マルーンベルズ勝利と勝利の女神

さてはじめての愛馬命名となったマルーンベルズ東京5R3歳未勝利で勝利しました。

社台TCのレポートより。

2月2日(土)東京5R・3歳未勝利(芝1800m・牝馬限定)戦に戸崎騎手54kgで出走、馬体重454kgでデビューしました。スタートを決め、先頭から6馬身ほど後ろのインで落ち着きました。道中の走りはスムーズで、3列目のインで直線に入りました。400mを切ったあたりで少し外へと進路を取り、前があいて騎手が追い出すと瞬時にアクションが大きくなりました。残り200mからの伸びが鋭く、馬群の間から抜け出して先頭でゴール、既走馬を相手にみごとなデビュー勝ちを収めました。勝ちタイムは1分48秒7、2着とは1馬身1/4差でした。
レース後、戸崎騎手は「追い切りでは終いの伸びがイマイチで、レース前は使ってからかなと思っていました。ゲートの扉に少しビックリするかもしれないという心配もありましたが、練習と同様に実戦でも問題ありませんでした。道中は乗りやすく、狭いところでもスムーズで、直線の弾けっぷりも良かったです。芝の実戦でこその馬だった、ということですね」と、また萩原調教師は「調教は目立ちませんでしたが、実戦で変わりそうな気がしていました。周りを気にすることもなかったですね。このあとはもう少し手元に置いて様子を見たいと思っています」と話していました。

今日は現地応援できなかったので、ビデオで観ましたが、第4コーナーをまわって、馬郡に呑まれそうなところでしたが、戸崎騎手が上手く追い込みましたね。馬の素質もさることながら、戸崎騎手の腕も今回の勝利につながっている思いました。ありがとうございました!

で、相手関係から京都に遠征したヴェルスパーは惜しくも2位。。

こうなると勝利の女神とは何かと考えてしまいますよね。

マルーンベルズは、萩原調教師、戸崎騎手も「レース前は使ってからかなと思っていました」というコメントのように、正直、勝利をイメージしていなかったと思います。自分もそうでした。でも、勝ちました。

ヴェルスパーもしかり、未勝利でなかなか勝ち上がれない馬もしかり、勝つために最大限の努力をしても、勝利の女神が微笑まないケースはたくさんあります。

まあ、勝ちたくても勝てない、勝つとはおもってなかったけど勝つ、こうした番狂わせがあるのも競馬の魅力かもしれないですね。馬券的にはおいしかったのですが、ひよってちょっととしか買わなかったのが悔やまれてなりません。

さて、勝負の極意について、故米長邦雄永世棋聖はこう語ってます。

勝負も商売も同じですよ。運、鈍、根、この3つが大事だ。世の中には、運と根の大切さに気付いている人はたくさんいる。でも、鈍ということをわかっている人は少ないです。
米長邦雄「運を育てる」

勝利の女神はいつ微笑むかわからない、だからこそ重要なのは、運、根、そして鈍なのかもしれません。

とにかく、マルーンベルズ、今後も無事に走ってもらいたいです。

イーグルフェザー テレビ静岡賞 勝利

これまでの一口馬主履歴の中での最大の孝行息子ながらも、なかなか1600万条件を勝ち切れなかったイーグルフェザーですが、秋の復帰戦10月7日(日)東京10Rテレビ静岡賞で勝利、通算5勝目でついに自分の一口馬主史上、初のオープン入りです。ヴェルスパーについて今年2度目の口取りができました。

デビューからほぼ観戦してきたのですが、やはり、東京のダートがあってますね。いい意味でワンパターン。ちゃんとスタートが決まるという前提ですが、中段から後段あたりのポジションで、最後1-2ハロンで豪快に差し切る。まさに戸崎ジョッキーのコメント通りだと思いました。

レース後、戸崎騎手からは「レース前は外に出していくイメージでしたが、きょうの隊列はストレスがかからずに、道中はとてもいい感じでした。直線は捌いたというより前の馬がいなくなってポッカリと開いて、普通に抜け出すことができました。器用さのない馬なので、やっぱりワンターンの競馬が合っていると思います」との勝利コメントがありました。また小笠調教師は「これでようやくオープン入りを果たすことができました。このあとは一応11月10日(土)東京・武蔵野S(G3・ダート1600m)が本線で、除外なら11月18日(日)東京・霜月S(Op・ダート1400m・ハンデ)を目指すという二段構えでいくつもりです」と話していました。

つぎは、武蔵野Sもしくは霜月Sの二段構えということです。次の結果は神のみぞ知るのでしょうが、東京ダート1600mといえば、やっぱり、フェブラリーステークスですよね。期待は膨らみますが、まずは無事に走ってくれることを祈るのみです。

3年先の稽古

相撲の格言に「3年先の稽古」があります。稽古をしてもすぐに結果がでるわけではない、むしろ、3年先を見据えて長い視点に立って稽古すべしという。

ビジネスでもそうですが、直近ではなく、長い目でみる、これは大事ですよね。

一口馬主も同じだと思います。出資を決めてから、はやくても出走は1年後、なので、1年後を見据えて出資する、ここに一口馬主の難しさ、面白さがあると思います。

そういう意味で、昨年のドラフト(2017年)は比較的うまくいきました。サンデーTCのルガールカルムは次に期待が持てる新馬勝ち、グループオーナーズのムニアインも未勝利ですが、いずれ勝てるのではないかと。で、キャロットのフィルムフェストも新馬勝ち。

ひるがえって、今年のドラフト(2018年)、まず、サンデーTCはシーズアタイガー17がとれず、キャロットもストールンハート17のみ。で、今週、追い打ちをかけるように期待のアーリーアメリカン17が左後肢跛行のため出資契約の解除。いまのところは、オーナーズのカリフォルニアネクター17が破格のデカさですが、無事に育ってくることを祈るのみです。3年先の稽古という点では、今年は反省の残る稽古でした。最後にLEX-Proがあるので、1頭くらい検討しようと思います。まあ、自分には潤沢に予算があるわけではないので、予算制約線のなかで、最もリターンが得られるラインを見つけることができればと。

さて、今週は10月7日(日)府中 10R テレビ静岡杯(1600万条件)に社台TC イーグルフェザー(牡5歳)が出走します。孝行息子の秋の復帰戦、仕上がりも順調そうで、ライバルも強いですが、楽しみです。

ルガールカルム勝利と9月の結果

やや今さら感がありますが、サンデーTCの一口出資馬ルガールカルムが22日5R新馬戦で勝利しました。

当日は、海外で残念ながら現地応援はできませんでしたが、嬉しい新馬勝利でした。新馬戦での勝利は準オープンで頑張っているイーグルフェザー以来です。

「アーモンドアイ2世」みたいに褒められているようですが、一口出資者としては、勝ってもらうのはうれしいですが、何よりも無事に6歳まで走ってほしいですね。

17年のドラフトはいい方向に進みそうです。18年は、この次がシーズアタイガー17だと思っていたのですが、残念ながら取れませんでした。これが来年どうでるか。

さて、来週は出資馬の出走がないので、9月は終わりです。2勝できたので、よい月でした。

9月7日 ムニアイン 新馬 5着
9月15日 ヴェルスパー 500万条件勝利
9月22日 ルガールカルム 新馬勝利

残念ながらムニアインは勝てませんでしたが、次の未勝利戦で勝ち上がってほしいと思います。

10月からは自分のホームグラウンドである府中開催です、キャッシュレス投票UMACAも導入して、備えたいと思います。

 

秋天&イーグルフェザー勝利!

10月29日、台風直撃の中、秋天&12Rに出走したイーグルフェザーの応援に行ってきました。

自分が競馬にハマったきっかけの一つが寺山修司の競馬エッセイがあります。

その中にこんな一説があります。

「競馬は人生の比喩ではなく、人生が競馬の比喩そのものだ」

今回の天皇賞のタイムは2:08:3、歯磨きをする時間より短いだろう。

でも、その短い1レースのなかに一つの人生ともいえるドラマがありました。

出遅れたキタサンブラック、自分が本命視したサクラアンプル―が4コーナーから前を伺おうとするも、内からキタサンブラックが猛追、あとは、言うまでもないですね。

そして、人生が競馬の比喩そのものとしたら、今回のキタサンブラックの出遅れ、人生においても出遅れても、後で挽回すればいいかもですね。

本当に現地で観戦できて幸せでした。

で、次の12R、出資馬イーグルフェザー。降級後、勝利が遠ざかったのですが、田辺騎手が最後豪快に差して、イーグルフェザーらしい勝利でした。

ひさびさに口取りもできました。田辺騎手700勝おめでとうございます!イーグルフェザー久々の勝利ありがとうございます!

 

 

9月の結果

早いもので9月も終わり、10月になりました。

9月は新規馬主オリエンテーションがあったり、初めてノーザンファームを訪問したりと、新しい世界に触れることができました。

一口馬主の方も、比較的、順調で2勝することができました。

ディライトプロミス(キャロット) 9月18日 2歳未勝利(阪神ダート1400m) 
ヴェルスパー(サンデーTC) 9月22日 2歳未勝利(中山芝1200m)

2頭とも新馬戦とは違って、強い勝ち方で、今年、来年が楽しみです。2歳馬は、コロンバスサークル(社台TC 10月東京デビュー)、ヘヴンリーブライド(キャロット、未勝利)、ヴォレダンルシエル(キャロット、ゲート試験合格)、レイロー(ワラウカド、育成中)、ブローインバブルス(ワラウカド、育成中)も順次、デビュー、勝ち上がりを期待です。

9月は、3歳未勝利が終わるタイミング、キャロット出資の一頭キスミーダーリンは、8月新潟でデビューするも、力不足感は否めず、残念ながら引退となりました。

10月は所属する東京馬主協会のホームである東京競馬場の開催です、今月も折をみて、競馬場で観戦したいと思っています。

スターストラック2勝目

スターストラック、中山4R・ダート1800m戦に54kg木幡巧也騎手で出走し優勝、通算8戦2勝です。

前々走は13着、前走は5着と着実に力をつけており、今回、待ちに待った勝利でした!予定があって口取にいけず、残念。

次は未定とのこと、芝を使ってほしいなあと個人的には思います。いずれにせよ、これからも無事に走ってもらいたいです。