一口クラブと種牡馬

 社台グループの会報誌「Thoroughbred」12月号で吉田照哉さんの巻頭言になるほどと思いました。

 それはこう始まります。

いい種牡馬が手に入ったらクラブを立ち上げよう、吉田善哉はつねづね口にしていました。そして各地で産駒が高評価をうけ、ノーザンテーストへの自信が確信にかわろうとしたときに設立されたのが社台サラブレッドクラブです。1980年のことでした。

 たった2行ですが、いろいろ思うことがありました。40年前の話ですが、温故知新ですね。自分は社台以外にもいくつかのクラブに出資した経験もありますが、結果はいまひとつでした。やはり、その要因の一つが、「種牡馬」だと思います。たしかに、繁殖牝馬も重要ですが、それ以上に、日本の馬場に適合し、かつ、繁殖牝馬と相性の良い「種牡馬」、これは強調してもしきれないくらい大事なポイントかと。まあ、タラレバですが、ロードカナロア、キタサンブラック、社台スタリオンではなく、クラブ専用種牡馬にしたら、また、違う世界になったかもしれないですね。

 キャロットのように「Our Blood」というコンセプトのもとに繁殖牝馬にフォーカスするクラブもアリですが、やはり、それはノーザンファーム・社台スタリオンというバックがあるから成立する気もします。逆に、社台以外のクラブは、やはり、この「種牡馬」が差別化できていない気もします。

 だいぶ前の話ですが、宮本輝「優駿」も主人公の一人である和具平八郎が会社をリタイアしてクラブを立ち上げようとした動機も愛馬オラシオンがダービーに勝って種牡馬としてイケると思ったからでしたよね。というわけで、最近は新規クラブへの入会は足が遠のいていますが、「種牡馬」をコンセプトにするクラブ、これにはチャレンジしてみたいと思います。意外とゲームチェンジャーになるのかもしれないですね。

世界に広がるサンデーサイレンス系

 自分は中学高校から競馬にハマったタチではなく、社会人になってから参戦、キャリアはまだまだ浅いのですが、そのなかでも、一番、エキサイティングなのが、血統ですね。

 宮本輝の名著「優駿」 の冒頭では、主人公の一人博正が、馬主の娘久美子に対して、ダーレーアラビアンから続くサラブレッドの血統をドラマチックに語るシーンが印象的ですが、親から仔へ連綿と繋がる血統にドラマを感じてしまいます。

 さて、最近読んだ本「血統の教科書」、血統好きにはたまらない一冊です。血統を日本型、米国型、欧州型、その血統にあう主流馬場、反主流馬場の条件を読むことで馬券上手になるという趣旨です。で、これにくわえて、ページを割いて言及されているのが、血統の未来として「サンデーサイレンス系の誕生」(p303)。

 かいつまむと、「血統」は世界を旅をしていて、その旅による交配で、新しい血統が確立すると。で、1940年代はネアルコ(イタリア→イギリス)、1950年代はナスルーラ(イギリス→アメリカ)、1970年代はノーザンダンサー(カナダ→アメリカ、ヨーロッパ、日本)、1980年代後半はミスタープロスペクター(アメリカ→ヨーロッパ)、そして、2010年代後半はサンデーサイレンス(日本→世界へ)。というわけで、日本で生まれたサンデーサイレンス系が世界に飛躍する新たな局面に立ち会っていると。

 その端緒はいくつか現れていますよね。5月5日の英国2000ギニーを勝利したサクソンウォリアー、父はディープインパクト、これだけではなくて、他も出てくるでしょうね。で、こうした流れのなかでどうするか?海外というのは可能性としてはなきにしもあらずですが、ハードル高いですよね。まあ、馬券で応援するのはありかもですね。国内だと、海外でも種牡馬になれそうな血統もしくは繁殖牝馬となりうる牝馬に一口ですが賭けてみる、これもありかなあと。

勝ち馬がわかる血統の教科書
勝ち馬がわかる血統の教科書 亀谷 敬正

池田書店 2018-03-19
売り上げランキング : 277

Amazonで詳しく見る by G-Tools

11月26日 ジャパンカップ観戦記

 残念ながら今週は愛馬の出走はありませんが、ジャパンカップの観戦に東京競馬場にいきました。

 いい天気でしたね、風はやや強かったものの、10月28日の秋天とは打って変わっての晴天、「本日天気晴朗ナレドモ波高シ」といったところでしょうか。

 キタサンブラックの秋天でのあの強さを間近で見た自分にとっては、何がくる?というよりは、むしろキタサンブラックがどんな走りを見せるか、自分にとってはむしろこれがテーマでした。

 15:40、大声援のなかスタート、秋天とはまたも打って変わってまさかのハナをきるキタサンブラック。武豊騎手をして、どんな競馬でも対応できると言わしめたキタサンブラック、最後方から先方をうかがうのも競馬だし、ハナを切るのも競馬なんだろう。

 そして、先頭に立ったまま第4コーナーをまわり、府中の長い坂を誰もがキタサンブラックがその坂をのぼりきれるとおもった瞬間に伏兵のシュバルグランが上手く差し切りました。あ~、と自分を含めてみんなでどよめきました。でも、これが勝負、キタサンブラックをマークして、最後に差し切ったボウマン騎手を含めた陣営に拍手を送りたいです、素晴らしいレースでした。

 ま、馬券的には負けました。でも、こんな見ごたえのあるレースに立ち会えてよかったです。いやぁ、競馬って本当にいいもんですね~


スタートしてキタサンブラックがハナを切っている図

優駿(宮本輝)と目線の高さ

競馬に限らず、どんなことでも、その世界をいろいろな側面から知ることはとても重要だと思います。

で、馬主をやる以上、もう少し競馬について知りたいという思いから、競馬に関する本を最近読んでます。

そのなかで、一番、印象にのこったのが、「優駿」(宮本輝・新潮文庫)です。

もう30年近く前の本ですが、いまでも色あせることなく、不世出のサラブレッド オラシオンが生まれる牧場サイド、おそらく社台ファームをモデルとしている吉永ファーム、馬主サイド、調教師・騎手サイド。オラシオンという1頭の馬を中心としたサークルの人間ドラマがあますことなく描かれています。どちらかといえば、自分は馬主のサイドの和具平八郎に近いかもしれないですね。彼の最後のチャレンジもいいなとも思いました。

もう一つ考えさせられたのは、最後の方でオラシオンを生んだトカイファームの博正はこう語る。

俺、もしきょうセントホウヤが勝てなくても、いつか吉永ファームが生まれ育った馬が、日本の重賞レースの半分以上に勝つ時代が来るように思うんだ。資金力じゃなくて、競走馬に対する考え方が、日高や浦河の連中よりもはるかに先を行ってる。その努力は、やはり結果として出てくるはずだよ。

それから30年、この”結果”は明らかですね。小説では、セントエストレラ(おそらく、ノーザンテースト)の仔が活躍しはじめたころで、そこから、サンデーサイレンス、はたまた、ディープインパクトと社台ファームが日本の競馬のレベルを上げたことは疑いの余地はないと思う、で、これは単に偶然ではなくて、30年、さらには最も前から、世界を見て、世界に通用するよい馬を作ろうという目線の高さが結実したともいえると思ったのでした。これはどんなビジネスも同じですね。高い目線で先を見て、そこからできることを精一杯やる。こんな目線を身につけたいものです。

優駿〈上〉 (新潮文庫)
優駿〈上〉 (新潮文庫) 宮本 輝

新潮社 1989-11-28
売り上げランキング : 16741

Amazonで詳しく見る by G-Tools

優駿〈下〉 (新潮文庫)
優駿〈下〉 (新潮文庫) 宮本 輝

新潮社 1989-11-28
売り上げランキング : 14540

Amazonで詳しく見る by G-Tools