ムニアイン引退

さよならだけが人生だ - このフレーズ、2年前のスターストラックについで2回目です。

初のオーナーズ出資馬ムニアイン、土曜日は東京2Rダート1600mに出走、惜しくも2位という結果で、次は未勝利突破!という矢先でした。

が、レース後から右前脚の歩様が悪くの検査で板状骨折が判明、競走能力喪失の診断で引退です。

残念なのは間違いないですが、去年の9月からの6走という頑張りに感謝したいと思います。

ありがとう、ムニアイン、そして、和田先生もありがとうございました。

最後のレースでのムニアイン

今週の出走 ムニアイン

 今種は、社台OWムニアインが東京2Rダート1600mに出走です。

 東京ダート1600mは奥が深いコースで、先行しすぎても差されるし、出遅れると間に合うのが難しい、よく考えられたコースです。

 ムニアイン、3月17日の中京ダート1800mで初の馬券圏内3着、ここで未勝利脱出を決めてほしいです!

 

今週の出走

 アネモネSでのルガールカルムの勝利から1週間、今週は2頭出走します。

16日(土)中山11R フラワーC(G3) 
・マルーンベルズ(3歳、社台TC):前回は実戦で使ってからという前評判を覆して勝利、重賞挑戦です。調子もよいのでチャンスはあるかと。

17日(日)中京5R 1800m ダート
・ムニアイン(3歳、社台オーナーズ) :調教ではいい動きをみせるものの、レースとなると最後伸びきれない展開が続いてますが、ここで勝ち上がってほしいです。

今週の出走:ムニアイン、3歳未勝利出走

ここのところ複数の出走がありましたが、今週は、ムニアイン(社台OW)だけです。

今週2月16日(土)東京3R・ダート1600m戦に56kgブロンデル騎手で出走予定です。本馬は出走間隔による優先出走順で除外の心配はありません。本日(水)ウッドチップコースにてサラッと追い切られ、721-559-403-128の時計をマークしました。和田雄二調教師は「本馬にしては落ち着きがあっていい雰囲気ですが、競馬場に行ってどうかですね。パワーもあるし、ダートは合っていると思います」と話しています。

9月の新馬戦で6位、11月未勝利で4位、12月未勝利で4位といずれも掲示板まで食い込んでます。
もともと、気性難でしたが、ここに来て、だいぶ良くなっているようです。

芝からダートへの変わり身で期待です。

今週の出走(ムニアイン)他

今週は、12月8日 中山3R 2歳未勝利 芝1600mにオーナーズのムニアインが出走します。

いいものを持っている馬ですが、気性面で難があり、落ち着いて走ればいい勝負をしてくれると思います。

現地にはいけませんが、オーナーズ初勝利を期待です。

さて、別件で、今週12月3日(月)東京馬主協会70周年記念式・会員忘年懇親会に参加させていただきました。
12月初めに開催されている忘年懇親会、2回目の参加です。

毎年、スペシャルディナーショーがセットになっていて、昨年は五木ひろし、今年は石川さゆりでした。
昨年は、ここに書きました。

基本、自分は演歌系のコンサートにいくことはないので、とても勉強になります。

今回の石川さゆりのディナーショーで思ったのは、長く続けるということでした。

彼女の場合、誰も知っている持ち歌の「津軽海峡冬景色」、「天城越え」はもちろんですが、最近はいきものがたりとのコラボである「花が咲いて」、あるいは、椎名林檎とのコラボ「暗夜の心中立て」など、演歌の枠を越えて、新しい挑戦をするところに長く続くポイントがあると思いました。

やっぱり、そうですよね。同じ歌だけを歌っていては、飽きられてしまいますし、モチベーションをキープするのも難しいと思います。だからこそ、積極的に新しい分野にチャレンジする、これは大事ですね。

一口馬主もそうかもしれません。いつも同じところで馬を選ぶのではなく、別のところにチャレンジしてみる、こうしたチャレンジが実を結ぶことがあるのかもしれません。

3年先の稽古

相撲の格言に「3年先の稽古」があります。稽古をしてもすぐに結果がでるわけではない、むしろ、3年先を見据えて長い視点に立って稽古すべしという。

ビジネスでもそうですが、直近ではなく、長い目でみる、これは大事ですよね。

一口馬主も同じだと思います。出資を決めてから、はやくても出走は1年後、なので、1年後を見据えて出資する、ここに一口馬主の難しさ、面白さがあると思います。

そういう意味で、昨年のドラフト(2017年)は比較的うまくいきました。サンデーTCのルガールカルムは次に期待が持てる新馬勝ち、グループオーナーズのムニアインも未勝利ですが、いずれ勝てるのではないかと。で、キャロットのフィルムフェストも新馬勝ち。

ひるがえって、今年のドラフト(2018年)、まず、サンデーTCはシーズアタイガー17がとれず、キャロットもストールンハート17のみ。で、今週、追い打ちをかけるように期待のアーリーアメリカン17が左後肢跛行のため出資契約の解除。いまのところは、オーナーズのカリフォルニアネクター17が破格のデカさですが、無事に育ってくることを祈るのみです。3年先の稽古という点では、今年は反省の残る稽古でした。最後にLEX-Proがあるので、1頭くらい検討しようと思います。まあ、自分には潤沢に予算があるわけではないので、予算制約線のなかで、最もリターンが得られるラインを見つけることができればと。

さて、今週は10月7日(日)府中 10R テレビ静岡杯(1600万条件)に社台TC イーグルフェザー(牡5歳)が出走します。孝行息子の秋の復帰戦、仕上がりも順調そうで、ライバルも強いですが、楽しみです。

ノーザンファーム天栄訪問:ルガールカルム、ヴェルスパー、ムニアイン

 ノーザンファームの期待の3頭、たまたま同時にノーザンファーム天栄に在厩ということで、見学してきました。

天栄訪問ははじめてですが、新しい厩舎の建設があって、勢いを感じました。繁殖牝馬が増えているので当然かもしれないですね。

まず、最初の一頭はルガールカルム(サンデーRC,牝2歳)
9月22日の新馬戦では強い勝ち方をしました。昨年の社台ツアーで見て、Good Looking Horseで出資したのすが、相変わらず、よく見えます。
いまは、疲れをとって、次に備えるようです。周囲の期待は高そうですが、ムリをせず無事に走ってほしいですね。

次はヴェルスパー(サンデーRC、牝3歳)
9月15日の古作特別(500万条件、芝1200m)では、課題となっていたスタートも無事クリア、力強い2勝目を挙げました。回復も順調で11月の1200mに向けて調整中とのこと。
いつも掲示板を外さない優等生です。次回も期待しています。

3頭目は、オーナーズのムニアイン(社台OW、牡2歳)
厩舎長に「子供みたいでしょ?」と言われて、本当にそう思いました笑 馬主資格所有して最初の出資馬なので、やっぱり、思い入れがあります。
9月8日の新馬戦では残念ながら5着。きっちり仕上げて11月あたりということです。
骨格がしっかりしているので、とくにトラブルがなければ比較的長くいけそうです、まずは未勝利勝利ですね。

ルガールカルム勝利と9月の結果

やや今さら感がありますが、サンデーTCの一口出資馬ルガールカルムが22日5R新馬戦で勝利しました。

当日は、海外で残念ながら現地応援はできませんでしたが、嬉しい新馬勝利でした。新馬戦での勝利は準オープンで頑張っているイーグルフェザー以来です。

「アーモンドアイ2世」みたいに褒められているようですが、一口出資者としては、勝ってもらうのはうれしいですが、何よりも無事に6歳まで走ってほしいですね。

17年のドラフトはいい方向に進みそうです。18年は、この次がシーズアタイガー17だと思っていたのですが、残念ながら取れませんでした。これが来年どうでるか。

さて、来週は出資馬の出走がないので、9月は終わりです。2勝できたので、よい月でした。

9月7日 ムニアイン 新馬 5着
9月15日 ヴェルスパー 500万条件勝利
9月22日 ルガールカルム 新馬勝利

残念ながらムニアインは勝てませんでしたが、次の未勝利戦で勝ち上がってほしいと思います。

10月からは自分のホームグラウンドである府中開催です、キャッシュレス投票UMACAも導入して、備えたいと思います。

 

ヴェルスパー勝利!

今回の中山開催は3週連続、出資馬の出走です。

9月8日 ムニアイン(2歳牡、中央オーナーズ 新馬) → ルメール騎手騎乗で期待も、残念ながら6着、次回、東京で期待です。

9月15日 ヴェルスパー(3歳牝、サンデーTC 500万条件) → 9R古作特別で勝利です。
たしか、この馬が勝ったのは、1年前でちょうどJRAの新人馬主研修のときでした。
何度も惜しい順位が続きましたが、ついに勝ってくれました。
スタートが難のある馬ですが、今回は3位集団で完璧なスタートでした。
スタートが良かったので、きちんと結果を出してくれました。
500万条件を勝ってくれたので、ムリせずに自己条件で勝ち上がってくれればと思います。
関係者の皆様、素晴らしい勝利をありがとうございました!
久しぶりに口取も参加させていただきました。

さて、来週9月22日は、2歳出資馬 ルガールカルム(2歳牝、サンデーTC)がデビューです。 
田村先生も自身が管理されておられたメジャーエンブレムと比較するほど期待しておられるので楽しみです。
来週は出張で現地応援はできませんが、期待してます!

パドックでのヴェルスパー

表彰式

今週の出走 ムニアインデビュー

 昨日の北海道での地震、安平町をはじめ馴染みのあるところで他人ごとではない気持ちです。一日も早い復興をお祈りします。

さて、今週8日(土)、JRA馬主資格取得して初めての共有馬ムニアインが中山5R芝2000m、鞍上ルメール騎手でデビューです。

もともとスタミナがあり、いい動きをしている馬でしたが、気性面がまだ幼いという点もあり、これがどうでるかですかね。ルメール騎手にも期待です。

今週9月8日(土)中山5R・芝2000m戦に54kgルメール騎手での出走・デビューを予定しています。想定段階ではフルゲート18頭に対して、10頭の出走表明にとどまっています。本日(水)ウッドチップコースにて併せ馬で追い切り、684-538-399-134の時計をマークしました。追走併入でいい動きをみせています。和田雄二調教師からは「ゴールを過ぎてからも余裕の手応えで走っています。一般的なキングヘイロー産駒と違ってスタミナタイプとみています。能力を感じていますので、真面目に走ってくれれば楽しみですね」とのコメントがありました。