2017年の振り返り

さて、月日が経つのは早いものであっという間に2017年の最終日になりました。

2012年に出資したアスペンツリー(社台TC)にはじまり、今年で一口馬主も5年目です。

今年の成績は、出走数38回で優勝は5回、当初の目標である10勝には届かなかったですが、無事に走ってくれました。愛馬に感謝です。
世代別だと、

4歳:イーグルフェザー(社台TC) 1600万条件から1000万条件に降格も10月29日の三峰山特別で見事勝利、ブログ記事、来年は1600万条件を越えてオープンにいってもらいたいですね。

3歳:期待していたスターストラック(サンデーTC)が屈腱炎で引退、現在、ゼロです。

2歳:ヴェルスパー(サンデーTC)、ディライトプロミス(キャロット)が未勝利戦で勝利、500万条件です。コロンバスディ(社台TC)、ヘブンリープロミス(キャロット)、ヴォレダンルシエル(キャロット)、レイロー(ワラウカド)、ブローインバブルス(ワラウカド)が未勝利、ここをどう勝ち上がるかですね。

来年は1歳世代に社台オーナーズ(ソムニアの16)、レックスプロ(サイレントクロップの16、シークレットコードの16)の10分の1所有もデビュー予定で、ちょっと幅が広がりそうです。ただ、願うことはただ一つ、愛馬が無事に走ってくれることです。来年も愛馬の応援に週末は競馬場に通おうと思います。

スターストラック引退

さよならだけが人生だ - 人生でも競馬の世界でも、別れは突然やってくるものです。

競馬の場合は、3歳未勝利戦で勝ち上がれない場合、ある程度、”別れ”はわかるものですが、突然の別れもあります。

サンデーレーシング所属の一口出資馬 スターストラック、 2歳でデビューしたのは、7月24日の福島新馬戦、芝ではなかなか勝ち上がれず、ダートに展示した10月1日の中山開催で初勝利、その後も、500万条件、檜山特別(1000万下)を連勝。重賞もいけるかという、今年8月のレパードSは現地観戦したものの8着。初勝利からちょうど1年後の10月1日中山内房S(1600万下)で10着、歩様がおかしいということでチェックした結果、重度の屈腱炎が判明し、引退となりました。

屈腱炎はサラブレッドの宿命といえども、やはり、残念です。でも、スターストラックには素敵な夢をみさせてもらいました。ありがとう。

近況と今週の出走

はやいもので8月ももう終わり、夏競馬も終盤で、秋開催が近づいてきました。

以下、近況です、全般的に勝利が遠いですが、秋にかけて期待です。

・4歳以上
イーグルフェザー(社台TC、4歳) 8月13日(日)新潟9R・麒麟山特別(ダート1800m・ハンデ)に横山典弘騎手57.5kgで出走、直線では弾けることなく終わり、勝ち馬と2.5秒差の11着入線

・3歳
スターストラック(サンデーTC、3歳) 前のエントリー通りレパートSに出走も、8着、

パルフェクォーツ(キャロット 3歳)放牧、中山の未勝利限定戦も難しそう

キスミーダーリン(キャロット 3歳) NF天栄にて調整中

・2歳
ヴェルスパー(サンデーTC、2歳)今週8月27日(日)新潟5R・芝1200m戦に54kg吉田隼人騎手で出走・デビューが確定

ディライトプロミス(キャロット 2歳)9月3日の新潟競馬(2歳新馬・ダ1200m)にM.デムーロ騎手で出走を予定

中央競馬馬主については、先日、馬主バッジも届き、ようやく実感がわいてきました。
家から近いことと府中コースが一番好きなので、東京馬主協会に入会させていただこうと思っています。

2回新潟4日目観戦記

8月6日(日)新潟競馬場にいってきました。
目的は一口で出資しているキスミーダーリン(キャロット)とスターストラック(サンデーR)の応援です。今回は初の馬主席です。

第4レース 3歳未勝利 芝1600m  キスミーダーリン(キャロット)
発表されたキスミーダーリンの馬体重は406kg、正直きついなあと思いました。
9月に終わる3歳未勝利で、もう残りのチャンスは数えるくらいしかない。
ゲートが開く、スタートはまずまず、後方につけて、じっと待つ展開。
が、競馬はそこまで。その後は、見せ場もなく、15着。

第11レース レパードステークス ダート1800m  スターストラック(サンデーR)
前走の函館で強い勝ち方をしたこともあり、強力なメンツがそろっているなかでも、健闘を期待していました。
後方からのスタートで、最後はじわじわ伸ばすも、先頭集団に食い込めずに8着。

いずれも今回は口取はできませんでした、が、2頭は頑張ってくれました。次走に期待です。

はじめての新潟競馬場でしたが、娯楽が都心と比べて多くない新潟にとってのエンターテインメントスポットと感じました。
意図的に子供向けイベントなども増やしているので、子供がいっぱいで、とても明るい競馬場でした。
夏になると、新潟の競馬場にいくというのが、溶け込んでいるのかもしれないですね。

今週の出走(17年8月6日)

今週は新潟で出資馬2頭が出走します。新潟に応援の予定です。

キスミーダーリン (キャロットクラブ) 
新潟第4レース 3歳未勝利・芝1600m 

長い間調整が続きましたが、ようやくデビューとなりました。結果を期待します!

スターストラック(サンデーレーシング)
新潟第11レース レパードS ダート 1800m
前走では、最後伸びきって完勝、次走は相手は強豪ぞろいも好走を期待。

スターストラック2勝目

スターストラック、中山4R・ダート1800m戦に54kg木幡巧也騎手で出走し優勝、通算8戦2勝です。

前々走は13着、前走は5着と着実に力をつけており、今回、待ちに待った勝利でした!予定があって口取にいけず、残念。

次は未定とのこと、芝を使ってほしいなあと個人的には思います。いずれにせよ、これからも無事に走ってもらいたいです。

なかなか

なかなか思うようにいかないものです。

イーグルフェザーはライアン・ムーア騎手で決めてくれると期待していましたが、最後の加速がきかずに5位
スターストラックは、残り200mまで先頭集団でしたが、最後にかわされ5位
ホルニッセは、左前脚の蹄を痛めてしまったため、残念ながら回避

でも、動物相手ですからね、思うようにいかないのは当たり前かもしれないです。
それを受け入れて、ポジティブに次に考えて行きたいと思います。

先週の結果

イーグルフェザー(社台TC)
2月11日(土・祝)東京・銀嶺S(ダート1400m・ハンデ)にライアン・ムーア騎手56kgで出走、馬体重は前走から増減なしの486kgでした。揃ったスタートを切り、後ろから5頭めの位置を追走しました。4コーナーで馬群の中に突っ込んでいき、追われてから差を詰めましたが、いつもの切れがなく5着に敗れています。勝ち馬からは0.9秒差でした。

スターストラック(サンデーレーシング)
2月12日(日)東京5R・ダート1600m戦に54kg木幡巧也騎手で出走し、勝ち馬から0秒4差の5着、馬体重は前走から2kg増の516kgでした。抜群のスタートを切ると、5~6番手の外の位置取りでレースの流れに乗りました。直線入口での手応えもよく、直線半ばでは先頭に並びかけてきました。残り200m過ぎから後方で脚をためていた馬が台頭し、着順を落としてしまいましたが、見せ場十分のレースでした。

ホルニッセ(地方オーナーズ)
2月14日(火)大井4R(12時30分発走)・3歳90万円以下・距離1200m戦への出走を予定していましたが、今朝2月12日(日)の調教後に左前脚の蹄を痛めてしまったため、残念ながら回避することになりました。「レース前の削蹄の後、馬場が硬くなっていた外目を走らせてしまったのが原因です。軽いざ石で大したことはありませんが、大事をとります。」(米田調教師)。

今週の出走

今週も、1月28日同様に、イーグルフェザーとスターストラック2頭が出走します。

2月11日(土曜)
イーグルフェザー(社台TC)
銀嶺S ダート 1400 東京
前回も惜しい2着でした。今回こそムーア騎手を背に決めてもらいたいですね。

2月12日(日曜)
スターストラック(サンデーレーシング)
500万 ダート 1600 東京
中1週での調整です、この距離でうまくいくかが注目したいです。

今週の出走(1月28日)

今週は2頭が出走します。東京に応援に行く予定です。

スターストラック(サンデーR)
東京7R ダート1600m戦 シュミノー騎手
クラブコメント「一度使われて馬体がしぼれ、動きにキレがでてきました。飼葉もしっかりと食べており、前進が期待できます」早く500万条件を突破できればと。

イーグルフェザー(社台TC)
東京9R・白嶺S(ダート1600m) 田辺騎手
クラブコメント「前走は不完全燃焼のレースになってしまいました。スムーズなレース運びで勝ち負けを狙います」、期待しています。