21分の3 ルガールカルム除外

 出資馬初のクラシックである桜花賞に出走したルガールカルム、桜花賞は残念ながら18着でしたが、その後、調整は順調。

 新潟日報賞(芝1400mハンデ)をターゲットに調整、8月7日のレポートでは、531-382-243-119の好時計をマークするなど、勝ち負けのレースを期待、と思った矢先にあえなく除外。

ルガールカルム、くじ運ないです(´;ω;`)ウッ… これまで2度抽選に漏れてます。

1回目は、1月12日(土)中山11R・フェアリーS(G3・芝1600m牝馬限定)、フルゲート16頭に対して23頭が出走表明 ⇒ 除外
2回目は、今回、フルゲート18頭に対して21頭が出走表明 ⇒ 除外

まあ、これも競馬なので仕方ないですね。フェアリーSも出走はかないませんでしたが、アネモネSで勝利したので、次に期待です。

どこにいくんでしょうかね。中山とは相性がいいので、紫苑ステークス(秋華賞トライアル、芝2000m、9月7日)とか、2000mは長いかもしれないですが。

2019年社台ドラフトその5 結果発表

 春から始まったドラフトもこれで最後、ようやく結果発表です。

・ファンド: シーティスの18

・中央OW: リズムオブザレインの18

です。ご一緒の方よろしくお願いいたします!

パストフォリアは取れるかと思ってましたが、最後の追い込みが凄かったですね、実績4桁以上確定ですね。

そのかわりにシーティスの18が獲れました。1月生まれなわりに小柄、歩様がぎこちないなどマイナスの要素もありますが、堀先生の手腕に期待したいと思います!

2019年社台ドラフトその4 申し込み完了!

 さて、今年のドラフトも早いもので締切りとなりました。

 もともとは、ドゥラメンテ産駒の125ダイヤモンドディーバ18、127イプスイッチ18を狙っていたのですが、予想通りの大人気。

 実績725万ですが、これはよっぽど運がよくないと取れないと判断。ドゥラメンテ産駒は見切りをつけて、ファンドは

 111パストフォリア18

 第1希望です。社台TCラルシュドール18と悩みました。パストフォリア18、第1希望でもそこそこ人気なので、取れるかわかりませんが、縁があるといいなと思います。

 第2希望 シーティス18、第3希望ピュアチャプレット18、ダメなら秋にむけて今年のイマジナリーラインのような成長著しい馬に出資したいと思います。

 中央オーナーズは、ディオジェーヌ18かどちらか悩んで

236リズムオブザレイン18

 にしました。

 足るを知るというのが自分のモットーで欲張らないようにしながらも、毎年コンスタントに続けていきたいと思います。

 28日の発表が楽しみです。

 

2019年社台ドラフトその3 日帰りツアー参加

 19年ドラフト、一日目の日帰りツアーに参加しました。
ここ数年、いつも雨でしたが、今回は珍しく?最後まで晴れ、相変わらず、十分に見る時間はありませんが、実際に候補を見ることができたことは収穫でした。

ファンド ドゥラメンテ産駒

もともとドゥラメンテ産駒牡を狙っていました。で、見た結果、これはあくまで大した観察眼があるわけでもなく、あくまでも一個人の私見ではありますが、気性が強そうな印象を受けました。

あとで見たロードカナロア産駒との比較があるかもしれません。まあ、ノーザンファーム育成+堀、菊沢、国枝厩舎であれば、気性をうまく活かして、それを強みにできる気もするので、悩ましいですね。

去年、エピファネイア産駒でも同じ印象を受けたこともあり、エピファネイア産駒の勝ち上がりも見ながら、票読みしたいと思います。で、3頭のなかでは、やはり、ダイアモンドディーバ18ですね。これは人気しそう。

サンデー 125 イプスイウィッチ18 父:ドゥラメンテ 牡 堀厩舎

サンデー 126 ウミラージ18 父:ドゥラメンテ 牡 菊沢厩舎

サンデー 127 ダイアモンドディーバ18 父:ドゥラメンテ 牡 国枝厩舎

ファンド ロードカナロア産駒

最初は候補にいれてなかったのですが、見てこれはと思ったのが、パストフォリア18。馬体もさることながら、物怖じしない聡明さに惹かれました。これも人気しそうです。

サンデー111 パストフォリア18 父:ロードカナロア 牝 藤沢厩舎

ファンド モーリス産駒

これも最初の候補にいれてなかったのですが、良かったです。馬体重は482kg、かなり出来上がってて、遅めのスクリーンヒーロー系とは違った印象を受けました、厩舎もありこれも人気しそう。

社台TC70 ラルシュドール18 父:モーリス 牡 池江厩舎

中央OW

ツアーまではどれにするか悩んでいましたが、ツアー参加でだいぶ絞れました。

まず、ディオジェーヌ240、これまでノーザンファームの育成を見ているので、どう育成するか、かなりイメージが湧きました。高木厩舎で息の長い生活を期待です。

中央OW240 ディオジェーヌ18 父:マジェスティックウォーリア 牡 高木厩舎

テイラーバートン18、ドゥラメンテ産駒とは対象で気性という点ではあまり心配しなくてもよさそう。カタログの説明通り「程よい」かんじ。

中央OW266 テイラーバートン18 父:ジャスタウェイ 牝 坂口厩舎

あとは、来週以降、票読みですね。実績がそれほどあるわけではないので、取りたい放題ではないです、なので、この中からファンド、中央OWそれぞれ取れれば今年は上出来ですね。

2019年社台ドラフトその2

選挙、議決権、ドラフト、いずれも大事なのは”票読み”ですね。

結果を出すためには、相手を知り、自分を知る、そこにドラフトの面白さがあるかと。

さて、社台ドラフト2019、募集馬の測尺・体重も発表されました。明日は日帰りツアーです。

ファンドは、今年はサンデーのドゥラメンテ産駒がいいかなと。まあ、皆さん狙ってらっしゃるのでしょうが。

125 イプスィッチの18 堀厩舎 
126 ウミラージの18 菊池厩舎 
127 ダイヤモンドディーバの18 国枝厩舎
166 アスコルティの18 西村厩舎 
167 マザーロシアの18 松下厩舎

あとは、ルガールカルムつながりで161スマイルシャワーの18(高野厩舎)あたりが候補です。

中央オーナーズは、予算内で収まるノーザンファーム育成がないので、ちょっと悩み中です。

2019年社台ドラフト

相変わらずの不定期更新で、表題も周回遅れになってしまいましたが、まあ、マイペースでやっています。

さて、2019年社台ドラフト、いよいよ募集も近づいてきました。今年も日帰りツアーにも参加予定です。

自分にとって、一口あるいは馬主活動は、金持ちの道楽でもなければ、節税対策でもなければ、事業としてゴーイングコンサーン、企業のように永続的に続く、ことにあると思っています。

ということもあり、気まぐれで増やしたり、減らしたりすることなく、ベンチャー投資、不動産投資と同じように、毎年、継続的に自分が決めたルールを守っていきたいと思います。

で、自分が決めたルールは、

1.ファンド(サンデー、社台)は、1頭程度 1頭あたりの予算は最大100万程度 6月がダメでも秋を狙ってみる、とくに社台
2.中央オーナーズについては、1頭、1頭あたりの予算は最大180万程度

あたりです。たとえば、株の場合は、仮に高く購入したとしても配当がありますが、一口馬主の場合、どんなに高い馬を出資しても出走しないリスクがあります。で、自分が設定した予算であれば、仮に出走できないとなったとしても「まあ、仕方ないな」と思えるレベルです。今年は、ファンドはサンデーのドゥラメンテ産駒(イプスウィッチの18、ウミラージの18、パシフィックギャルの18)あたりを狙ってみたいと思います。

ただ、わりと難しいと思っているのが(まわりの中央オーナーズをやっている方もだいたい同じ意見で)、2.で、今年のムニアインは未勝利で引退でした。ファンドに比べれば比較的安くノーザンファームの馬に出資できる反面、勝ち上がりという点では比較的ハードルが高いと思っています。予算にあいながらも、勝ち上がりできそうな馬を探したいと思います。

ヴェルスパーにみる騎手バイアス

さて、先週の皐月賞ディ、中山競馬場で一口出資馬ヴェルスパー(サンデーR)の応援にいきました。

この馬、2年前のデビューから一度も掲示板を外したことがありません。くわえて、ここのところ2回連続2着で、得意の中山1200m芝、さらに、騎手もルメール騎手とあらば、人気にならないはずがありません。

予想通りオッズも1.7倍、ダントツの一番人気です。

で、スタート。もともと、スタートが得意な馬ではないですが、今回は悪くないスタート。

内よりで3コーナーを抜けて、4コーナーをまわって、最後、末脚炸裂、、と思ったら馬郡のなかに揉まれて、最後も全く伸びずに7着、はじめて掲示板を外し、惨敗でした。

レース後のクラブのコメント(4月14日)

4月14日(日)中山8R・袖ヶ浦特別(芝1200m)に55kgルメール騎手で出走し、勝ち馬から0秒3差の7着、馬体重は前走から4kg増の442kgでした。スタートから行きたがる素振りをみせていましたが、ルメール騎手が手綱をひいて、5番手で我慢させました。そのままの位置取りをキープしていると、直線入口では外から馬が上がってきて行き場がなくなってしまいました。前が開いた直線半ばから追い出しましたが伸びを欠いて、勝ち負けから少し遅れての入線となりました。
レース後、ルメール騎手は「スタートから行きたがっていましたが、あの位置取りで脚をためました。直線で前が開いてからも伸びてくれませんでした。本馬の末脚であれば伸びるはずなのですが、今日はどうしたのでしょうか…」とクビを傾げながらコメントしています。

クビを傾げたルメール騎手でしたが、翌週の加藤調教師は別の見方をしています。

クラブのコメント(4月17日)

レース後変わりありません。加藤征弘調教師は「馬群の中での競馬でしたが、もう少し積極的に乗ってほしかったです。馬体が寂しく見えるので、この後はNF天栄へ放牧に出して、状態を整えてから次走を検討します」と話しています。

もともと、馬券上手になるという目的もあってはじめた一口馬主ですが、この騎手で馬券を買うのは、これがあるので難しいですね。

結局、株もそうですが、競馬も、「この騎手がくるはずがない」、「この血統がくるはずがない」という知らず知らずのうちにバイアスをかけてしまいがちです。

今回は「桜花賞勝って、勢いにのっているルメール騎手だから負けるはずはない」というバイアスがあったと思います。

このバイアスからどう逃れるのか、結構、難しいですね。人間が介入せずに、機械にやらせるのが良いのかもしれません。

そんな騎手バイアスについておもった週末でした。今週は、孝行馬イーグルフェザーが出走予定です。

今週の出走:ルガールカルム桜花賞へ

 長い冬も終わり、ようやく春。明日はクラシック第1弾の桜花賞となりました。

 今年の桜花賞は例年と違い、「自分ごと」です、何度も触れているように出資馬のルガールカルムが出走します。

 自分にとっての初のクラシック出走です。一口馬主をはじめたのが2013年、今年で6年目ですが、一つの一里塚となりました。

 チャンスはあると思います。もちろん、強豪ぞろいですが、スタートで出遅れなければ、アネモネSで見せた末脚で勝負になると思います。

 明日は阪神で応援します。もちろん、勝ってほしいですが、それ以上に無事を祈る気持ちです。

 がんばれ、ルガールカルム

ルガールカルム 桜花賞へ

一口、共有、いずれもはじめて自分の出資馬のルガールカルムがクラシック初戦桜花賞に出走します。

来週4月7日(日)阪神11R・桜花賞(G1・芝1600m)に登録しています。このレースはフルゲート18頭に対して、28頭の登録があります。本馬は優先出走権を有しており、除外の心配はありません。なお、鞍上は三浦騎手を予定しています。本馬は明後日3月27日(水)美浦TCに帰厩予定です。

まあ、正直言って、強豪ぞろいだと思います。ただ、いままでの傾向だと、スタートで出遅れず、自分のペースでいければ、十分勝機があると思います。三浦騎手に期待です!

さて、ルガールカルムから自分はいろいろ学びました。いろいろあるのですが、次のドラフトという点では、厩舎を上げたいです。

ルガールカルムもノーザンファームで外厩であるノーザンファーム天栄がメインです。外厩がメインなので、厩舎はそれほど関係ないのではと自分は思ってました。ただ、ルガールカルムに関しては、田村先生の強い思いが大きいと思います。

この思いを掘り下げると「同じ景色を見た」ということだと思ってます。

田村先生は、ルガールカルムをかつて自身が手掛けて、NHKマイルを制したメジャーエンブレムと「同じ景色」だったのだと自分は思います。

自分がこの思いを強くしたのは、ルガールカルムは、18年9月22日の新馬戦で圧勝したあと、次の11月25日ベコニア賞(500万条件)で6着と大敗しました。新馬戦で強くても、この大敗であれば、クラシックに進むのではなく、自己条件でコツコツやるという選択肢もあったはずです。

もちろん、クラブの意向もあるとは思いますが、田村先生は、ルガールカルムにメジャーエンブレムと「同じ景色を見た」と思います。

そこから、19年1月12日(土)中山11R・フェアリーS(G3・芝1600m牝馬限定)に投票するも無念の除外、でも、それでもあきらめず、1月26日(土)東京・クロッカスS(L・芝1400m)で自分はほぼ勝ったと思っている2位、そして、3月10日(日)中山・アネモネS(L・芝1600m牝馬限定・桜花賞トライアル)で優勝、桜花賞の切符を手に入れました。

さて、桜花賞がどうなるかわかりません、無事に走ってくれることを祈るのみです。でも、ここまで駒をすすめることができたのは、やはり、田村先生の「同じ景色を見た」ということが大きいと思うのです。というわけで、そろそろ2019年のドラフトも近づいてますね、できれば、「同じ景色を見た」先生の馬に出資することを検討したいです。

ルガールカルム アネモネS 優勝!

 何から伝えていいの今でも興奮冷めやらぬ状況ですが、本日、3月10日、出資馬ルガールカルムが中山11RアネモネSに出走、見事、優勝しました。

 1月26日のクロッカスS、昨年の11月21日のベコニア賞、いずれも勝ちきれず、悔しい思いをしました。とくに、クロッカスSでは、クラブのコメントでは

レース後、三浦騎手は「ゲートで立ち遅れ、流れに乗るのに手間取ってしまいました。勝ち馬をマークして最後まで良く伸びましたが、スタートの遅れを取り戻すことができませんでした。勝たなければいけないレースでした。すみません」と話しています。

スタートの出遅れで惜しくも届かず2位。でも、これを糧に今回は三浦騎手の素晴らしい騎乗でした。

自分も最初のスタートどうなるか、ドキドキでしたが、本当に上手いスタートで、これはイケると確信しました。

三浦騎手の素晴らしい騎乗にくわえて、田村先生のルガールカルムのポテンシャルを見極め、クラシックの出走権の”勝ち”にこだわった一戦でした。

正直、今年の3歳牝馬路線は、ダノンファンタジー、グランアレグリアをはじめとして強豪ぞろいです、でも、その並み居る強豪のなかに出資馬ルガールカルムが仲間入りできたこと、本当にうれしいです。

自分にとって、一口馬主は、人生に彩りを与えてくれるものです。そして、このルガールカルムは間違いなく、鮮明な彩りを与えてくれました。次回の桜花賞も楽しみにしたいです。

パドック1:とにかく落ち着いてました。

パドック2:今回2回目のコンビとなる三浦ジョッキー

他を寄せ付けない素晴らしい勝ち方でした!

口取り式