社台ファーム訪問

3月9日札幌に予定があったので、翌日3月10日社台ファームを訪問しました。

昨年末に出資したサイレントクロップの16、シークレッドコードの16が気になってました。


サイレントクロップの16:馬体重467kg、順調に育成中、こちらは新規開業の幸四郎先生に預託予定です。新規開業で結果を出してもらいたいものです。


シークレッドコードの16:馬体重402kg,まだ小さいものの父キャプテントゥーレも小さかったこと、飼葉食いもしっかりしているとのこと。

今回は時間の関係で社台ファームだけでしたが、いろいろなお話をお伺いできて、よい時間を過ごさせていただきました。

そして、サイレントクロップの16、シークレッドコードの16、今年のデビューに期待です!

2017年の振り返り

さて、月日が経つのは早いものであっという間に2017年の最終日になりました。

2012年に出資したアスペンツリー(社台TC)にはじまり、今年で一口馬主も5年目です。

今年の成績は、出走数38回で優勝は5回、当初の目標である10勝には届かなかったですが、無事に走ってくれました。愛馬に感謝です。
世代別だと、

4歳:イーグルフェザー(社台TC) 1600万条件から1000万条件に降格も10月29日の三峰山特別で見事勝利、ブログ記事、来年は1600万条件を越えてオープンにいってもらいたいですね。

3歳:期待していたスターストラック(サンデーTC)が屈腱炎で引退、現在、ゼロです。

2歳:ヴェルスパー(サンデーTC)、ディライトプロミス(キャロット)が未勝利戦で勝利、500万条件です。コロンバスディ(社台TC)、ヘブンリープロミス(キャロット)、ヴォレダンルシエル(キャロット)、レイロー(ワラウカド)、ブローインバブルス(ワラウカド)が未勝利、ここをどう勝ち上がるかですね。

来年は1歳世代に社台オーナーズ(ソムニアの16)、レックスプロ(サイレントクロップの16、シークレットコードの16)の10分の1所有もデビュー予定で、ちょっと幅が広がりそうです。ただ、願うことはただ一つ、愛馬が無事に走ってくれることです。来年も愛馬の応援に週末は競馬場に通おうと思います。