主を続けている理由は、馬と仕事が反比例するからという。馬が走らないときは仕事がうまくいって、番組が終わったりすると馬が走り出すという。これありますよね。そして、こう指摘します。

いまの競馬はむかしと違って、走る馬と走らない馬の線がきっかりとひかれてしまった。野球にたとえれば、世界を目指す大きなグループが一軍ならば、小さな競馬物語をやっている馬主は二軍。ぼくは馬主のなかのどん尻選手で、競馬の独立リーグといったところ。でも、気分がよくて、楽しくて、仕事の運も与えてくれる。こんなにすばらしい馬主物語はないと、ぼくは思っている。

いやはや何とも欽ちゃんらしい表現ですね。

セレクトセールで1頭1億越えとか、世界を目指す一軍はやっぱりありますよね。でも、そんな一軍だけが馬主の愉しみではなくて、二軍でも独立リーグでも楽しみはあります。そして、たまに二軍、独立リーグからも大出世する馬もあります。自分も独立リーグですが、独立リーグを楽しみたいですね。

さて、今週はキャロット2頭が出走します。未勝利でだいぶあとがなくなってきました。
ヴォレダンルシエルは、ミルコ・デムーロ騎手乗り替わりで、未勝利脱却なるか。

ヴォレダンルシエル(牝)  新潟3R 3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800m M.デムーロ騎手
ヘヴンリーブライド(牝)  小倉3R 3歳未勝利・芝1200m 荻野極騎手

キャロット2018募集

やや周回遅れ気味ですが、社台につづいてキャロット2018年ドラフトスタートですね。

自分は、血統の力を信じていることもあり、キャロットの「Our Blood」、母系優先の考え方が自分にもあっていて、細く長く続けたいと思っています。

が、ここのところのキャロットの出資馬、成績がパッとしません(;”∀”)

2016年募集(3歳世代)
・ディライトプロミス 池添学 厩舎 500万条件 : 昨年9月に未勝利脱出もその後2桁順位のまま
・ヘヴンリーブライド 濱田厩舎 3歳未勝利: 6戦するも未勝利、28日小倉芝1200mで未勝利脱却なるか
・ヴォレダンルシエル 木村厩舎 3歳未勝利: 4戦するも未処理、成長が遅いみたい、28日新潟1800mダート

1頭は500万条件、残り2頭は未勝利で、なかなか勝ちきれません。

隣の芝生は青く見えるということで、シルクにも食指が動かないわけではないですが、育成、調教もそれほどおかしなことをしているとは思えないので、ガチっとハマるときを待ちたいと思います。

で、2018年ドラフト。これまで出資した母系に惹かれますね。

・ユールフェストの2017:17年に出資したフィルムフェスト(父:スクリーンヒーロー)の半弟、父はジャスタウェイ、母、父とも須貝先生ですかね。血統的にも面白そうです。
・ハルーワソングの2017:同ジーガスリッド(父:ヴィクトワールピサ)の半弟、父はワールドエース、いわゆる名牝の血統ですね、ただ、母は1996年生まれで21歳、そろそろ高齢でこれがどうでるか。

30日に日帰りツアーに参加して、3頭くらいに絞ろうと思います。

2018年3月の結果と今週の出走

 はやいものでもう3月も終わり、すっかり春めいてきました。春めくとともに、徐々に、出資馬の出走も増えていて、はやく勝利にこぎつけたいものです。今週末は出走がないので、3月の出走のおさらいです。

3月の出走は、3頭。未勝利が続いているので、何とか勝ち上がってほしいですね。

3月11日(日)ブローインバブルス ワラウカド 中山4R 新馬 ダート 1800m 8着
3月18日(日)コロンバスディ   社台TC  中山5R 未勝利 芝 1800m 5着
3月24日(土)ヘブンリープライド キャロット 阪神3R 未勝利 ダート 1200m 6着

あくまで自分の印象なんですが、未勝利戦って、なんか居残り勉強に似てますよね。
できる子はさっさと課題を仕上げて帰っていくのに対して、なかなか課題が終わらない。。

4月なので、まだ、「居残り」の焦りは、それほどではありませんが、あっという間にタイムリミットが近づいてきます。

というわけで、芝・ダート、距離、いろいろ試してみて、未勝利という「課題」をクリアできればと。

そういう意味で、4月1日に出走するキャロット出資のヴァンレダンシエル、クラブ情報によると、

28日は美浦南Wコースで追い切りました(キリ不明)。「今朝は調教開始時間から2時間ほど霧が立ち込めていて視界不良な状況でしたのでこの目で確認することはできなかったのですが、多頭数で馬場に入り3頭の真ん中に入れて追い切りを行っています。乗り手の感触を聞くと、この馬としては少しずつ動けるようになってきているということで、時間をかけてきたことでゆっくりながらも状態は上がっていそうです。良化途上ではありますが、そろそろ競馬を考えてもいいのではないかと思えることから、今週の競馬へ向かうことにしました。パワータイプというわけではないのですが、現状切れる脚を使えているわけでもないので、今回はダートを試してみたいと思います。条件を変更することによって新味を引き出せれば良いですし、何とか今後につながる走りを見せてほしいです」(木村師)4月1日の中山競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800m)に石橋騎手で出走を予定しています。

このダートへの切り替えが意外とうまくいくかもしれません、期待ですね。

今週の出走(2月17日、18日)

 今週は久しぶりに2頭出走です。

2月17日(土) 東京競馬場 10R 白嶺S ダート1600m 
イーグルフェザー(社台TC)

クラブコメント

今週2月17日(土)東京10R・白嶺S(ダート1600m)に田辺騎手57kgで出走が確定しています。前走は1400m戦にうまく対応してくれました。1ハロン延長は好材料で、休み明けを叩いたここは自ずと力が入ります。

1月27日の銀蹄S(1600万下)では、7位人気ながら2着、今回は得意の1600mダート、1600万からなかなか勝ち上がれていませんが、今度こそこの条件で買って、オープンに勝ち上がってほしいです。馬券的には、人気になりそうで、妙味は少ないかもしれないですね

2月18日(日)京都競馬場6R 3歳500万下 ダート 1400m
ディライトプロミス
クラブコメント

「今週の京都にダート1400の番組があるので、そこにミルコを確保して向かうことにしました。先週の除外は残念でしたが、体つきもシャープになってきているぐらいなので、1週延びた代わりに長距離輸送がないのでそこは良かったですね。もう態勢は整っていますから、今朝は坂路でサッと単走。最後は手綱を放しただけで12秒1と非常にいい反応を見せてくれました。こちらの調教に慣れてきてカイバ食いも安定してきましたし、いい状態で送り出せそうですよ」(池添学師)

先週は東京で除外なものの、京都でエントリー、馬券的にはこちらが面白そうですね。500万条件を勝って、次のステージへのよいレースとなりそうです。

今週の出走(1月3週)

もう1月の後半ですが、出資馬がようやく出走です。

ヘヴンリーブライド(キャロット、3歳未勝利)

クラブのコメントでは、「17日は栗東坂路で追い切りました(55秒4-41秒2-26秒6-12秒9)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。先週コースでしっかりとやっているので併せて馬なり程度ですが、坂路が苦手なこの馬としてはラストの反応が良かったですし、雨で馬場が悪かったことを考えてもしっかりと動けていたと思います。先週長めからやったことで順当に良くなってくれていますよ。叩いての上積みもあるでしょうし、ここは楽しみですね」(浜田師)」 期待です!