2歳馬の状況

締め切りでテンパっていて、なかなか更新できず久しぶりの更新です。

このシーズン、そろそろ、2歳馬が走りだしてますよね。年が明けると本格的に焦る、そして、今後、年明けの新馬もなくなるということなので、なるべく早くデビューしてもらいたいものですが、なかなかそうはいかず、まあ、馬優先なので、仕方ないですね。

イマジナリーライン(社台F、ウォートルベリー17、社台TC)

この中間はアクシデントもなく、じっくり乗り込みを重ねており、週3日は直線坂路コース(1000m)に入っています。7月16日には2F31.4-15.8秒を、20日にも2F29.7-14.7秒の時計をマークしており、だんだんと道中の力みは解消されつつあります。ただ若干前捌きには硬さが残るため、そこだけは十分注意しながら、これからさらにペースを上げていくことにします。現在の馬体重は510kgです。

ミュアウッズ(ノーザンF、カリフォルニアネクター17、中央OW)

現在は週2日はトレッドミルの運動、週2日はミニトラックでハッキングキャンター、週2日は坂路でハロン14~15秒のキャンターを1本のメニューを消化しています。大きな体を持て余しており、走りにまとまりを欠いています。しばらくはNF天栄で鍛えた方が良さそうです。現在の馬体重は604kgです。

ミュアウッズ、出資するさいに、この馬体の大きさをどう考えるかについて悩んだのですが、現状ではこれがネックになっているようです。
何とか秋までにはデビューしてほしいですね。

カリフォルニアネクター17とノーザンファームの育成

さて、2018年の生産リーディングはノーザンファームが162億円、2位社台ファーム63億円をトリプルスコアにも近い大差で首位となりました。これはもちろんサンデーR、キャロット、シルクといったクラブの活躍、海外から一流の繁殖牝馬を輸入し、リーディングの種牡馬と交配。さらに、天栄・しがらきをはじめとした強力な外厩、いろいろ要素はありますが、皆がそろって口にするのが「人」、スタッフの高いスキルと施設・血統とが上手く融和し、いまのポジションを築いていると。

で、具体的に「人」のどこが強いか。去年はルガールカルムでその一端を垣間見る機会があったのですが、今年はカリフォルニアネクター17(中央OW)がこれにあたります。この馬は何しろデカいです。6月のツアー時で548kg、19年1月時点で606kg。そして、気性もピリピリしていて、18年11月2日はこんなコメントでした。

現在はロンギ場でフラットワークの運動を行っています。大きな馬体を活かして、ダイナミックな走りをしています。脚元、カイバ食いともに良好で、健康状態は極めて良好です。体力的には周回、坂路で調教を進めることも十分可能ですが、何かあると突発的に暴れたり、危険な動きをすることがあります。もう少し精神的な余裕が出てくるまでは、ロンギ場での運動にとどめます。現在の馬体重は573kgです。

という点で、育成の難しい馬で、これをどう育成するか手腕の問われるところだと思います。

自分の理解では、ノーザンファームの育成は良い意味でオーソドックス。あまり気をてらったことをせずに当たり前のことを当たり前にやる。カリフォルニアネクター17の場合も、坂路で走り込みをせずに、まずは課題の精神面での成長を促す育成に重点をおいており、1月4日のコメントでは精神面での進境がみられます。

現在は週3日は軽めの運動、週3日は屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンターを2本のメニューを消化しています。課題の精神面にも進境がみられ、ペースが上がっても気難しい面をそれほどみせることはありません。調教での動きは良くなっており、トモの緩さにも改善がうかがえます。現在の馬体重は606kgとさらに増えていますが、特に太め感はみられません。引き続き精神面を最重視しながら進めます

まあ、ただ、気性は最も人間の制御できない点でもあり、楽ではないと思います。当たり前ですが、馬とは話せないですしねwただ、この難しい気性をどう競走馬としての強みにかえるか、ここに育成牧場、ひいては、「人」の力によるところが大きく、やはり、ノーザンファームはこれが強いと思います。というわけで、2019年、今年はカリフォルニアネクター17を競馬場で応援できることを楽しみにしています。

3年先の稽古

相撲の格言に「3年先の稽古」があります。稽古をしてもすぐに結果がでるわけではない、むしろ、3年先を見据えて長い視点に立って稽古すべしという。

ビジネスでもそうですが、直近ではなく、長い目でみる、これは大事ですよね。

一口馬主も同じだと思います。出資を決めてから、はやくても出走は1年後、なので、1年後を見据えて出資する、ここに一口馬主の難しさ、面白さがあると思います。

そういう意味で、昨年のドラフト(2017年)は比較的うまくいきました。サンデーTCのルガールカルムは次に期待が持てる新馬勝ち、グループオーナーズのムニアインも未勝利ですが、いずれ勝てるのではないかと。で、キャロットのフィルムフェストも新馬勝ち。

ひるがえって、今年のドラフト(2018年)、まず、サンデーTCはシーズアタイガー17がとれず、キャロットもストールンハート17のみ。で、今週、追い打ちをかけるように期待のアーリーアメリカン17が左後肢跛行のため出資契約の解除。いまのところは、オーナーズのカリフォルニアネクター17が破格のデカさですが、無事に育ってくることを祈るのみです。3年先の稽古という点では、今年は反省の残る稽古でした。最後にLEX-Proがあるので、1頭くらい検討しようと思います。まあ、自分には潤沢に予算があるわけではないので、予算制約線のなかで、最もリターンが得られるラインを見つけることができればと。

さて、今週は10月7日(日)府中 10R テレビ静岡杯(1600万条件)に社台TC イーグルフェザー(牡5歳)が出走します。孝行息子の秋の復帰戦、仕上がりも順調そうで、ライバルも強いですが、楽しみです。

2018年社台ドラフト結果

今年のドラフトは3頭出資です。

社台 アーリーアメリカンの17
地方OW ニライカナイの17
中央OW カリフォルニアネクターの17

アーリーアメリカンの17はは無抽選です。半兄のイーグルフェザーは自分にとっての孝行息子で、今回は父ハーツクライで、芝にも期待が広がりますね。この血統をフォローしていきたいと思います。

カリフォルニアネクターの17は、社台ツアー18で見た通り、桁外れにデカい牝馬です。この桁外れの牝馬をどう育成するか、ノーザンファームの育成が楽しみです。

シーズアタイガーの17は取りたかったのですが、実績が足りず取れませんでした、残念。「運命を穏やかに受け入れ、従う心」これは新渡戸稲造の武士道の心ですが、この運命も穏やかに受け入れて、従いたいと思います。で、3頭の活躍が楽しみです!