今週の出走:マルーンベルズ デビュー ヴェルスパー 京都に

今週は、マルーンベルズ(社台TC)、ヴェルスパー(サンデーR)の2頭が出走します。

まず、マルーンベルズ、先々週は新馬戦除外の憂き目にあい、今回は、東京5R未勝利戦でデビューです。
まだ、体を使って動けていないとこもあり、レースを使いながらという感じですね。
初の自分の命名馬なので、何とか無事に、そして、次につながてもらいたいです。

今週2月2日(土)東京5R・3歳未勝利(芝1800m・牝馬限定)戦に戸崎騎手54kgで出走・デビューが確定しています。このレースは、16頭立てになりました。レースを使いながら良化してきそうなイメージですが、しっかりと乗り込みを重ねて、動ける出来にあります。

ヴェルスパーは、京都9R乙訓特別に出走です。もともとは、2月3日(日)東京12R・芝1400m戦に55kgミナリク騎手で出走予定でしたが、相手関係、東京12Rは牡牝混合でトゥザクラウンなんかが出走するので簡単に勝てなさそうです、荒れている馬場から京都で出走です。

これは、興味深いですね。

当たり前ですが、クラブ、一口馬主、騎手、調教師、いずれも同じですが、唯一にして最大の目標は、勝つこと。で、勝つために何をするか?

その一つが勝てるレースを選ぶことがありますよね。

勝てるレースは、相手関係が有利、馬場を活かせる、今回のケースがこれにあたります。で、ヴェルスパーの場合、だいたいスタートで出遅れなければ、差し切れるケースがおおいです。

というわけで、今回の東京から京都の選択は、勝つ確率を上げるという点でよい選択だと思いました。期待してます。

で、この視点は馬券検討でもアリかもしれないですね。東から西、もしくは、西から東に遠征した馬、その思惑から馬券を予想すると。

今週は応援にいけませんが、2レース楽しみにしています。

今週2月2日(土)京都9R・乙訓特別(芝1200m)に55kgデムーロ騎手で出馬投票することになりました。相手関係に加えて、京都の馬場が荒れてきているために、後方からの競馬となっても十分に間に合うとみて、京都戦に出馬投票することになりました。

今週の出走(2月17日、18日)

 今週は久しぶりに2頭出走です。

2月17日(土) 東京競馬場 10R 白嶺S ダート1600m 
イーグルフェザー(社台TC)

クラブコメント

今週2月17日(土)東京10R・白嶺S(ダート1600m)に田辺騎手57kgで出走が確定しています。前走は1400m戦にうまく対応してくれました。1ハロン延長は好材料で、休み明けを叩いたここは自ずと力が入ります。

1月27日の銀蹄S(1600万下)では、7位人気ながら2着、今回は得意の1600mダート、1600万からなかなか勝ち上がれていませんが、今度こそこの条件で買って、オープンに勝ち上がってほしいです。馬券的には、人気になりそうで、妙味は少ないかもしれないですね

2月18日(日)京都競馬場6R 3歳500万下 ダート 1400m
ディライトプロミス
クラブコメント

「今週の京都にダート1400の番組があるので、そこにミルコを確保して向かうことにしました。先週の除外は残念でしたが、体つきもシャープになってきているぐらいなので、1週延びた代わりに長距離輸送がないのでそこは良かったですね。もう態勢は整っていますから、今朝は坂路でサッと単走。最後は手綱を放しただけで12秒1と非常にいい反応を見せてくれました。こちらの調教に慣れてきてカイバ食いも安定してきましたし、いい状態で送り出せそうですよ」(池添学師)

先週は東京で除外なものの、京都でエントリー、馬券的にはこちらが面白そうですね。500万条件を勝って、次のステージへのよいレースとなりそうです。

キタサンブラック引退式

17年の有馬記念にいけなかったので、改めて18年1月7日 キタサンブラック引退式@京都競馬場にいってきました。

「競馬は人生の比喩である」 - このブログでは何度か登場するキーワードですが、キタサンブラックから本当にこの意味を学びました。

競馬の愉しみの一つは、その血が受け継がれることですよね。キタサンブラックの血を受け継いだ仔馬は、2021年以降デビューすると思いますが、どんな活躍を見せるか、楽しみです。
そして、引退式で武豊ジョッキーは、キタサンブラックの仔でG1を勝ちたいと語っていたので、武豊+キタサンブラック産駒のコンビに期待ですね。