20年7月の成績

早いもので7月ももう終わりです、中央はイマジナリーライン、武豊ジョッキーの神騎乗で一つ勝てました(1-1-0-1-0-11)でした。

地方も、フレフレサッチーが5月の初勝利についで、価値のある2着でした。

除外続きのルガールカルム、しらかばステークス11着でしたが、出遅れで次につながる競馬で次回に期待です。

8月は、中央共有馬のミュアウッズの復帰、リズムオブレインのデビュー予定です。

 

中央競馬 7月実績(ファンド、共有)

日付 馬名 所属 レース名 着順
7月4日 フィルムフェスト キャロット 4歳以上1勝クラス 6
7月5日 コロンバスデイ 社台TC 兵庫特別(2勝クラス) 9
7月5日 イマジナリーライン 社台TC 3歳1勝クラス 1
7月12日 ロマーシカ シルクR 3歳未勝利 9
7月25日 ルガールカルム サンデーR しらかばステークス 11
7月26日 パーフェクトルール シルクR 3歳未勝利 11
7月26日 タイズオブハート キャロット 3歳未勝利(牝) 7

 

地方競馬 7月実績(共有)

日付 馬名 競馬場 レース名 着順
7月1日 フレフレサッチー 浦和 浦和800ラウンド 10
7月6日 トミケンビディ― 大井   3歳 145万 8
7月7日 フォガラ 大井 3歳 220万 9
7月8日 リリープリンセス 園田 C1 9
7月24日 リリープリンセス 園田 C1 4
7月27日 フレフレサッチー 浦和 浦和800ラウンド 2
7月28日 トミケンビディ― 大井   3歳 130万 8

イマジナリーライン勝利!今週の出走

今週は、3頭が出走しました。ルガールカルム(サンデーR)も出走想定でしたが、残念ながら除外です。

日付 馬名 性別 年齢 所属 レース名 着順
7月4日 フィルムフェスト 4 キャロット 4歳以上1勝クラス 6
7月5日 コロンバスデイ 5 社台TC 兵庫特別(2勝クラス) 9
7月5日 イマジナリーライン 3 社台TC 3歳1勝クラス 1

何といっても、今週のハイライトはイマジナリーラインの勝利でした。

前回は2週除外で、そこから、この馬が得意でない重馬場、何とか3着まで粘りました。

今回、鞍上は武豊ジョッキー。好スタートから、3番手集団につけて、じっくり足を溜めて、そして、最後の直線、残りの足を計算尽くされたようにゴーサインを出して、差し切る。

いやー、素晴らしかったです。素晴らしい神騎乗でした、ありがとうございました!

イマジナリーライン、ウォートルベリー17は、ドラフト時は遅生まれもあり、売れ残り、たしか10月にアーリーアメリカン17が不慮の事故のためキャンセルになり、出資しました。

残り物には福がある?といったところでしょうか。

小回りの福島でこれだけいけるのであれば、地方重賞とかも視野に入れてほしいですね。いずれにしても、ここは夏休みゆっくり休んで次に期待ですね。

 

6月の成績

6月は、中央、地方ともに出走数はやや控えめ、いずれも勝利はなく、成績は(0-0-1-1-2-6)でした。

7月は、第1週からルガールカルム、コロンバスディの出頭登録があり、出走数は増えそう、何とか1勝を!

中央競馬 6月実績(ファンド、共有)

日付 馬名 所属 レース名 着順
6月13日 イマジナリーライン 社台TC 3歳1勝クラス 3
6月13日 コロンバスデイ 社台TC 奥の細道特別(2勝クラス) 5
6月20日 イーグルフェザー 社台TC 障害未勝利 10
6月27日 ディライトプロミス キャロット 八ヶ岳特別(2勝クラス) 5

 

地方競馬 6月実績(共有)

日付 馬名 競馬場 レース名 着順
6月2日 トミケンビディ― 大井 3歳 130万 8
6月3日 フォガラ 大井 3歳 220万 9
6月12日 リリープリンセス 園田 紫陽花特別B2 4
6月24日 トミケンビディ― 大井 10億ポイント!大井 7
6月25日 フォガラ 大井 3歳 265万 10
6月26日 リリープリンセス 園田 B2一 6

20年3月の成績

20年3月の成績です

 

無観客競馬になって1か月、競馬場に行けないのは残念ですが、開催されているだけありがたいです。

3月は未勝利でしたが、4月に期待したいと思います。

 

中央(ファンド・共有)

日付 馬名 性別 所属 レース名 着順
3月8日 イーグルフェザー セン 社台TC 総武ステークス 9
3月28日 サイレントクララ LEX 4歳以上1勝クラス 4
3月29日 イマジナリーライン 社台TC 大寒桜賞 7
3月31日 ミュアウッズ 社台GO ミモザ賞 9

 

地方(共有)

日付 馬名 開催 レース名 着順
3月13日 ハイブラゼル 船橋 3歳七 11
3月15日 フォガラ 大井 3歳90万円以下 11
3月16日 アロンジェ 大井 C2九 十 13
3月26日 フレフレサッチー 浦和 C3 4歳ウ 9

今週の出走 3月28日、29日 サイレントクララ、イマジナリーライン、ミュアウッズ

2,3月は中央競馬の出走は少なかったですが、3月最終週、3頭が出走です。

中山に応援に行く予定でしたが、馬主も自粛要請、これは仕方ないですね。

3月29日、関東は雪予報になっていますが、何とか無事に開催して、無事に走ってほしい、望むのはそれだけです。

再開されるまでじっと耐える、そして、再開までじっと耐えることに喜びをおぼえたいと思います。

日付 馬名 性別 年齢 所属 レース名 R 開催
3月28日 サイレントクララ 4 LEX 4歳以上1勝クラス 8 中山
3月29日 ミュアウッズ 3 社台GO ミモザ賞 9 中山
3月29日 イマジナリーライン 3 社台TC 大寒桜賞 9 中京

 

イマジナリーライン、デビュー

社台TC出資馬ウォードルベリー17改めてイマジナリーライン、今週土曜日、中山6R 新馬戦でデビュー予定です。

ファンド出資馬のデビューはこれまで何度も経験していますが、もともと、この世代はアーリーアメリカン17に出資しましたが、残念ながら育成途中でデビュー断念、イマジナリーラインに出資しました。

自分にとって出資馬は無事に走ってくれること、それぞれです。イマジナリーライン、とにかく無事を祈ってます🤲

イマジナリーライン 山元TCに移動

今年のファンド(イマジナリーライン、社台TC)、オーナーズ(ミュアウッズ)は仕上がりが遅めで、まだ、デビュー前です。

3月くらいになると、居残り勉強でまわりがほとんど終わっているにもかかわらず、一人残されている感が強いですが、10月半ばだと、もうそろそデビューしてほしいなぁと思うころですよね。
馬にとって本当によいかどうかはわかりませんが、番組としては、早くデビューして勝ち上がる傾向が強くなっているので、焦っても仕方ないですが、はやくデビューしてほしいですよね。

そのなかで、ファンド出資のイマジナリーラインがようやく北海道から本州の山元TCに移動しました。

この中間も社台Fで順調に乗り込まれ、直線坂路コース(1000m)では10月10日に2F28.5-14.1秒を、12日には3F37.8-24.7-12.2秒を余力充分の手応えでマークしています。少し真面目に走り過ぎる面はありますが、体力面での充実は顕著で、予定どおり美浦TCへの入厩に備えて、本日10月18日(金)発で山元TCへ移動しています。出発前の馬体重は516kgです。

ここから山元TCで調整して、ゲート試験、年内デビューくらいでしょうか。まずは、無事のデビューを祈るばかりです。

19年9月 社台ファームで撮影

2歳馬の状況

締め切りでテンパっていて、なかなか更新できず久しぶりの更新です。

このシーズン、そろそろ、2歳馬が走りだしてますよね。年が明けると本格的に焦る、そして、今後、年明けの新馬もなくなるということなので、なるべく早くデビューしてもらいたいものですが、なかなかそうはいかず、まあ、馬優先なので、仕方ないですね。

イマジナリーライン(社台F、ウォートルベリー17、社台TC)

この中間はアクシデントもなく、じっくり乗り込みを重ねており、週3日は直線坂路コース(1000m)に入っています。7月16日には2F31.4-15.8秒を、20日にも2F29.7-14.7秒の時計をマークしており、だんだんと道中の力みは解消されつつあります。ただ若干前捌きには硬さが残るため、そこだけは十分注意しながら、これからさらにペースを上げていくことにします。現在の馬体重は510kgです。

ミュアウッズ(ノーザンF、カリフォルニアネクター17、中央OW)

現在は週2日はトレッドミルの運動、週2日はミニトラックでハッキングキャンター、週2日は坂路でハロン14~15秒のキャンターを1本のメニューを消化しています。大きな体を持て余しており、走りにまとまりを欠いています。しばらくはNF天栄で鍛えた方が良さそうです。現在の馬体重は604kgです。

ミュアウッズ、出資するさいに、この馬体の大きさをどう考えるかについて悩んだのですが、現状ではこれがネックになっているようです。
何とか秋までにはデビューしてほしいですね。

ウォートルベリー17あらためイマジナリーライン

北海道に用事があったので、そのついでに、気になっているウォートルベリー17あらためイマジナリーラインを社台ファームに見学してきました。

昨年のドラフトはシーズアタイガー17をはじめ、希望通りに取れなくて、第3希望のアーリーアメリカン17もファンド解散。
どうしようかなあとおもっていた10月に出資をしたのが、ウォートルベリー17です。

自分にとって、イマジナリーラインのテーマは、株でいうところの「休むも相場」、毎年6月にドラフトで盛り上がりますが、結局のところ、6月時点ではわからないところも多々あると思います。だから、少し成長を待って、秋あたりでグンと成長するまで「待つ」。
このパターンがどこまでワークするか、イマジナリーラインが試金石です。

で、今回の見学では、とても順調です。坂路15:15で乗れていて、オン・オフのスイッチがしっかりしているとのこと、実際、観た感じも五月蠅そうな感じもあまりありませんでした。よい感じで育成できていると思います。

まあ、走るかどうかは実際のレース次第ですが、今年の2歳馬の楽しみが増えました。名前も自分の募集名は不採用ですが、イマジナリーラインはいい名前だと思います。

ダイナアクトレス ⇒ ランニングヒロイン ⇒ スクリーンヒーロー ⇒ イマジナリーライン 

この血統にふさわしい走りをしてほしいですね。まずは、デビューを楽しみにしたいです。