今週の出走 イーグルフェザー バレンタインステークスに出走

先週は、マルーンベルズの思わぬ勝利、ヴェルスパーの2位、この流れを今週も継続したいものですね。今週は、3頭出走予定です。

・ジーガスリッド(キャロット) 3歳新馬・東京 芝1600m   

除外につぐ除外でしたが、ようやく東京で出走します。で、この除外がよい方向に進んでいるようです、「
除外が重なったことで結果的に乗り込めて、馬体重は昨日の段階で482キロと体もだいぶ締まってきましたし、いきなりからでも楽しみな仕上がりになってきましたよ」(友道師)

・コロンバスディ(社台TC) 4歳500万条件 小倉7R 芝2600m

今週2月10日(日)小倉7R・芝2600m戦に減量1kg・川又騎手53kgで出走を予定しています。想定時点では、フルゲート16頭のところに、出走表明馬は12頭のみです。輸送後の状態は良好です。直近の馬体重は464kgで、輸送をうまくクリアしてくれました。きょう(水)はダートコースで追い切り、5Fから68.2-54.6-40.8-12.6秒の時計を馬なりでマークしており、良い状態でレースに臨めそうです。

コロンバスディは、3歳時に何度も惜しい結果ながら、未勝利が続いてます。調教も悪くないので、初勝利を期待です。

・イーグルフェザー(社台TC) 東京10R・バレンタインS(OP・ダート1400m)

孝行息子のイーグルフェザー、今回はバレンタインSに出走します。東京1600mダート専用機ですが、来週のフェブラリーステークスは相手関係から勝ちにくいでしょうね。
今回は1400mと1ハロン短くなり、たぶん、同じクラブでルメール騎手騎乗のエレクトロポップが人気しそうですが、イーグルフェザーの調子も良さそうなので、オープンでの初勝利を期待です。

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

2016年12月に開始したこのブログも早いもので3年目に突入です。

3年間のなかで、もっとも大きな転機はやはり17年7月のJRA馬主資格の取得ですね。
まだ、一頭持ちまではいかないのですが、東京馬主協会をはじめとして競馬の仕組みをより身近に感じることができました。

で、2019年を迎えるにあたって、やはり、今年は共有馬で結果を出したいですね。

社台GOに出資のムニアイン(牡3歳)、カリフォルニアネクター17(牝2歳)、LEX-PROのサイレントクララ(牝3歳)、何とか1勝してもらいたいものです。もう一つよくを出すとしたら、重賞を勝ってみたいですね。今年3歳のルガールカルムは1月12日フェアリーステークス(G3)に挑戦です。これでいいところにいけば、クラシックに夢が広がります。

ま、こればっかりは自分の力ではどうしようもないので、祈るしかできません汗

自分にできるとことがあるとしたら、ドラフトで、1.できるだけ安く、2.コンスタントに走る(お手本はイーグルフェザー、ダート路線でオープンまでたどり着きました)一頭を選択できるようもっと勉強しなくてはと思います。

具体的には今年はモーリス、ドゥラメンテ産駒がドラフトに登場します。ドゥラメンテ産駒はまだわかりませんが、モーリスについては、先日出資したウォートルベリーの17が試金石と思っています。同じスクリーンヒーロー産駒でモーリスは晩成型、ウォートルベリー17も6月の牧場ツアーでの見た目はイマイチでしたが、秋になって良化しています。早期デビューできるかわかりませんが、今年の楽しみな一頭です。というわけで、「Good Looking」でない要素をどう評価するか、牧場ツアー、セリを含めて今年も勉強したいと思います。

今年もよろしくお願いします。

今週の出走:イーグルフェザー、武蔵野Sに挑戦

今週の出走は、イーグルフェザー(社台TC)とコロンバスディ(社台TC)、いずれも小笠厩舎所属の2頭が出走します。

まず、イーグルフェザー、これまでの一口馬主での最大の孝行息子です。10月のテレビ静岡賞での末脚は痺れました。

オープン入りして、今回は、武蔵野Sに挑戦です。

今回は、サンライズノヴァ、インカーネーションなど相手が強いですが、イーグルフェザーもスタートが上手く決まれば、いつもの末脚炸裂で十分チャンスはあると思います。馬券的にもおいしそう。

ここである程度結果がでれば、次は東京1600mダート専用機の大舞台フェブラリーステークスですね、勝手に夢は膨らみますw

コロンバスディは、未勝利ながら500万条件2600m福島に出走します。過去三走、二着と惜しい結果がつづきました。格上挑戦ですが、何としてでも1勝上げてもらいたいです。

イーグルフェザー テレビ静岡賞 勝利

これまでの一口馬主履歴の中での最大の孝行息子ながらも、なかなか1600万条件を勝ち切れなかったイーグルフェザーですが、秋の復帰戦10月7日(日)東京10Rテレビ静岡賞で勝利、通算5勝目でついに自分の一口馬主史上、初のオープン入りです。ヴェルスパーについて今年2度目の口取りができました。

デビューからほぼ観戦してきたのですが、やはり、東京のダートがあってますね。いい意味でワンパターン。ちゃんとスタートが決まるという前提ですが、中段から後段あたりのポジションで、最後1-2ハロンで豪快に差し切る。まさに戸崎ジョッキーのコメント通りだと思いました。

レース後、戸崎騎手からは「レース前は外に出していくイメージでしたが、きょうの隊列はストレスがかからずに、道中はとてもいい感じでした。直線は捌いたというより前の馬がいなくなってポッカリと開いて、普通に抜け出すことができました。器用さのない馬なので、やっぱりワンターンの競馬が合っていると思います」との勝利コメントがありました。また小笠調教師は「これでようやくオープン入りを果たすことができました。このあとは一応11月10日(土)東京・武蔵野S(G3・ダート1600m)が本線で、除外なら11月18日(日)東京・霜月S(Op・ダート1400m・ハンデ)を目指すという二段構えでいくつもりです」と話していました。

つぎは、武蔵野Sもしくは霜月Sの二段構えということです。次の結果は神のみぞ知るのでしょうが、東京ダート1600mといえば、やっぱり、フェブラリーステークスですよね。期待は膨らみますが、まずは無事に走ってくれることを祈るのみです。

3年先の稽古

相撲の格言に「3年先の稽古」があります。稽古をしてもすぐに結果がでるわけではない、むしろ、3年先を見据えて長い視点に立って稽古すべしという。

ビジネスでもそうですが、直近ではなく、長い目でみる、これは大事ですよね。

一口馬主も同じだと思います。出資を決めてから、はやくても出走は1年後、なので、1年後を見据えて出資する、ここに一口馬主の難しさ、面白さがあると思います。

そういう意味で、昨年のドラフト(2017年)は比較的うまくいきました。サンデーTCのルガールカルムは次に期待が持てる新馬勝ち、グループオーナーズのムニアインも未勝利ですが、いずれ勝てるのではないかと。で、キャロットのフィルムフェストも新馬勝ち。

ひるがえって、今年のドラフト(2018年)、まず、サンデーTCはシーズアタイガー17がとれず、キャロットもストールンハート17のみ。で、今週、追い打ちをかけるように期待のアーリーアメリカン17が左後肢跛行のため出資契約の解除。いまのところは、オーナーズのカリフォルニアネクター17が破格のデカさですが、無事に育ってくることを祈るのみです。3年先の稽古という点では、今年は反省の残る稽古でした。最後にLEX-Proがあるので、1頭くらい検討しようと思います。まあ、自分には潤沢に予算があるわけではないので、予算制約線のなかで、最もリターンが得られるラインを見つけることができればと。

さて、今週は10月7日(日)府中 10R テレビ静岡杯(1600万条件)に社台TC イーグルフェザー(牡5歳)が出走します。孝行息子の秋の復帰戦、仕上がりも順調そうで、ライバルも強いですが、楽しみです。

2018年社台ドラフト結果

今年のドラフトは3頭出資です。

社台 アーリーアメリカンの17
地方OW ニライカナイの17
中央OW カリフォルニアネクターの17

アーリーアメリカンの17はは無抽選です。半兄のイーグルフェザーは自分にとっての孝行息子で、今回は父ハーツクライで、芝にも期待が広がりますね。この血統をフォローしていきたいと思います。

カリフォルニアネクターの17は、社台ツアー18で見た通り、桁外れにデカい牝馬です。この桁外れの牝馬をどう育成するか、ノーザンファームの育成が楽しみです。

シーズアタイガーの17は取りたかったのですが、実績が足りず取れませんでした、残念。「運命を穏やかに受け入れ、従う心」これは新渡戸稲造の武士道の心ですが、この運命も穏やかに受け入れて、従いたいと思います。で、3頭の活躍が楽しみです!

2018年ドラフト - オンラインカタログ掲載

 さて、社台ドラフト2018年、オンラインカタログが掲載されました。あとは、カタログ送付、ツアー(6月8日日帰り参加予定)とだいぶ佳境に入ってきました。

 まあ、来年のドラフトシーズンに今年はどんなこと思っていたんだっけと読み返せるように、途中過程を振り返ってみました。といっても、第1希望を確実にとるだけです、ただ、ディープのような高額馬には出資してないこともあり、実績(540万円くらい)はそれほど高くない、かつ、予算も限られているので、うまく票読みする必要がありそうです。

価格発表、厩舎発表、オンラインカタログをへて、現状の候補は

サンデーTC
シーズアタイガーの17
募集の段階からいいなとおもってました、で、厩舎も国枝厩舎で言うことないですね。人気になりそうなので、取れるかどうか。

アイスフォーリスの17
エピファネイア産駒です、ここに書いたように、評価が決まらないうちに新しい種牡馬に出資するというポリシーで、エピファネイア産駒も選択肢の一つと思ってます。

アナスタシアブルーの17
同じく、エピファネイア産駒です、関西で勢いのある高野厩舎で、BMSファルブラブ、これも人気になりそう。

社台TC

アーリーアメリカンの17
同母の初仔イーグルフェザーが自分の出資しているなかで最もパフォーマンスが良く、二匹目のドジョウ狙いですw。あと、厩舎の小笠先生、何頭か出資してますが、馬に無理をさせないけど、かといって、楽をさせない、いい意味でオーソドックスな使い方が好きです。

(外)キトゥンズダンプリングスの17
 さて、悩ましいのがこれです。ここにも書いた通りです。自分のなかでのベンチマークはジャンダルム。ジャンダルムを管理しているのが池江厩舎なので、同馬も池江先生かなあと思ってました。ジャンダルムは、日本の馬場に合わせる(?)意図があったかわかりませんが、父:キトゥンズジョイに母はサンデーサイレンス系のビリーブです。で、ダービーの17着はやはり日本の馬場にあってないということかもしれないです。ただ、キトゥンズダンプリングスの17は、良くも悪くもアメリカンファラオxキトゥンズダンプリングスという日本の馬場には全く考慮してない配合で、ここで化学変化が起きると面白そうだなと思ってます。

 

出資馬応援・日本ダービー観戦記

 5月27日 - 平成最後のダービーの日、東京競馬場にいってきました。

今年のキャッチ「すべては、この熱き日のために」はいいですね。6955頭のサラブレッドの頂点を決める、そんな思いが凝縮されているように思います。

 当日は、ダービーと並行して、今日は出資馬2頭が出走しました。

最初は、第4レース(3歳未勝利芝2000m)のコロンバスディ(社台TC)、新潟での惜しい2着で、ルメール騎手の騎乗で否が応でも勝利への期待が膨らみます。スタートはまずまず、道中3番手くらいにつけて、第4コーナーをまわって、いざ、スパートとというタイミングで、ギアがあがらず、5着。なんとか掲示板でしたが、東京の長い直線は向いてないかもしれないですね。次回は函館を視野にということで、よい選択ですね。未勝利戦も後半になりつつあるので、函館でまずは1勝というところでしょうか。

第11レース(1600万条件薫風ステークスダート1600m)にはイーグルフェザー(社台TC)が出走しました。いつも通り、スタートはやや出遅れで、最後方でのスタート。これはいつものことなので、とくにサプライズなし。で、第4コーナー回って最後の直線、戸崎騎手の「直線で外に出した瞬間、ガツンときました。」というクラブ掲載のコメントのように、ガツンときました。差し切ったと思ったのですが、残念ながらササった分だけ内の馬に出られてしまい惜しい2着。口取はなりませんでしたが、よく頑張ってくれました。

 さて、話は前後して、ダービー。

多くを語る必要はありませんが、よいレースでしたね。

福永騎手がガッツポーズして泣くんだろうな、と思ったら、案の定泣きました、自分ももらい涙です。

19年よく頑張ったと思います。「競馬は人生の比喩」というのがこのブログのコンセプトですが、あきらめずに挑戦する、これですね。

もちろん、彼は未勝利もG1も関係なく、常に勝つことを地道に続けてきたと思うのです、ただ、ダービーを勝ってないというプレッシャーも相当あったと思います。でも、あきらめずに挑戦した結果だと思います。松下幸之助は、成功する秘訣について、成功するまであきらめずに続けることと指摘しましたが、それに通じる点がありますね。
 
 ダービーが終わると、また、次のダービーに向かって走り出します。新しい元号でのダービーが楽しみですね。

 ルメール騎手騎乗コロンバスディ

今週の出走

今週末はダービーディ、ダービー同日に出資馬2頭が出走します。

東京 第4レース 3歳未勝利 コロンバスディ(社台TC)
前回は、三浦皇成騎手のもと新潟芝1800m惜しい2着
今回は満を持してルメール騎手で東京2000mに挑戦です。
強豪は、サトノオンリーワン、値段は桁違いですが、ここで勝利を決めてもらいたいです。

東京 第11レース 薫風ステークス イーグルフェザー(社台TC)
得意の東京ダート1600mでなかなか勝ちきれないイーグルフェザー
今回は、戸崎騎手で挑戦です。
前回の勝利は、天皇賞(秋)直後の12Rだったので、今回はダービー直後の11Rで勝ち星期待。

  

今週の出走

今週は、5日、6日と2頭出走します。

イーグルフェザー 社台TC 東京 9R 立夏ステークス 1600万条件

一番の孝行息子のイーグルフェザーが中1週で出走します。
前回は、内枠かつベストの距離から1ハロン短い1400mで9位に甘んじてしまいましたが、今回は4枠でベストの距離1600mで挑戦です。
競合関係だと、社台グループオーナーズのプラウドスペルが人気になりそうですが、最後の直線の末脚で1600万条件を突破してもらいたいです。

コロンバスディ 社台 新潟 5R  未勝利 芝1800m(牝馬限定)

3月に復帰してから3戦目、前々回5着、前回4着と惜しいところ。
今回はメンツ的にもこの馬にとって悪くなさそうなので、ぜひ、ここで未勝利脱却を。