ルガールカルム 桜花賞へ

一口、共有、いずれもはじめて自分の出資馬のルガールカルムがクラシック初戦桜花賞に出走します。

来週4月7日(日)阪神11R・桜花賞(G1・芝1600m)に登録しています。このレースはフルゲート18頭に対して、28頭の登録があります。本馬は優先出走権を有しており、除外の心配はありません。なお、鞍上は三浦騎手を予定しています。本馬は明後日3月27日(水)美浦TCに帰厩予定です。

まあ、正直言って、強豪ぞろいだと思います。ただ、いままでの傾向だと、スタートで出遅れず、自分のペースでいければ、十分勝機があると思います。三浦騎手に期待です!

さて、ルガールカルムから自分はいろいろ学びました。いろいろあるのですが、次のドラフトという点では、厩舎を上げたいです。

ルガールカルムもノーザンファームで外厩であるノーザンファーム天栄がメインです。外厩がメインなので、厩舎はそれほど関係ないのではと自分は思ってました。ただ、ルガールカルムに関しては、田村先生の強い思いが大きいと思います。

この思いを掘り下げると「同じ景色を見た」ということだと思ってます。

田村先生は、ルガールカルムをかつて自身が手掛けて、NHKマイルを制したメジャーエンブレムと「同じ景色」だったのだと自分は思います。

自分がこの思いを強くしたのは、ルガールカルムは、18年9月22日の新馬戦で圧勝したあと、次の11月25日ベコニア賞(500万条件)で6着と大敗しました。新馬戦で強くても、この大敗であれば、クラシックに進むのではなく、自己条件でコツコツやるという選択肢もあったはずです。

もちろん、クラブの意向もあるとは思いますが、田村先生は、ルガールカルムにメジャーエンブレムと「同じ景色を見た」と思います。

そこから、19年1月12日(土)中山11R・フェアリーS(G3・芝1600m牝馬限定)に投票するも無念の除外、でも、それでもあきらめず、1月26日(土)東京・クロッカスS(L・芝1400m)で自分はほぼ勝ったと思っている2位、そして、3月10日(日)中山・アネモネS(L・芝1600m牝馬限定・桜花賞トライアル)で優勝、桜花賞の切符を手に入れました。

さて、桜花賞がどうなるかわかりません、無事に走ってくれることを祈るのみです。でも、ここまで駒をすすめることができたのは、やはり、田村先生の「同じ景色を見た」ということが大きいと思うのです。というわけで、そろそろ2019年のドラフトも近づいてますね、できれば、「同じ景色を見た」先生の馬に出資することを検討したいです。

ルガールカルム アネモネS 優勝!

 何から伝えていいの今でも興奮冷めやらぬ状況ですが、本日、3月10日、出資馬ルガールカルムが中山11RアネモネSに出走、見事、優勝しました。

 1月26日のクロッカスS、昨年の11月21日のベコニア賞、いずれも勝ちきれず、悔しい思いをしました。とくに、クロッカスSでは、クラブのコメントでは

レース後、三浦騎手は「ゲートで立ち遅れ、流れに乗るのに手間取ってしまいました。勝ち馬をマークして最後まで良く伸びましたが、スタートの遅れを取り戻すことができませんでした。勝たなければいけないレースでした。すみません」と話しています。

スタートの出遅れで惜しくも届かず2位。でも、これを糧に今回は三浦騎手の素晴らしい騎乗でした。

自分も最初のスタートどうなるか、ドキドキでしたが、本当に上手いスタートで、これはイケると確信しました。

三浦騎手の素晴らしい騎乗にくわえて、田村先生のルガールカルムのポテンシャルを見極め、クラシックの出走権の”勝ち”にこだわった一戦でした。

正直、今年の3歳牝馬路線は、ダノンファンタジー、グランアレグリアをはじめとして強豪ぞろいです、でも、その並み居る強豪のなかに出資馬ルガールカルムが仲間入りできたこと、本当にうれしいです。

自分にとって、一口馬主は、人生に彩りを与えてくれるものです。そして、このルガールカルムは間違いなく、鮮明な彩りを与えてくれました。次回の桜花賞も楽しみにしたいです。

パドック1:とにかく落ち着いてました。

パドック2:今回2回目のコンビとなる三浦ジョッキー

他を寄せ付けない素晴らしい勝ち方でした!

口取り式

今週の出走:マルーンベルズ デビュー ヴェルスパー 京都に

今週は、マルーンベルズ(社台TC)、ヴェルスパー(サンデーR)の2頭が出走します。

まず、マルーンベルズ、先々週は新馬戦除外の憂き目にあい、今回は、東京5R未勝利戦でデビューです。
まだ、体を使って動けていないとこもあり、レースを使いながらという感じですね。
初の自分の命名馬なので、何とか無事に、そして、次につながてもらいたいです。

今週2月2日(土)東京5R・3歳未勝利(芝1800m・牝馬限定)戦に戸崎騎手54kgで出走・デビューが確定しています。このレースは、16頭立てになりました。レースを使いながら良化してきそうなイメージですが、しっかりと乗り込みを重ねて、動ける出来にあります。

ヴェルスパーは、京都9R乙訓特別に出走です。もともとは、2月3日(日)東京12R・芝1400m戦に55kgミナリク騎手で出走予定でしたが、相手関係、東京12Rは牡牝混合でトゥザクラウンなんかが出走するので簡単に勝てなさそうです、荒れている馬場から京都で出走です。

これは、興味深いですね。

当たり前ですが、クラブ、一口馬主、騎手、調教師、いずれも同じですが、唯一にして最大の目標は、勝つこと。で、勝つために何をするか?

その一つが勝てるレースを選ぶことがありますよね。

勝てるレースは、相手関係が有利、馬場を活かせる、今回のケースがこれにあたります。で、ヴェルスパーの場合、だいたいスタートで出遅れなければ、差し切れるケースがおおいです。

というわけで、今回の東京から京都の選択は、勝つ確率を上げるという点でよい選択だと思いました。期待してます。

で、この視点は馬券検討でもアリかもしれないですね。東から西、もしくは、西から東に遠征した馬、その思惑から馬券を予想すると。

今週は応援にいけませんが、2レース楽しみにしています。

今週2月2日(土)京都9R・乙訓特別(芝1200m)に55kgデムーロ騎手で出馬投票することになりました。相手関係に加えて、京都の馬場が荒れてきているために、後方からの競馬となっても十分に間に合うとみて、京都戦に出馬投票することになりました。

ルガールカルム クロッカスSに挑戦

1月26日 出資馬ルガールカルム(サンデーTC)がクロッカスS(OP 芝1400M)に挑戦します。

もともとは、1月12日のフェアリーSに出馬予定が、除外の憂き目にあい、クロッカスSに挑戦

クィーンSに挑戦するプランもあったようですが、状態が維持できているなか、クロッカスSに照準をあわせました。

レポートによれば、よい状態を維持できているようで、楽しみです。ここで結果がでればクラシックという話はあるかもしれませんが、まずは無事に走ってほしいですね。

今週1月26日(土)東京10R・クロッカスS(L・芝1400m)に54kg三浦騎手で出走予定です。想定段階ではフルゲート16頭に満たない10頭の出走表明にとどまっています。本日(水)坂路で2本乗られています。1本めは648-480-317-160、2本めで534-394-260-125の時計を出しています。田村康仁調教師からは「今日は坂路で54秒を切る程度という指示で追い切り、指示どおりに走れています。2週間出走が延びることになりましたが、状態は維持できています。とにかくスピードがあるので楽しみです」とのコメントがありました。

もうひとつ、キャロット出資の1頭(ハピネスブルーム)も中京 5R 新馬デビューです。

社台TCで馬名が採用されたマルーンベルズ、出走予定でしたが、最近の新馬除外ラッシュに呑まれて、除外で、来週以降です。同じく、キャロット出資のシーガスリッドも。
最近は除外が多いですよね、一口馬主としてできることがあるとすれば、できるだけ2歳の夏・秋くらいの早くデビューできそうな馬を選ぶということでしょうか。

ノーザンファーム天栄訪問:ルガールカルム、ヴェルスパー、ムニアイン

 ノーザンファームの期待の3頭、たまたま同時にノーザンファーム天栄に在厩ということで、見学してきました。

天栄訪問ははじめてですが、新しい厩舎の建設があって、勢いを感じました。繁殖牝馬が増えているので当然かもしれないですね。

まず、最初の一頭はルガールカルム(サンデーRC,牝2歳)
9月22日の新馬戦では強い勝ち方をしました。昨年の社台ツアーで見て、Good Looking Horseで出資したのすが、相変わらず、よく見えます。
いまは、疲れをとって、次に備えるようです。周囲の期待は高そうですが、ムリをせず無事に走ってほしいですね。

次はヴェルスパー(サンデーRC、牝3歳)
9月15日の古作特別(500万条件、芝1200m)では、課題となっていたスタートも無事クリア、力強い2勝目を挙げました。回復も順調で11月の1200mに向けて調整中とのこと。
いつも掲示板を外さない優等生です。次回も期待しています。

3頭目は、オーナーズのムニアイン(社台OW、牡2歳)
厩舎長に「子供みたいでしょ?」と言われて、本当にそう思いました笑 馬主資格所有して最初の出資馬なので、やっぱり、思い入れがあります。
9月8日の新馬戦では残念ながら5着。きっちり仕上げて11月あたりということです。
骨格がしっかりしているので、とくにトラブルがなければ比較的長くいけそうです、まずは未勝利勝利ですね。

ルガールカルム勝利と9月の結果

やや今さら感がありますが、サンデーTCの一口出資馬ルガールカルムが22日5R新馬戦で勝利しました。

当日は、海外で残念ながら現地応援はできませんでしたが、嬉しい新馬勝利でした。新馬戦での勝利は準オープンで頑張っているイーグルフェザー以来です。

「アーモンドアイ2世」みたいに褒められているようですが、一口出資者としては、勝ってもらうのはうれしいですが、何よりも無事に6歳まで走ってほしいですね。

17年のドラフトはいい方向に進みそうです。18年は、この次がシーズアタイガー17だと思っていたのですが、残念ながら取れませんでした。これが来年どうでるか。

さて、来週は出資馬の出走がないので、9月は終わりです。2勝できたので、よい月でした。

9月7日 ムニアイン 新馬 5着
9月15日 ヴェルスパー 500万条件勝利
9月22日 ルガールカルム 新馬勝利

残念ながらムニアインは勝てませんでしたが、次の未勝利戦で勝ち上がってほしいと思います。

10月からは自分のホームグラウンドである府中開催です、キャッシュレス投票UMACAも導入して、備えたいと思います。

 

ヴェルスパー勝利!

今回の中山開催は3週連続、出資馬の出走です。

9月8日 ムニアイン(2歳牡、中央オーナーズ 新馬) → ルメール騎手騎乗で期待も、残念ながら6着、次回、東京で期待です。

9月15日 ヴェルスパー(3歳牝、サンデーTC 500万条件) → 9R古作特別で勝利です。
たしか、この馬が勝ったのは、1年前でちょうどJRAの新人馬主研修のときでした。
何度も惜しい順位が続きましたが、ついに勝ってくれました。
スタートが難のある馬ですが、今回は3位集団で完璧なスタートでした。
スタートが良かったので、きちんと結果を出してくれました。
500万条件を勝ってくれたので、ムリせずに自己条件で勝ち上がってくれればと思います。
関係者の皆様、素晴らしい勝利をありがとうございました!
久しぶりに口取も参加させていただきました。

さて、来週9月22日は、2歳出資馬 ルガールカルム(2歳牝、サンデーTC)がデビューです。 
田村先生も自身が管理されておられたメジャーエンブレムと比較するほど期待しておられるので楽しみです。
来週は出張で現地応援はできませんが、期待してます!

パドックでのヴェルスパー

表彰式

時代はまわる 愛馬近況

時代はまわる - 競馬にとって、ダービーが年度の移り変わりですが、8月終わりから9月ももう一つの移り変わりですね。愛馬のデビューと別れのシーズンです。

15年産駒の別れは

・ヘヴンリーブライド(キャロット) 芝8戦するも未勝利、中盤までいいペースで進むも後半で苦しくなり、勝ちきれず
・ヴォレダンルシエル(キャロット) 芝⇒ダートに転向も勝ちきれず
・レイロー(ワラウカド) 気性面の難しさが改善せず
・ブルーインパルス(ワラウカド) 前浅屈腱炎により引退

15年産駒の勝ち上がりは、ヴェルスパー(サンデーTC)、ディライトプロミス(キャロット)の2頭で、今週の日曜日札幌開催でコロンバスディ(社台TC)が勝ち上がりを賭けます。
勝ち上がりというのは一つの指標ですが、こう見ると難しいですね。もうすこし馬の見方について研究が必要と思っています。
とくに、キャロットは3頭出資で勝ち上がり1頭、ワラウカドは2頭とも勝ちきれず、今年はこれを糧にして次回うまく勝ち上がれるようにしたいですね。

さて、15年産駒の別れとともに16年産駒のデビューも始まります。9月にデビュー予定は

・ムニアイン(中央オーナーズ) 9月8日中山芝2000Mでルメール騎手でデビュー予定、JRA馬主資格取得初の共有です
・ルガールカルム(サンデーTC) 9月22日中山でデビュー予定

人間にも出会いと別れがあるように、馬にも出会いと別れがありますよね。別れはさみしいですが、新しい出会いに期待したいと思います。

ルガールカルムその後

昨年のドラフトでの期待一頭のルガールカルム、相変わらず、順調に育成できているようで、秋デビューが視野に入ってきました。

現在は週1日は軽めの運動、週2日は周回コースでハッキングキャンター、週3日は坂路でハロン14~15秒のキャンターを1本のメニューを消化しています。スピード感あふれる動きで登坂しています。ややピッチ走法気味の走りではありますが、水準以上の動きをみせています。4回中山開催の後半戦、4回東京開催の前半戦あたりでのデビューが視野に入ってきました。現在の馬体重は452kgです。

先日のセレクトセールで母のサンデースマイルⅡと父キングカメハメハの当歳馬が1億1500万円。

ルガールカルムがそこそこ走れば、もっと値段があがるんでしょうね。次はドゥラメンテあたりをつけてクラブで募集なんてなれば、取りたいですね。

夢は膨らむばかりですが、ひとまず、デビューを楽しみにしたいと思います。

ルガールカルム近況

サンデーRに一口出資しているルガールカルム、5月18日に近況が更新されました。

ルガールカルムにみる馬の育て方に書いたように、馬をどう育てるかについて、ノーザンファームの育成からとても学ぶ点があります。

この学ぶべき点は、やっぱりメリハリ、ですね。バリバリ一辺倒に負荷をかけてトレーニングするだけでもなく、かといって、馬のなすがままに放置するわけでもない、緩急自在に、ときには負荷をかけながらも、ときにはリフレッシュ促す、このメリハリがうまく効いていると思います。坂路調教のような施設、海外の重賞を勝ってる繁殖牝馬、そして、馬を育てる人とノウハウ、ノーザンファームの強さはここにあるのかなあと思います。

で、5月18日の近況によれば、引き続き順調に育成が進んでいるようです。まあ、生き物なので何があるかわかりませんが、このまま順調に入厩、デビューといってほしいですね。

現在は週1日は屋内周回コースでハッキングキャンター2500m、週2日は屋内坂路で乗り込まれています。屋内坂路では、週1日はハロン17秒とハロン14~15秒のキャンターを1本ずつ、もう1日はハロン17秒とハロン15~16秒のキャンターを1本ずつ消化しています。引き続き折り合いに注意をはらいながら進めていますが、他の面はまったく心配がなく、順調そのものです。もう少し乗り込んだところで入厩の段取りを組みたいと考えています。現在の馬体重は486kgです。