今週の出走 サイレントクララ・ルガールカルム・ヴェルスパー

夏には出走機会が恵まれませんでしたが、秋になり、中山最終週で3頭出走します。

9月28日(土)

サイレントクララ(LEX)

中山7R 3歳以上1勝クラス
ダート1800m
柴田善臣騎手

6月16日岩崎翼騎手で待望の共有馬主初勝利。関東に移動して、1800mダート挑戦です。

ルガールカルム(サンデーR)

中山11R 秋風ステークス
芝1600m
三浦 皇成騎手

くじ運が悪く、8月新潟では除外で、ようやくたどり着きました。調子もよさそうなので、好勝負期待ですね。

9月29日(日)

ヴェルスパー(サンデーR)

中山10R 勝浦特別
ダート1200m
戸崎圭太騎手

ここにあわせて調整してきました、コンディションも良さそうなのでこのクラスははやく卒業してほしいです。

21分の3 ルガールカルム除外

 出資馬初のクラシックである桜花賞に出走したルガールカルム、桜花賞は残念ながら18着でしたが、その後、調整は順調。

 新潟日報賞(芝1400mハンデ)をターゲットに調整、8月7日のレポートでは、531-382-243-119の好時計をマークするなど、勝ち負けのレースを期待、と思った矢先にあえなく除外。

ルガールカルム、くじ運ないです(´;ω;`)ウッ… これまで2度抽選に漏れてます。

1回目は、1月12日(土)中山11R・フェアリーS(G3・芝1600m牝馬限定)、フルゲート16頭に対して23頭が出走表明 ⇒ 除外
2回目は、今回、フルゲート18頭に対して21頭が出走表明 ⇒ 除外

まあ、これも競馬なので仕方ないですね。フェアリーSも出走はかないませんでしたが、アネモネSで勝利したので、次に期待です。

どこにいくんでしょうかね。中山とは相性がいいので、紫苑ステークス(秋華賞トライアル、芝2000m、9月7日)とか、2000mは長いかもしれないですが。

2019年社台ドラフトその2

選挙、議決権、ドラフト、いずれも大事なのは”票読み”ですね。

結果を出すためには、相手を知り、自分を知る、そこにドラフトの面白さがあるかと。

さて、社台ドラフト2019、募集馬の測尺・体重も発表されました。明日は日帰りツアーです。

ファンドは、今年はサンデーのドゥラメンテ産駒がいいかなと。まあ、皆さん狙ってらっしゃるのでしょうが。

125 イプスィッチの18 堀厩舎 
126 ウミラージの18 菊池厩舎 
127 ダイヤモンドディーバの18 国枝厩舎
166 アスコルティの18 西村厩舎 
167 マザーロシアの18 松下厩舎

あとは、ルガールカルムつながりで161スマイルシャワーの18(高野厩舎)あたりが候補です。

中央オーナーズは、予算内で収まるノーザンファーム育成がないので、ちょっと悩み中です。

今週の出走:ルガールカルム桜花賞へ

 長い冬も終わり、ようやく春。明日はクラシック第1弾の桜花賞となりました。

 今年の桜花賞は例年と違い、「自分ごと」です、何度も触れているように出資馬のルガールカルムが出走します。

 自分にとっての初のクラシック出走です。一口馬主をはじめたのが2013年、今年で6年目ですが、一つの一里塚となりました。

 チャンスはあると思います。もちろん、強豪ぞろいですが、スタートで出遅れなければ、アネモネSで見せた末脚で勝負になると思います。

 明日は阪神で応援します。もちろん、勝ってほしいですが、それ以上に無事を祈る気持ちです。

 がんばれ、ルガールカルム

ルガールカルム 桜花賞へ

一口、共有、いずれもはじめて自分の出資馬のルガールカルムがクラシック初戦桜花賞に出走します。

来週4月7日(日)阪神11R・桜花賞(G1・芝1600m)に登録しています。このレースはフルゲート18頭に対して、28頭の登録があります。本馬は優先出走権を有しており、除外の心配はありません。なお、鞍上は三浦騎手を予定しています。本馬は明後日3月27日(水)美浦TCに帰厩予定です。

まあ、正直言って、強豪ぞろいだと思います。ただ、いままでの傾向だと、スタートで出遅れず、自分のペースでいければ、十分勝機があると思います。三浦騎手に期待です!

さて、ルガールカルムから自分はいろいろ学びました。いろいろあるのですが、次のドラフトという点では、厩舎を上げたいです。

ルガールカルムもノーザンファームで外厩であるノーザンファーム天栄がメインです。外厩がメインなので、厩舎はそれほど関係ないのではと自分は思ってました。ただ、ルガールカルムに関しては、田村先生の強い思いが大きいと思います。

この思いを掘り下げると「同じ景色を見た」ということだと思ってます。

田村先生は、ルガールカルムをかつて自身が手掛けて、NHKマイルを制したメジャーエンブレムと「同じ景色」だったのだと自分は思います。

自分がこの思いを強くしたのは、ルガールカルムは、18年9月22日の新馬戦で圧勝したあと、次の11月25日ベコニア賞(500万条件)で6着と大敗しました。新馬戦で強くても、この大敗であれば、クラシックに進むのではなく、自己条件でコツコツやるという選択肢もあったはずです。

もちろん、クラブの意向もあるとは思いますが、田村先生は、ルガールカルムにメジャーエンブレムと「同じ景色を見た」と思います。

そこから、19年1月12日(土)中山11R・フェアリーS(G3・芝1600m牝馬限定)に投票するも無念の除外、でも、それでもあきらめず、1月26日(土)東京・クロッカスS(L・芝1400m)で自分はほぼ勝ったと思っている2位、そして、3月10日(日)中山・アネモネS(L・芝1600m牝馬限定・桜花賞トライアル)で優勝、桜花賞の切符を手に入れました。

さて、桜花賞がどうなるかわかりません、無事に走ってくれることを祈るのみです。でも、ここまで駒をすすめることができたのは、やはり、田村先生の「同じ景色を見た」ということが大きいと思うのです。というわけで、そろそろ2019年のドラフトも近づいてますね、できれば、「同じ景色を見た」先生の馬に出資することを検討したいです。

ルガールカルム アネモネS 優勝!

 何から伝えていいの今でも興奮冷めやらぬ状況ですが、本日、3月10日、出資馬ルガールカルムが中山11RアネモネSに出走、見事、優勝しました。

 1月26日のクロッカスS、昨年の11月21日のベコニア賞、いずれも勝ちきれず、悔しい思いをしました。とくに、クロッカスSでは、クラブのコメントでは

レース後、三浦騎手は「ゲートで立ち遅れ、流れに乗るのに手間取ってしまいました。勝ち馬をマークして最後まで良く伸びましたが、スタートの遅れを取り戻すことができませんでした。勝たなければいけないレースでした。すみません」と話しています。

スタートの出遅れで惜しくも届かず2位。でも、これを糧に今回は三浦騎手の素晴らしい騎乗でした。

自分も最初のスタートどうなるか、ドキドキでしたが、本当に上手いスタートで、これはイケると確信しました。

三浦騎手の素晴らしい騎乗にくわえて、田村先生のルガールカルムのポテンシャルを見極め、クラシックの出走権の”勝ち”にこだわった一戦でした。

正直、今年の3歳牝馬路線は、ダノンファンタジー、グランアレグリアをはじめとして強豪ぞろいです、でも、その並み居る強豪のなかに出資馬ルガールカルムが仲間入りできたこと、本当にうれしいです。

自分にとって、一口馬主は、人生に彩りを与えてくれるものです。そして、このルガールカルムは間違いなく、鮮明な彩りを与えてくれました。次回の桜花賞も楽しみにしたいです。

パドック1:とにかく落ち着いてました。

パドック2:今回2回目のコンビとなる三浦ジョッキー

他を寄せ付けない素晴らしい勝ち方でした!

口取り式

ルガールカルム クロッカスS 2着

さて、前のエントリーのように出資馬ルガールカルムがクロッカスSに出走、結果は2着でした。

1月26日(土)東京10R・クロッカスS(L・芝1400m)に54kg三浦騎手で出走し、勝ち馬から3/4馬身差の2着、馬体重は前走からプラス6kgの462kgでした。スタートがいまひとつで後方2番手からのレースとなりました。最後の直線では外を通ってよく伸びましたが、いま一歩及びませんでした。
レース後、三浦騎手は「ゲートで立ち遅れ、流れに乗るのに手間取ってしまいました。勝ち馬をマークして最後まで良く伸びましたが、スタートの遅れを取り戻すことができませんでした。勝たなければいけないレースでした。すみません」と話しています。田村調教師は「スタートが最後まで影響しました。現時点では詰めて使えないタイプなので、週明けにNF天栄に放牧に出すことにします」と話しています。

このコメントのように最初の出遅れが痛かったですね。ただ、最後の追い込みは見応え十分のレースでした。もうちょっと距離は長くてもいいのかもしれないですね。
寒い中現地応援で口取りできなかったのは残念ですが、無事に走ってくれたこと、そして、前回のような惨敗でなく2位で賞金も加算できたことからよかったと思います。

ちなみに、キャロット出資のハピネスブルームも4着、負けはしましたが悪くないレースでした。2頭とも次走に期待です。

ルガールカルム クロッカスSに挑戦

1月26日 出資馬ルガールカルム(サンデーTC)がクロッカスS(OP 芝1400M)に挑戦します。

もともとは、1月12日のフェアリーSに出馬予定が、除外の憂き目にあい、クロッカスSに挑戦

クィーンSに挑戦するプランもあったようですが、状態が維持できているなか、クロッカスSに照準をあわせました。

レポートによれば、よい状態を維持できているようで、楽しみです。ここで結果がでればクラシックという話はあるかもしれませんが、まずは無事に走ってほしいですね。

今週1月26日(土)東京10R・クロッカスS(L・芝1400m)に54kg三浦騎手で出走予定です。想定段階ではフルゲート16頭に満たない10頭の出走表明にとどまっています。本日(水)坂路で2本乗られています。1本めは648-480-317-160、2本めで534-394-260-125の時計を出しています。田村康仁調教師からは「今日は坂路で54秒を切る程度という指示で追い切り、指示どおりに走れています。2週間出走が延びることになりましたが、状態は維持できています。とにかくスピードがあるので楽しみです」とのコメントがありました。

もうひとつ、キャロット出資の1頭(ハピネスブルーム)も中京 5R 新馬デビューです。

社台TCで馬名が採用されたマルーンベルズ、出走予定でしたが、最近の新馬除外ラッシュに呑まれて、除外で、来週以降です。同じく、キャロット出資のシーガスリッドも。
最近は除外が多いですよね、一口馬主としてできることがあるとすれば、できるだけ2歳の夏・秋くらいの早くデビューできそうな馬を選ぶということでしょうか。

今週の出走:ルガールカルム、ベコニア賞に出走

今週は、楽しみが多いです。

まず、24日(土)12R芝1400m牝馬限定戦にヴェルスパー(サンデーR)が出走します。
もともとは1200mでスタートしましたが、スタートが決まれば、1400m十分チャンスがあると思います。
9月に勝利した戸崎騎手での連戦なので、馬券的にはあまりおいしくないかもしれないですが、楽しみです。

クラブレポートより

今週11月24日(土)東京12R・芝1400m牝馬限定戦に54kg戸崎騎手で出走予定です。今のところ12頭立て前後になりそうです。本日(水)ウッドチップコースにて追われました。加藤征弘調教師は「馬体重は432kgと維持しています。内めで折り合いをつけられれば、距離もこなしてくれると思います」と話しています。

そして、25日(日)東京7R ベコニア賞にルガールカルム(サンデーR)が出走します。
9月の新馬戦を強い勝ち方をしたので、次のベコニア賞も期待できそうです。
これを勝てればクラッシックにむけて大きく前進ですね、出資者としては嬉しいですが、無事に走ってほしいです。

クラブレポートより

今週11月25日(日)東京7R・ベゴニア賞(芝1600m)に54kgルメール騎手で出走予定です。今のところ10頭立て前後になりそうです。本日11月21日(水)は坂路コースを2本登坂し、2本目に524-384-253-124の時計をマークしました。調教助手は「体はできているので、負荷をかけないように気を付けましたが、それでも時計が出ています。美浦の坂路コースは左にカーブしていますが、上手く手前を変えていましたし、初の左回りでも大丈夫でしょう」と話しています。

ホームグラウンドである東京競馬場の最終週、現地応援で締めくくりたいと思います。

3年先の稽古

相撲の格言に「3年先の稽古」があります。稽古をしてもすぐに結果がでるわけではない、むしろ、3年先を見据えて長い視点に立って稽古すべしという。

ビジネスでもそうですが、直近ではなく、長い目でみる、これは大事ですよね。

一口馬主も同じだと思います。出資を決めてから、はやくても出走は1年後、なので、1年後を見据えて出資する、ここに一口馬主の難しさ、面白さがあると思います。

そういう意味で、昨年のドラフト(2017年)は比較的うまくいきました。サンデーTCのルガールカルムは次に期待が持てる新馬勝ち、グループオーナーズのムニアインも未勝利ですが、いずれ勝てるのではないかと。で、キャロットのフィルムフェストも新馬勝ち。

ひるがえって、今年のドラフト(2018年)、まず、サンデーTCはシーズアタイガー17がとれず、キャロットもストールンハート17のみ。で、今週、追い打ちをかけるように期待のアーリーアメリカン17が左後肢跛行のため出資契約の解除。いまのところは、オーナーズのカリフォルニアネクター17が破格のデカさですが、無事に育ってくることを祈るのみです。3年先の稽古という点では、今年は反省の残る稽古でした。最後にLEX-Proがあるので、1頭くらい検討しようと思います。まあ、自分には潤沢に予算があるわけではないので、予算制約線のなかで、最もリターンが得られるラインを見つけることができればと。

さて、今週は10月7日(日)府中 10R テレビ静岡杯(1600万条件)に社台TC イーグルフェザー(牡5歳)が出走します。孝行息子の秋の復帰戦、仕上がりも順調そうで、ライバルも強いですが、楽しみです。