時代はまわる 愛馬近況

時代はまわる - 競馬にとって、ダービーが年度の移り変わりですが、8月終わりから9月ももう一つの移り変わりですね。愛馬のデビューと別れのシーズンです。

15年産駒の別れは

・ヘヴンリーブライド(キャロット) 芝8戦するも未勝利、中盤までいいペースで進むも後半で苦しくなり、勝ちきれず
・ヴォレダンルシエル(キャロット) 芝⇒ダートに転向も勝ちきれず
・レイロー(ワラウカド) 気性面の難しさが改善せず
・ブルーインパルス(ワラウカド) 前浅屈腱炎により引退

15年産駒の勝ち上がりは、ヴェルスパー(サンデーTC)、ディライトプロミス(キャロット)の2頭で、今週の日曜日札幌開催でコロンバスディ(社台TC)が勝ち上がりを賭けます。
勝ち上がりというのは一つの指標ですが、こう見ると難しいですね。もうすこし馬の見方について研究が必要と思っています。
とくに、キャロットは3頭出資で勝ち上がり1頭、ワラウカドは2頭とも勝ちきれず、今年はこれを糧にして次回うまく勝ち上がれるようにしたいですね。

さて、15年産駒の別れとともに16年産駒のデビューも始まります。9月にデビュー予定は

・ムニアイン(中央オーナーズ) 9月8日中山芝2000Mでルメール騎手でデビュー予定、JRA馬主資格取得初の共有です
・ルガールカルム(サンデーTC) 9月22日中山でデビュー予定

人間にも出会いと別れがあるように、馬にも出会いと別れがありますよね。別れはさみしいですが、新しい出会いに期待したいと思います。

キャロットドラフト2018開幕

さて、キャロットの価格が発表されて、2018年のドラフトも最終段階ですね。

で、ドラフトって何だろう、って考えてみました。

野球とかスポーツのドラフトはシンプルですよね。
目的はゲームに勝つこと、リーグで優勝すること、そのために、足りない戦力を補強する。

一口を含む馬主にとって、この目的を決めるのは結構難しいのではないでしょうか。

自分が思いつく範囲では、馬主にはいくつかの目的はありますよね。

1.儲けたい → これは当たり前ですよね。基本はおカネを出して、そのリターンを求めているわけで。そうなると、1.できるだけ安い馬に出資する、もしくは、2.重賞・G1が高い確率で取れそうな馬に出資する、あたりでしょか。

2.ダービーに勝ちたい → セレクトセールで超良血馬を買うんでしょうかね。「必勝法」がないので、これはレベルが高い目的ですよね。

3.好きな馬・血統・牧場・騎手等を応援したい → 馬主活動が純粋な投資であるとしたら、リターンも高いですが、不確定要素が高すぎますよね(金融の用語ではボラティリティが高い)。むしろ、応援したいという目的もあるのではないかと。

自分はいえば、1と3の間ですかね。まだ実現してはいないのですが、いつか種牡馬となる牡馬に出資して、出資した牝系につけて、走らせるみたいなことができたらなあと思っています。

まあ、これは人それぞれ、それぞれの愉しみがあっていいのかなと。

というわけで、キャロットドラフト、社台では牝馬(カリフォルニアネクターの17、アーリーアメリカンの17)だったので、愛着のある牝系にくわえて、牡馬を狙ってみたいと思います。

キューの17
アヴェンチェラの17
パロネスサッチャーの17

あたりが候補です。ツアーにも参加予定で、しっかり見て判断したいと思います。

2017年の振り返り

さて、月日が経つのは早いものであっという間に2017年の最終日になりました。

2012年に出資したアスペンツリー(社台TC)にはじまり、今年で一口馬主も5年目です。

今年の成績は、出走数38回で優勝は5回、当初の目標である10勝には届かなかったですが、無事に走ってくれました。愛馬に感謝です。
世代別だと、

4歳:イーグルフェザー(社台TC) 1600万条件から1000万条件に降格も10月29日の三峰山特別で見事勝利、ブログ記事、来年は1600万条件を越えてオープンにいってもらいたいですね。

3歳:期待していたスターストラック(サンデーTC)が屈腱炎で引退、現在、ゼロです。

2歳:ヴェルスパー(サンデーTC)、ディライトプロミス(キャロット)が未勝利戦で勝利、500万条件です。コロンバスディ(社台TC)、ヘブンリープロミス(キャロット)、ヴォレダンルシエル(キャロット)、レイロー(ワラウカド)、ブローインバブルス(ワラウカド)が未勝利、ここをどう勝ち上がるかですね。

来年は1歳世代に社台オーナーズ(ソムニアの16)、レックスプロ(サイレントクロップの16、シークレットコードの16)の10分の1所有もデビュー予定で、ちょっと幅が広がりそうです。ただ、願うことはただ一つ、愛馬が無事に走ってくれることです。来年も愛馬の応援に週末は競馬場に通おうと思います。

キャロット16年産駒出資馬の状況

キャロット16年産駒出資馬の状況が更新されました。
公式ホームページより備忘録を兼ねて抜粋です。

アウトオブタイムの16 牡黒鹿毛’16/3/14生
馬体重:468kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハッキングで1本登坂しています。早来ファーム在場時は大きな怪我や病気をすることなく、カイバ食いも良好で、着実な成長を見せていたように充実した日々を過ごすことができました。空港牧場での本格的な調教を経て、更にパワーアップした姿を見せてくれることを楽しみにしています。

ユールフェストの16 牝青鹿毛’16/1/30生
馬体重:442kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン18~20秒のキャンターで2本登坂しています。空港牧場へ移動してきた当初は気の強さを見せることがありましたが、跨って動かす頃には素直で手を焼くことも少なくなってきました。まだ緩さが残り、非力な面はありますが、胸や肩周りのボリュームからゆくゆくは雄大な馬体を手に入れ、パワフルなフットワークを見せてくれることでしょう。

シードオブハピネスの16 牝黒鹿毛
馬体重:384kg 
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン20秒のキャンター1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。徐々に体はフックラしてきており、着実に成長してきていることが分かります。馴致もスムーズに受け入れることができていましたので、次のステップへ移行するまでにそう時間はかからないでしょう。

ハルーワソングの16 牡栗毛’16/2/23生
馬体重:455kg 
騎乗馴致を終えて、現在はロンギ場でフラットワークを開始しており、併行して調教場での馬場見せも行っています。物や音に対して特に敏感なところがあり、慣れるまでに時間はかかっていますが、現状を見る限りでは慎重に進めていけば問題なさそうです。イヤリングから移動してきた当初に比べて体は徐々に引き締まってきているので、今後も心身の状態に合わせて適切な負荷をかけていければと思います。

キャロット申し込み結果

キャロットの2017年出資が確定しました。今年はこの4頭です。
去年は、ロードカナロア産駒中心でしたが、今年はバラバラです。
それぞれの種牡馬の特徴をつかみたいというのも目的としてあります。

アウトオブタイムの16 (牡、父:ジャスタウェイ)
ユールフェストの16 (牝、父:スクリーンヒーロー)
シードオブハピネスの16 (牝、父:ロードカナロア)
ハルーワソングの16(最優先、牡、父:ヴィクトワールピサ)

来年、どんな走りをみせてくれるのか、いまから楽しみです。

今週の出走(17年9月3日)

今週は、キャロット所属のディライトプロミス(牝、2歳)が新潟競馬(2歳新馬・ダ1200m)にM.デムーロ騎手で出走です。

1年前のクラブコメントでは、「日本ではあまり馴染のない父の産駒となりますが、ミスプロ系らしい力強いキャンターには奥の深さを感じさせますので、その背中に跨って本格的な騎乗調教を開始する日が実に楽しみです。」とあり、この血統でどんな走りを見えてくれるか楽しみです。

近況と今週の出走

はやいもので8月ももう終わり、夏競馬も終盤で、秋開催が近づいてきました。

以下、近況です、全般的に勝利が遠いですが、秋にかけて期待です。

・4歳以上
イーグルフェザー(社台TC、4歳) 8月13日(日)新潟9R・麒麟山特別(ダート1800m・ハンデ)に横山典弘騎手57.5kgで出走、直線では弾けることなく終わり、勝ち馬と2.5秒差の11着入線

・3歳
スターストラック(サンデーTC、3歳) 前のエントリー通りレパートSに出走も、8着、

パルフェクォーツ(キャロット 3歳)放牧、中山の未勝利限定戦も難しそう

キスミーダーリン(キャロット 3歳) NF天栄にて調整中

・2歳
ヴェルスパー(サンデーTC、2歳)今週8月27日(日)新潟5R・芝1200m戦に54kg吉田隼人騎手で出走・デビューが確定

ディライトプロミス(キャロット 2歳)9月3日の新潟競馬(2歳新馬・ダ1200m)にM.デムーロ騎手で出走を予定

中央競馬馬主については、先日、馬主バッジも届き、ようやく実感がわいてきました。
家から近いことと府中コースが一番好きなので、東京馬主協会に入会させていただこうと思っています。

今週の出走(17年8月6日)

今週は新潟で出資馬2頭が出走します。新潟に応援の予定です。

キスミーダーリン (キャロットクラブ) 
新潟第4レース 3歳未勝利・芝1600m 

長い間調整が続きましたが、ようやくデビューとなりました。結果を期待します!

スターストラック(サンデーレーシング)
新潟第11レース レパードS ダート 1800m
前走では、最後伸びきって完勝、次走は相手は強豪ぞろいも好走を期待。

今週の出走

キャロット所属の愛馬 パルフェクォーツ が1月22日(日)中山5R芝2000mに出走します。

鞍上ルメール騎手のもと惜しい展開のまま、未勝利で勝ちきれないまま、芝・ダートいずれも検討しながら、古賀師の

「有力と見ていた馬もいないようですし、全体的にも跳び抜けて強い馬がゴロゴロしているようにも映らなかったので、芝の2000mを使わせていただきます」(古賀慎師)

初勝利を期待です。