キャロットドラフト2018開幕

さて、キャロットの価格が発表されて、2018年のドラフトも最終段階ですね。

で、ドラフトって何だろう、って考えてみました。

野球とかスポーツのドラフトはシンプルですよね。
目的はゲームに勝つこと、リーグで優勝すること、そのために、足りない戦力を補強する。

一口を含む馬主にとって、この目的を決めるのは結構難しいのではないでしょうか。

自分が思いつく範囲では、馬主にはいくつかの目的はありますよね。

1.儲けたい → これは当たり前ですよね。基本はおカネを出して、そのリターンを求めているわけで。そうなると、1.できるだけ安い馬に出資する、もしくは、2.重賞・G1が高い確率で取れそうな馬に出資する、あたりでしょか。

2.ダービーに勝ちたい → セレクトセールで超良血馬を買うんでしょうかね。「必勝法」がないので、これはレベルが高い目的ですよね。

3.好きな馬・血統・牧場・騎手等を応援したい → 馬主活動が純粋な投資であるとしたら、リターンも高いですが、不確定要素が高すぎますよね(金融の用語ではボラティリティが高い)。むしろ、応援したいという目的もあるのではないかと。

自分はいえば、1と3の間ですかね。まだ実現してはいないのですが、いつか種牡馬となる牡馬に出資して、出資した牝系につけて、走らせるみたいなことができたらなあと思っています。

まあ、これは人それぞれ、それぞれの愉しみがあっていいのかなと。

というわけで、キャロットドラフト、社台では牝馬(カリフォルニアネクターの17、アーリーアメリカンの17)だったので、愛着のある牝系にくわえて、牡馬を狙ってみたいと思います。

キューの17
アヴェンチェラの17
パロネスサッチャーの17

あたりが候補です。ツアーにも参加予定で、しっかり見て判断したいと思います。

キャロット2018募集

やや周回遅れ気味ですが、社台につづいてキャロット2018年ドラフトスタートですね。

自分は、血統の力を信じていることもあり、キャロットの「Our Blood」、母系優先の考え方が自分にもあっていて、細く長く続けたいと思っています。

が、ここのところのキャロットの出資馬、成績がパッとしません(;”∀”)

2016年募集(3歳世代)
・ディライトプロミス 池添学 厩舎 500万条件 : 昨年9月に未勝利脱出もその後2桁順位のまま
・ヘヴンリーブライド 濱田厩舎 3歳未勝利: 6戦するも未勝利、28日小倉芝1200mで未勝利脱却なるか
・ヴォレダンルシエル 木村厩舎 3歳未勝利: 4戦するも未処理、成長が遅いみたい、28日新潟1800mダート

1頭は500万条件、残り2頭は未勝利で、なかなか勝ちきれません。

隣の芝生は青く見えるということで、シルクにも食指が動かないわけではないですが、育成、調教もそれほどおかしなことをしているとは思えないので、ガチっとハマるときを待ちたいと思います。

で、2018年ドラフト。これまで出資した母系に惹かれますね。

・ユールフェストの2017:17年に出資したフィルムフェスト(父:スクリーンヒーロー)の半弟、父はジャスタウェイ、母、父とも須貝先生ですかね。血統的にも面白そうです。
・ハルーワソングの2017:同ジーガスリッド(父:ヴィクトワールピサ)の半弟、父はワールドエース、いわゆる名牝の血統ですね、ただ、母は1996年生まれで21歳、そろそろ高齢でこれがどうでるか。

30日に日帰りツアーに参加して、3頭くらいに絞ろうと思います。