セレクトセール2018

 社台ドラフトももう終わり、今年は、難しいですよね。無事に取れてほしいです。

 さて、社台ドラフトも終わると、季節は夏、7月に入るとセリのシーズンですね。2019年に向けての次のドラフト開幕といったところでしょうか。
 
が、そこまで金銭的な余裕はないので、セレクトセールは基本的に「見」ですが、届いたカタログからいくつか興味深いものがありました。

 

 1歳もいろいろありますが、やっぱり、当歳ですね。7月9日の1歳セールは参加できないですが、7月10日の当歳はおそらく買わないと思いますが、参加しようと思います。で、2018年産駒は、ディープインパクトもそこそこありますが、セレクトセールでは、ドゥラメンテ、モーリス、Frankelなんかもあり、種牡馬路線が徐々に変わりつつあるように思います。2019年、来年の社台ドラフトのプレリュード(前奏曲)かもしれないですね。個人的に興味深いのは

・317 サンデースマイルⅡの2018 (父:キングカメハメハ):16年サンデー出資(父:ロードカナロア、牝、ルガールカルム)の母、父はキングカメハメハです。ルガールカルムは、デビューはまだですが、育成は順調で、この血統の牡馬は注目ですね。結果がでれば、種牡馬もありえそうですし。

・348 スノーパインの2018(父:Frankel) ;母の代表産駒はタワーオブロンドン、父フランケル

・401:シュガーハートの2018(父:ブラックタイド):言わずと知れたキタサンブラックの全弟、ま、当歳はみてもわからないですよね。でも、人気になるでしょうね。落とすのはDMMあたりでしょうか。

・480:ソムニアの2018(父:ルーラーシップ);これも社台中央オーナーズ出資のムニアイン(父:キングヘイロー、母:ソムニア)の半妹です。父がキングヘイローからルーラーシップになりました。ムニアインは、出資時の体重が500㎏近くだったので迷いはありませんでしたが、1年後、ルーラーシップ配合でどれくらいになるか興味ありですよね。

2018年の当歳がデビューするのは、2020年以降ですが、今後のドラフトを見据えて、勉強したいと思います。

 

ルガールカルム近況

サンデーRに一口出資しているルガールカルム、5月18日に近況が更新されました。

ルガールカルムにみる馬の育て方に書いたように、馬をどう育てるかについて、ノーザンファームの育成からとても学ぶ点があります。

この学ぶべき点は、やっぱりメリハリ、ですね。バリバリ一辺倒に負荷をかけてトレーニングするだけでもなく、かといって、馬のなすがままに放置するわけでもない、緩急自在に、ときには負荷をかけながらも、ときにはリフレッシュ促す、このメリハリがうまく効いていると思います。坂路調教のような施設、海外の重賞を勝ってる繁殖牝馬、そして、馬を育てる人とノウハウ、ノーザンファームの強さはここにあるのかなあと思います。

で、5月18日の近況によれば、引き続き順調に育成が進んでいるようです。まあ、生き物なので何があるかわかりませんが、このまま順調に入厩、デビューといってほしいですね。

現在は週1日は屋内周回コースでハッキングキャンター2500m、週2日は屋内坂路で乗り込まれています。屋内坂路では、週1日はハロン17秒とハロン14~15秒のキャンターを1本ずつ、もう1日はハロン17秒とハロン15~16秒のキャンターを1本ずつ消化しています。引き続き折り合いに注意をはらいながら進めていますが、他の面はまったく心配がなく、順調そのものです。もう少し乗り込んだところで入厩の段取りを組みたいと考えています。現在の馬体重は486kgです。

ルガールカルムにみる馬の育て方

2017年のドラフトで出資したサンデースマイルⅡの16あらためルガールカルム、サンデーレーシングの公式HPで近況がアップデートされました。

引き続き週3日は軽めの運動、週3日は屋内坂路でハロン16~17秒のキャンターを2本という調教メニューを消化しています。この中間に2週間はウォーキングマシン、トレッドミルの運動にとどめて、心身のリフレッシュを促しました。リフレッシュ効果もあり、乗り出してからは活気十分の動きをしています。カイバ食いも良く、ボディーコンディションもいいので、これからはバリバリと乗り進めていきます。3月下旬に計測した体高は160cm、胸囲は178cm、管囲は20.2cm、馬体重は474kgでした。

いつも勉強させていただいているイスラボンさんのブログにも「よい傾向」というご指摘のように、順調に来ているようです。

それで思ったのが、ノーザンファームの馬の育て方です。

2月の近況では「欲を言えば、もう少し筋肉がついてほしいところです。」というコメントもあり、その対応として「心身のリフレッシュを促しました」なのかなぁと個人的には思ってます。たんにバリバリ調教するのではなく、かといって、放置するのでもなく、このあたりのバランス、そして、それを実現する調教施設、スタッフのスキル、こうした馬の育て方が、7年連続、ぶっちぎりの生産牧場リーディングを獲得している強さの一つではないかなあと思います。もちろん、社台グループの強力な種牡馬、海外からG1級の繁殖牝馬の導入などいろいろありますが、やはり、それを上手く育てる力も重要なんだと思いました。

ルガールカルム、いまは順調かもしれませんが、突然のアクシデントもあるかもしれません。そうしたアクシデントなく、無事にデビューまでこぎつけてもらえればなあと。

9月18日 追分ファームリリーバレー・ノーザンファーム訪問 

9月17日に北海道札幌への出張があり、それに合わせて追分ファーム・リリーバレー、ノーザンファーム空港、ノーザンファーム・イアリングを訪問しました。
あいにく台風18号が接近しており、ちょうど、台風が過ぎ去ったよいタイミングでした。2016年に出資したのは以下の3頭を見学しました。

アスペンアベニューの16(父:ヴィクトワールピサ、クラブ名:社台TC)  自分にとって初めての一口馬主が、アスペンアベニューの2011、アスペンツリーでした。スペシャルウィークを父にした産駒。2013年10月 田中勝春騎手で新馬勝ち、期待されながらも、なかなか勝ちきれないながらも、2016年3月,500万条件を勝利、が、右前関節炎のため跛行となり、現役引退となりました。そして、そのアスペンツリーの母アスペンアベニューが父:ヴィクトワールピサをつけたアスペンアベニューの2016、体重461kg、順調に成育が進んでいます。

サンデースマイルⅡの16(父:ロードカナロア、クラブ名:サンデーR) ”賢くて落ち着いている”というのが牧場の方々のコメントでした。当日は強風にもかかわらず、落ち着き払ってはらっていました。

ソムニアの16(父:キングヘイロー、クラブ名:社台オーナーズ):今年、JRA馬主免許を取得して、はじめての10分1出資です。体重は501㎏、キングヘイローに似たきめ細かな筋肉がついています。