ワラウカド退会と一口馬主ビジネス

  人によって定義は様々なですが、自分が思うに、ビジネスとは植物を育てるプロセスに似ていると思います。

 で、自分にとって、一口を含めた馬主は趣味ではなく、ビジネスの一つとしてとらえています。

 自分はいまのところブリーダーではないので、馬を育成するプロセスにはかかわっていませんが、

    (獲得賞金+種牡馬種付け料)>(出資金+維持費)

 を意識して、この馬主稼業という「植物」を育てています。

 植物を育てるには、まず、きちんと根をはるように土壌を豊かにする、これは、育成に近いかもしれませんね。まあ、一口馬主という点では、馬選びがポイントになると思いますので、種牡馬・育成牧場の動向把握などの勉強あたりでしょうか。

 そして、植物を育てるという点で、わりと重要なのが、剪定。草花は何もしないいろいろな方向にのびていきます。そして、そののびた植物について、伸ばすところは伸ばす、いらないところは剪定して落とす、この取捨選択のプロセスが大事だと思うのです。

 さて、前置きが長くなりましたが、表題の件です。自分は一口馬主は2013年出走のアスペンツリー以来今年で5世代目です。

最初は社台、サンデー、社台地方OW、社台中央OW、キャロット、ワラウカド LEX-PRO シルクにはいっていますが、ワラウカドについては退会しました。

理由は単純で、出資した2頭(レイロー、ブローインバブルス)がいずれも勝ち上がれず未勝利で引退しました。

いろいろとクラブの方でも改善していて、アットホームでよい雰囲気が伝わってくるのですが、やはり、結局のところ、結果だと思います。

で、伸ばすところがあるとしたら、やはり、共有あるいはまだ実現できていないですが1頭ですかね。ただ、ノーザンファームが今後も勝ち続けるという前提だと、弱小馬主にとってはセレクトセールで仕入れるという選択肢はいまのところなく、オーナーズもしくはLEX-PRO、場合によってはオータムセールあたりなのかなと思っています。他の牧場を探すのもアリかもしれないですね。
 

時代はまわる 愛馬近況

時代はまわる - 競馬にとって、ダービーが年度の移り変わりですが、8月終わりから9月ももう一つの移り変わりですね。愛馬のデビューと別れのシーズンです。

15年産駒の別れは

・ヘヴンリーブライド(キャロット) 芝8戦するも未勝利、中盤までいいペースで進むも後半で苦しくなり、勝ちきれず
・ヴォレダンルシエル(キャロット) 芝⇒ダートに転向も勝ちきれず
・レイロー(ワラウカド) 気性面の難しさが改善せず
・ブルーインパルス(ワラウカド) 前浅屈腱炎により引退

15年産駒の勝ち上がりは、ヴェルスパー(サンデーTC)、ディライトプロミス(キャロット)の2頭で、今週の日曜日札幌開催でコロンバスディ(社台TC)が勝ち上がりを賭けます。
勝ち上がりというのは一つの指標ですが、こう見ると難しいですね。もうすこし馬の見方について研究が必要と思っています。
とくに、キャロットは3頭出資で勝ち上がり1頭、ワラウカドは2頭とも勝ちきれず、今年はこれを糧にして次回うまく勝ち上がれるようにしたいですね。

さて、15年産駒の別れとともに16年産駒のデビューも始まります。9月にデビュー予定は

・ムニアイン(中央オーナーズ) 9月8日中山芝2000Mでルメール騎手でデビュー予定、JRA馬主資格取得初の共有です
・ルガールカルム(サンデーTC) 9月22日中山でデビュー予定

人間にも出会いと別れがあるように、馬にも出会いと別れがありますよね。別れはさみしいですが、新しい出会いに期待したいと思います。

2018年3月の結果と今週の出走

 はやいものでもう3月も終わり、すっかり春めいてきました。春めくとともに、徐々に、出資馬の出走も増えていて、はやく勝利にこぎつけたいものです。今週末は出走がないので、3月の出走のおさらいです。

3月の出走は、3頭。未勝利が続いているので、何とか勝ち上がってほしいですね。

3月11日(日)ブローインバブルス ワラウカド 中山4R 新馬 ダート 1800m 8着
3月18日(日)コロンバスディ   社台TC  中山5R 未勝利 芝 1800m 5着
3月24日(土)ヘブンリープライド キャロット 阪神3R 未勝利 ダート 1200m 6着

あくまで自分の印象なんですが、未勝利戦って、なんか居残り勉強に似てますよね。
できる子はさっさと課題を仕上げて帰っていくのに対して、なかなか課題が終わらない。。

4月なので、まだ、「居残り」の焦りは、それほどではありませんが、あっという間にタイムリミットが近づいてきます。

というわけで、芝・ダート、距離、いろいろ試してみて、未勝利という「課題」をクリアできればと。

そういう意味で、4月1日に出走するキャロット出資のヴァンレダンシエル、クラブ情報によると、

28日は美浦南Wコースで追い切りました(キリ不明)。「今朝は調教開始時間から2時間ほど霧が立ち込めていて視界不良な状況でしたのでこの目で確認することはできなかったのですが、多頭数で馬場に入り3頭の真ん中に入れて追い切りを行っています。乗り手の感触を聞くと、この馬としては少しずつ動けるようになってきているということで、時間をかけてきたことでゆっくりながらも状態は上がっていそうです。良化途上ではありますが、そろそろ競馬を考えてもいいのではないかと思えることから、今週の競馬へ向かうことにしました。パワータイプというわけではないのですが、現状切れる脚を使えているわけでもないので、今回はダートを試してみたいと思います。条件を変更することによって新味を引き出せれば良いですし、何とか今後につながる走りを見せてほしいです」(木村師)4月1日の中山競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800m)に石橋騎手で出走を予定しています。

このダートへの切り替えが意外とうまくいくかもしれません、期待ですね。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

2017年は、JRA馬主免許取得など次のステップに向けての取り組みができました。

自分にとっての馬主生活は、無理をせず長く続けることであり、気負うことなく続けていきたいと思います。

そのなかで、今年のテーマとしては、

1.16年の共有馬 ソムニアの16(社台オーナーズ)、サイレントクロップの16(LEX Pro)、シークレットコードの16(Lex Pro)の3頭に出資したので、この共有馬ならびにファンド出資馬が無事に走ってくれること。

2.18年も無理のない範囲で出資するつもりです、そのなかで、次につながる馬を選びたいと思います。具体的には、この記事に書いたようにディープ産駒はあまりにも高いので、ディープはパス、新しい種牡馬、エピファネイア、キズナあたりに期待してみたいと思います。株と同じように高いポテンシャルを持ちながら割安な馬を探したいと思います。今年は、いくつかのセールにも参加できればと思います。

あたりでしょうか。勝利数は相手が馬なので、自分がいくら願ってもどうもなりませんが、愛馬が重賞・オープン路線に行ってほしいですね。

というわけで、今年もよろしくお願いいたします。

2017年の振り返り

さて、月日が経つのは早いものであっという間に2017年の最終日になりました。

2012年に出資したアスペンツリー(社台TC)にはじまり、今年で一口馬主も5年目です。

今年の成績は、出走数38回で優勝は5回、当初の目標である10勝には届かなかったですが、無事に走ってくれました。愛馬に感謝です。
世代別だと、

4歳:イーグルフェザー(社台TC) 1600万条件から1000万条件に降格も10月29日の三峰山特別で見事勝利、ブログ記事、来年は1600万条件を越えてオープンにいってもらいたいですね。

3歳:期待していたスターストラック(サンデーTC)が屈腱炎で引退、現在、ゼロです。

2歳:ヴェルスパー(サンデーTC)、ディライトプロミス(キャロット)が未勝利戦で勝利、500万条件です。コロンバスディ(社台TC)、ヘブンリープロミス(キャロット)、ヴォレダンルシエル(キャロット)、レイロー(ワラウカド)、ブローインバブルス(ワラウカド)が未勝利、ここをどう勝ち上がるかですね。

来年は1歳世代に社台オーナーズ(ソムニアの16)、レックスプロ(サイレントクロップの16、シークレットコードの16)の10分の1所有もデビュー予定で、ちょっと幅が広がりそうです。ただ、願うことはただ一つ、愛馬が無事に走ってくれることです。来年も愛馬の応援に週末は競馬場に通おうと思います。

9月の結果

早いもので9月も終わり、10月になりました。

9月は新規馬主オリエンテーションがあったり、初めてノーザンファームを訪問したりと、新しい世界に触れることができました。

一口馬主の方も、比較的、順調で2勝することができました。

ディライトプロミス(キャロット) 9月18日 2歳未勝利(阪神ダート1400m) 
ヴェルスパー(サンデーTC) 9月22日 2歳未勝利(中山芝1200m)

2頭とも新馬戦とは違って、強い勝ち方で、今年、来年が楽しみです。2歳馬は、コロンバスサークル(社台TC 10月東京デビュー)、ヘヴンリーブライド(キャロット、未勝利)、ヴォレダンルシエル(キャロット、ゲート試験合格)、レイロー(ワラウカド、育成中)、ブローインバブルス(ワラウカド、育成中)も順次、デビュー、勝ち上がりを期待です。

9月は、3歳未勝利が終わるタイミング、キャロット出資の一頭キスミーダーリンは、8月新潟でデビューするも、力不足感は否めず、残念ながら引退となりました。

10月は所属する東京馬主協会のホームである東京競馬場の開催です、今月も折をみて、競馬場で観戦したいと思っています。