セレクトセール2018

 社台ドラフトももう終わり、今年は、難しいですよね。無事に取れてほしいです。

 さて、社台ドラフトも終わると、季節は夏、7月に入るとセリのシーズンですね。2019年に向けての次のドラフト開幕といったところでしょうか。
 
が、そこまで金銭的な余裕はないので、セレクトセールは基本的に「見」ですが、届いたカタログからいくつか興味深いものがありました。

 

 1歳もいろいろありますが、やっぱり、当歳ですね。7月9日の1歳セールは参加できないですが、7月10日の当歳はおそらく買わないと思いますが、参加しようと思います。で、2018年産駒は、ディープインパクトもそこそこありますが、セレクトセールでは、ドゥラメンテ、モーリス、Frankelなんかもあり、種牡馬路線が徐々に変わりつつあるように思います。2019年、来年の社台ドラフトのプレリュード(前奏曲)かもしれないですね。個人的に興味深いのは

・317 サンデースマイルⅡの2018 (父:キングカメハメハ):16年サンデー出資(父:ロードカナロア、牝、ルガールカルム)の母、父はキングカメハメハです。ルガールカルムは、デビューはまだですが、育成は順調で、この血統の牡馬は注目ですね。結果がでれば、種牡馬もありえそうですし。

・348 スノーパインの2018(父:Frankel) ;母の代表産駒はタワーオブロンドン、父フランケル

・401:シュガーハートの2018(父:ブラックタイド):言わずと知れたキタサンブラックの全弟、ま、当歳はみてもわからないですよね。でも、人気になるでしょうね。落とすのはDMMあたりでしょうか。

・480:ソムニアの2018(父:ルーラーシップ);これも社台中央オーナーズ出資のムニアイン(父:キングヘイロー、母:ソムニア)の半妹です。父がキングヘイローからルーラーシップになりました。ムニアインは、出資時の体重が500㎏近くだったので迷いはありませんでしたが、1年後、ルーラーシップ配合でどれくらいになるか興味ありですよね。

2018年の当歳がデビューするのは、2020年以降ですが、今後のドラフトを見据えて、勉強したいと思います。

 

一口馬主の愉しみ - 新しい種牡馬に夢をかける

一口馬主の愉しみの一つは新しい種牡馬との出会いがあると思います。

株にたとえてみればIPO(新規株式公開)のようなもので、まだ評価が定着していない、でも、評価が定着していないからこそ、種付け料もそれほど高くなく、比較的出資しやすい。で、一旦、評価が定着すると、ここに書いたディープインパクトのようにとんでもなく種付け料が上がってしまいます。走るか走らないかわからない、でも、新しい種牡馬に夢をかける、これが一口馬主の愉しみの一つではないかと思うのです。

さて、昨年末に引退したキタサンブラック、早くも記事になりました。今年、150~200頭に種付けするという。

http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=132585

総額13億5000万円(1口2250万円×60口)のシンジケートが組まれ、既に北海道安平町の社台スタリオンステーションで、種牡馬としての新生活をスタートさせている。花嫁には国内外のG1で7勝を挙げたジェンティルドンナの母ドナブリーニなどが決定済み。オーナーがブラック用にフランスで買い付けたディステイン(5歳牝馬)も既に来日した。試験種付けも上手といい、150~200頭との交配が予定されている。

基本的には、ノーザンファームの戦略の一つである、ディープ×海外繁殖牝馬のパターンを踏襲してキタサンブラック×海外繁殖牝馬というかんじなんでしょうね。強い種牡馬と繁殖牝馬、強い馬作りには当たり前と言えば当たり前なんでしょうが、その当たり前をキッチリやり遂げる、ここにノーザンファームの強さがあるような気がします。

で、キタサンブラック産駒は、18年種付け → 19年出産 → 20年1歳 → 21年2歳 というわけで、当歳を除いて一口馬主もしくはセールで募集が始まるのが2020年夏、デビューは2021年夏以降というわけで、募集まであと2年、デビューまであと3年ですね。

キタサンブラック産駒がデビューする2021年までは続々と新種牡馬産駒がデビューします。とくに注目は2020年のドゥラメンテ、モーリスあたりでしょうか。来年の社台ドラフトで話題になりそうですね。2020年のオリンピックイヤーに両産駒がデビュー、2021年キタサンブラック産駒がデビューする年にどの産駒がダービーを勝つのか今から楽しみです。ま、新種牡馬だからといってまったく走らない可能性もあります、それも「夢をかけた」結果であり、よしとしましょう。

2017年デビュー オルフェーブル、ロードカナロア
2018年デビュー ジャスタウェイ、ダンカーク
2019年デビュー エピファネイア、キズナ
2020年デビュー ドゥラメンテ、モーリス
2021年デビュー キタサンブラック

キタサンブラック引退式

17年の有馬記念にいけなかったので、改めて18年1月7日 キタサンブラック引退式@京都競馬場にいってきました。

「競馬は人生の比喩である」 - このブログでは何度か登場するキーワードですが、キタサンブラックから本当にこの意味を学びました。

競馬の愉しみの一つは、その血が受け継がれることですよね。キタサンブラックの血を受け継いだ仔馬は、2021年以降デビューすると思いますが、どんな活躍を見せるか、楽しみです。
そして、引退式で武豊ジョッキーは、キタサンブラックの仔でG1を勝ちたいと語っていたので、武豊+キタサンブラック産駒のコンビに期待ですね。

11月26日 ジャパンカップ観戦記

 残念ながら今週は愛馬の出走はありませんが、ジャパンカップの観戦に東京競馬場にいきました。

 いい天気でしたね、風はやや強かったものの、10月28日の秋天とは打って変わっての晴天、「本日天気晴朗ナレドモ波高シ」といったところでしょうか。

 キタサンブラックの秋天でのあの強さを間近で見た自分にとっては、何がくる?というよりは、むしろキタサンブラックがどんな走りを見せるか、自分にとってはむしろこれがテーマでした。

 15:40、大声援のなかスタート、秋天とはまたも打って変わってまさかのハナをきるキタサンブラック。武豊騎手をして、どんな競馬でも対応できると言わしめたキタサンブラック、最後方から先方をうかがうのも競馬だし、ハナを切るのも競馬なんだろう。

 そして、先頭に立ったまま第4コーナーをまわり、府中の長い坂を誰もがキタサンブラックがその坂をのぼりきれるとおもった瞬間に伏兵のシュバルグランが上手く差し切りました。あ~、と自分を含めてみんなでどよめきました。でも、これが勝負、キタサンブラックをマークして、最後に差し切ったボウマン騎手を含めた陣営に拍手を送りたいです、素晴らしいレースでした。

 ま、馬券的には負けました。でも、こんな見ごたえのあるレースに立ち会えてよかったです。いやぁ、競馬って本当にいいもんですね~


スタートしてキタサンブラックがハナを切っている図