マルーンベルズ命名証書

2018年の社台ドラフトも開幕のなかで、2017年募集産駒もデビューに向けて順調に進んでいます。

そんななかで、自分の初命名馬「マルーンベルズ」の命名証書が届きました。

この血統は、半兄アスペンツリーにはじめて出資して、思い入れの血統です。

アスペンツリーの父はスペシャルウィーク、マルーンベルズの父はヴィクトワールピサ、母アスペンアベニューとサンデー系との相性は悪くないと思っていて、産駒もだいたい勝ち上がっています。難があるとすれば、気性と足元、とくに、アスペンツリーは、1000万条件2着で、順調に勝ち上がってオープンまでいけるのではと淡い期待をしていましたが、右前脚関節炎のため無念の引退。

マルーンベルズ、もちろん、勝ち上がってほしいですが、それ以上に元気で長く走ってもらいたいですね。

9月18日 追分ファームリリーバレー・ノーザンファーム訪問 

9月17日に北海道札幌への出張があり、それに合わせて追分ファーム・リリーバレー、ノーザンファーム空港、ノーザンファーム・イアリングを訪問しました。
あいにく台風18号が接近しており、ちょうど、台風が過ぎ去ったよいタイミングでした。2016年に出資したのは以下の3頭を見学しました。

アスペンアベニューの16(父:ヴィクトワールピサ、クラブ名:社台TC)  自分にとって初めての一口馬主が、アスペンアベニューの2011、アスペンツリーでした。スペシャルウィークを父にした産駒。2013年10月 田中勝春騎手で新馬勝ち、期待されながらも、なかなか勝ちきれないながらも、2016年3月,500万条件を勝利、が、右前関節炎のため跛行となり、現役引退となりました。そして、そのアスペンツリーの母アスペンアベニューが父:ヴィクトワールピサをつけたアスペンアベニューの2016、体重461kg、順調に成育が進んでいます。

サンデースマイルⅡの16(父:ロードカナロア、クラブ名:サンデーR) ”賢くて落ち着いている”というのが牧場の方々のコメントでした。当日は強風にもかかわらず、落ち着き払ってはらっていました。

ソムニアの16(父:キングヘイロー、クラブ名:社台オーナーズ):今年、JRA馬主免許を取得して、はじめての10分1出資です。体重は501㎏、キングヘイローに似たきめ細かな筋肉がついています。