2019年の振り返り、そして、2020年

さて、28日土曜日で中央競馬も終了し、2019年も終わりです。

今年もいろいろなことがありました。

マルーンベルズ新馬勝ち(19年2月2日)


マルーンベルズ(社台TC、40口ファンド)、最初の出資馬アスペンアベニューの全妹、そして、初めての馬名採用した思い入れのある馬です。
事前の調教も普通で「使いながら」という感じでしたが、2月2日の新馬戦で見事新馬勝ち!うれしかったです。
が、やはり、この母系、アスペンアベニューもそうなのですが、足元が弱いこともあり、3月のフラワーカップ13位のあと、離脱。
結局、左後肢の遠位種子骨部分の骨折で10月に引退。お疲れ様でした。

ルガールカルム桜花賞出走(19年4月7日)


ルガールカルム(サンデーR、40口ファンド)、3月10日のアネモネS(L)で快勝、桜花賞への優先出走権をゲットしました。
ファンド・共有いずれもクラシック出走は初めての経験、残念ながら18位としんがり負けでした。
その後、ルガールカルムは休養を経て、秋に復活、秋風S、奥多摩S、立志Sとなかなか勝ちきれない状況。現状打破が必要そうです。

ムニアイン引退(19年5月11日)


JRA馬主免許を取得(17年7月)して最初に出資したのがムニアイン(社台GO)です。父キングヘイロー、母父スペシャルウィークという往年のファンにはたまらない血統で、18年9月にデビュー。
勝利こそなかったのですが、確実に馬券・掲示板に絡んでいて、そろそろ未勝利も脱出できるかとおもった5月11日に右前脚膝の板状(ばんじょう)骨折が判明、競走能力喪失の診断を受けて引退。本当に残念です。

サイレントクララ2歳未勝利勝利(19年6月16日)


初めてのLEX-PRO出資のサイレントクララ、デビューが3月23日と遅くて大丈夫かと心配していましたが、3回使って良化して6月6日 阪神3歳未勝利戦で勝利。
はじめての共有馬での勝利となりました。が、その後、1勝クラスで低迷、現状、島上牧場で休養中です。

地方馬主デビュー(19年7月~)


馬がつないだ縁をいただきまして地方競馬で代表馬主デビューをさせていただきました。大井ではアロンジェ(辻野厩舎)、園田ではリリープリンセス(南厩舎)です。
私淑する馬主の小林祥晃さんは、地方は公立校、中央は私立校と例えておられましたが、まさにその通りだと思います。
費用という点では違いはありますが、競馬に対する真摯な気持ち、これは公立校・私立校、関係ないですね。
これからも予算の許せる範囲で地方・中央いずれも出走できればと思います。

セプテンバーセールでヌーヴェルレーヌ18を落札(19年9月18日)


サマーセールなどでナムラタイタンなどを輩出した野坂牧場に注目、代表の野坂のひたむきな姿勢にも惹かれて、いつかセリで落としたいと思いました。
で、9月18日のセプテンバーセールでヌーヴェルレーヌ18を落札、初めてのセリで落札しました。
12月初旬時点では馬体重426kg程度と小柄ですが、なんとかデビューできればと思います。。

ミュアウッズ新馬勝ち(19年12月8日)


18年7月の牧場ツアー時での馬体重が540㎏、ノーザンFの方も「こんな大きいの初めて」と言わしめたカリフォルニアネクター17あらためミュアウッズ(社台GO)、HPでの更新のたびに馬体重600㎏越えて、「これ本当に大丈夫か?」と何度も思いましたが、『大型馬だけど動きが良い』(石橋脩騎手のコメント)という稀有な持ち味で新馬戦を圧勝。久しぶりの口取り&社台GO初勝利で嬉しいひと時でした!

さて、2020年

さて、2020年、とくに何勝、獲得賞金xxx万という目標があるわけでもなく、どの馬も無事に元気に走ってもらえれば、それでよいのですが、来年の愉しみを上げておきます。

3歳馬:イマジナリーラインデビュー


イマジナリーライン(18年募集、社台TC)、もともとはアーリーアメリカン17に出資したのですが、出資3か月後の10月、夜間放牧中に左臀部に重度の筋肉損傷となり運用を断念。かわって、5月生まれで牧場ツアー時はあまり見栄えのしなかったウォートルベリー17が秋にかけて良化しているようにみえたので、出資しました。2020年、第1回中山開催でデビュー予定です。

2歳馬:ヌーヴェルレーヌ18デビュー予定


来年では、やはり、これが一番大きいです。はじめてセリで落札して、尊敬する小笠先生に預託をお願いし、現在は田口トレーニングファームで育成中です。
ヌーヴェルレーヌ18、競走馬として命を与えられた以上、無事に走ってほしい、ただこれだけです。

ケンタッキーダービー


2020年5月2日、ケンタッキーダービーに参加予定です。日本の競馬をいろいろな角度から見てみようと、来年はケンタッキーダービーいきます。いまから愉しみです。

2019年の振り返り、2020年のデビュー、いろいろありました。やはり、競走馬である以上、思うように走ってくれないですし、引退という突然の別れもありました。でも、いろいろあわせても、競馬を愛する、そして競馬サークルをかけがいのないと思う気持ちは2019年変わらなかったと思います、2020年、同じようにいろいろ大変なこともあると思いますが、この気持ちはキープしたいと思います。来年もよろしくお願いします。


ヌーヴェルレーヌ18(19年12月6日 田口トレーニングファーム)

「ザ・ロイヤルファミリー」 馬主・マネージャーと馬が紡ぐ物語

「優駿11月号」の新刊紹介に掲載されていて、気になっていたので、読みました。
500ページもある大作ですが、読みやすくて、サクッと読めました。

一言で言えば、馬主・マネージャーと馬の物語です。

以前、何かの機会に、ストーリーを説明する場合は、縦の糸と横の糸をキチンと考えるべしということを習った記憶があるのですが、この本では縦と横がキチンとしています。

縦の糸は、馬です。主人公である来栖が親友に連れられて競馬場で中山金杯を勝ったロイヤルダンス、ロイヤルホープ、そして、ロイヤルファミリー、主役はあくまでも馬です。

横の糸は、馬主そしてマネージャーです。競馬小説の金字塔は宮本輝「優駿」であることは衆目一致するところですが、優駿の場合、牧場・馬主・騎手、それぞれの立場を描いています。で、この本では、あくまでも主役は馬主そして小説の語り手であるマネージャーです。とくに、マネージャーである来栖が、馬の継承、馬主の継承、2つの継承に欠かせない存在になっています。馬係ともいわれるマネージャーですが、そのマネージャーにスポットライトを当てるのは素晴らしいと思います。くわえて、第1部の主人公ともいえる山王耕造をして「馬を見る力のない俺は、人間に賭けるしかないんだよ。それだけのことだ」(p90)というように、毀誉褒貶はあるものの、馬主・マネージャーを中心に牧場、調教師、騎手、騎手、魅力的な「人間」が集まります。

そして、縦の糸と横の糸が紡ぐ物語は、継承だと思う。語り手の来栖はこう語ります。

過去から受け継いだバトンを、次の世代に引き継いでいく。馬たちの血の継承を陰ひなたで支えているのは、たとえその原動力が目も当てられない自己顕示欲であったとしても、馬主のみなさまであることに変わりありません。(p291)

馬の継承、そして、馬主の継承、こうしたバトンをつなぐ馬主家族とそのマネージャーの物語です。

基本的には実在しない名前、馬なので、定義としては「フィクション」です、ただ、たとえば、現役時代にG1を7つ獲得、種牡馬としても大成功した「ディクスアイ」→これはディープインパクト、7月初旬に行われる豪華絢爛なセレクタリアセール → セレクトセール、 北海道苫小牧市にある大手牧場「北稜ファーム」→社台ファーム、と、現実に存在するノンフィクションをモデルにしています。おそらく、馬主についても、取材された馬主をモデルにしているんでしょうね。ちなみに、実名で登場するのは、JRA、中山馬主協会あたりです。JRAならびに職員の方はとても好意的に描かれています。自分の所属する東京馬主協会でなく中山馬主協会であることがやや残念(まあ、ダービーじゃなくて有馬なので仕方ないですね)ですが、馬主協会にはこういう使い方があるのか、と発見がありました。

競馬の世界を全く知らないまま読むとちょっと戸惑う(たとえば、「管囲20cm程度の彼らの四肢はあまりにも脆弱です。」(p53)、管囲20cmは一口馬主にはお馴染みのタームですが、何も知らない人にはわからないのでは)、かつ、呼称 薫子さん(p281)、薫子さま(p438)が一致していないなど、やや粗削りのところもありますが、縦の糸と横の糸が紡ぎだす継承の物語は、それを補ってあまりあると思いました。オススメです。そして、自分はとくにマネージャーがいるわけでもなく、継承を考えているわけではないですが、過去から受け継いだバトンを次の世代に渡す、身の丈の範囲でやっていきたいと思いました。

ヌーヴェルレーヌ2018

今年の目標の一つして、セリの参加・落札がありました、セレクトセールは予算的にオーバーなので、サマーセール、セプテンバーセールを狙っていました。
 
 で、残念ながら、サマーセールは取れませんでしたが、今回のセプテンバーセールでヌーヴェルレーヌ2018を落札しました。

 父:トーセンジョーダン、母(外)ヌーヴェルレーヌ、半兄コスモプロケッラは父エピファネイアでビックレッドファームで募集です。

 ま、自分はやはり馬をみてもよくわからない分、生産牧場にこだわりたいと思いました、

 そのなかで、野坂牧場の産駒に注目するようになりました。

 ノーザンなどと比べたら小さな牧場ですが、いろいろお話しをお伺いし、真摯に馬を生産する姿勢に、いつかこの牧場の馬で出走したいと思うようになりました。
 
 ちなみに、この牧場は「優駿」の映画の撮影地だったようですね。自分にとってここは「優駿」のトカイファームかもしれません。いつかオラシオンを引き当てたいですねw
 それはともかく自分のペースで無理せずじっくり長く付き合いたいと思います。

 預託は、社台TCの一口馬主でお世話になっているイーグルフェザー、コロンバスディでいつかは預託いただきたいとおもっていた美浦小笠先生にお願いする予定です。

 1年後、まずは無事にデビューを祈るばかりです。

一口クラブと種牡馬

 社台グループの会報誌「Thoroughbred」12月号で吉田照哉さんの巻頭言になるほどと思いました。

 それはこう始まります。

いい種牡馬が手に入ったらクラブを立ち上げよう、吉田善哉はつねづね口にしていました。そして各地で産駒が高評価をうけ、ノーザンテーストへの自信が確信にかわろうとしたときに設立されたのが社台サラブレッドクラブです。1980年のことでした。

 たった2行ですが、いろいろ思うことがありました。40年前の話ですが、温故知新ですね。自分は社台以外にもいくつかのクラブに出資した経験もありますが、結果はいまひとつでした。やはり、その要因の一つが、「種牡馬」だと思います。たしかに、繁殖牝馬も重要ですが、それ以上に、日本の馬場に適合し、かつ、繁殖牝馬と相性の良い「種牡馬」、これは強調してもしきれないくらい大事なポイントかと。まあ、タラレバですが、ロードカナロア、キタサンブラック、社台スタリオンではなく、クラブ専用種牡馬にしたら、また、違う世界になったかもしれないですね。

 キャロットのように「Our Blood」というコンセプトのもとに繁殖牝馬にフォーカスするクラブもアリですが、やはり、それはノーザンファーム・社台スタリオンというバックがあるから成立する気もします。逆に、社台以外のクラブは、やはり、この「種牡馬」が差別化できていない気もします。

 だいぶ前の話ですが、宮本輝「優駿」も主人公の一人である和具平八郎が会社をリタイアしてクラブを立ち上げようとした動機も愛馬オラシオンがダービーに勝って種牡馬としてイケると思ったからでしたよね。というわけで、最近は新規クラブへの入会は足が遠のいていますが、「種牡馬」をコンセプトにするクラブ、これにはチャレンジしてみたいと思います。意外とゲームチェンジャーになるのかもしれないですね。

世界に広がるサンデーサイレンス系

 自分は中学高校から競馬にハマったタチではなく、社会人になってから参戦、キャリアはまだまだ浅いのですが、そのなかでも、一番、エキサイティングなのが、血統ですね。

 宮本輝の名著「優駿」 の冒頭では、主人公の一人博正が、馬主の娘久美子に対して、ダーレーアラビアンから続くサラブレッドの血統をドラマチックに語るシーンが印象的ですが、親から仔へ連綿と繋がる血統にドラマを感じてしまいます。

 さて、最近読んだ本「血統の教科書」、血統好きにはたまらない一冊です。血統を日本型、米国型、欧州型、その血統にあう主流馬場、反主流馬場の条件を読むことで馬券上手になるという趣旨です。で、これにくわえて、ページを割いて言及されているのが、血統の未来として「サンデーサイレンス系の誕生」(p303)。

 かいつまむと、「血統」は世界を旅をしていて、その旅による交配で、新しい血統が確立すると。で、1940年代はネアルコ(イタリア→イギリス)、1950年代はナスルーラ(イギリス→アメリカ)、1970年代はノーザンダンサー(カナダ→アメリカ、ヨーロッパ、日本)、1980年代後半はミスタープロスペクター(アメリカ→ヨーロッパ)、そして、2010年代後半はサンデーサイレンス(日本→世界へ)。というわけで、日本で生まれたサンデーサイレンス系が世界に飛躍する新たな局面に立ち会っていると。

 その端緒はいくつか現れていますよね。5月5日の英国2000ギニーを勝利したサクソンウォリアー、父はディープインパクト、これだけではなくて、他も出てくるでしょうね。で、こうした流れのなかでどうするか?海外というのは可能性としてはなきにしもあらずですが、ハードル高いですよね。まあ、馬券で応援するのはありかもですね。国内だと、海外でも種牡馬になれそうな血統もしくは繁殖牝馬となりうる牝馬に一口ですが賭けてみる、これもありかなあと。

勝ち馬がわかる血統の教科書
勝ち馬がわかる血統の教科書 亀谷 敬正

池田書店 2018-03-19
売り上げランキング : 277

Amazonで詳しく見る by G-Tools

11月26日 ジャパンカップ観戦記

 残念ながら今週は愛馬の出走はありませんが、ジャパンカップの観戦に東京競馬場にいきました。

 いい天気でしたね、風はやや強かったものの、10月28日の秋天とは打って変わっての晴天、「本日天気晴朗ナレドモ波高シ」といったところでしょうか。

 キタサンブラックの秋天でのあの強さを間近で見た自分にとっては、何がくる?というよりは、むしろキタサンブラックがどんな走りを見せるか、自分にとってはむしろこれがテーマでした。

 15:40、大声援のなかスタート、秋天とはまたも打って変わってまさかのハナをきるキタサンブラック。武豊騎手をして、どんな競馬でも対応できると言わしめたキタサンブラック、最後方から先方をうかがうのも競馬だし、ハナを切るのも競馬なんだろう。

 そして、先頭に立ったまま第4コーナーをまわり、府中の長い坂を誰もがキタサンブラックがその坂をのぼりきれるとおもった瞬間に伏兵のシュバルグランが上手く差し切りました。あ~、と自分を含めてみんなでどよめきました。でも、これが勝負、キタサンブラックをマークして、最後に差し切ったボウマン騎手を含めた陣営に拍手を送りたいです、素晴らしいレースでした。

 ま、馬券的には負けました。でも、こんな見ごたえのあるレースに立ち会えてよかったです。いやぁ、競馬って本当にいいもんですね~


スタートしてキタサンブラックがハナを切っている図

優駿(宮本輝)と目線の高さ

競馬に限らず、どんなことでも、その世界をいろいろな側面から知ることはとても重要だと思います。

で、馬主をやる以上、もう少し競馬について知りたいという思いから、競馬に関する本を最近読んでます。

そのなかで、一番、印象にのこったのが、「優駿」(宮本輝・新潮文庫)です。

もう30年近く前の本ですが、いまでも色あせることなく、不世出のサラブレッド オラシオンが生まれる牧場サイド、おそらく社台ファームをモデルとしている吉永ファーム、馬主サイド、調教師・騎手サイド。オラシオンという1頭の馬を中心としたサークルの人間ドラマがあますことなく描かれています。どちらかといえば、自分は馬主のサイドの和具平八郎に近いかもしれないですね。彼の最後のチャレンジもいいなとも思いました。

もう一つ考えさせられたのは、最後の方でオラシオンを生んだトカイファームの博正はこう語る。

俺、もしきょうセントホウヤが勝てなくても、いつか吉永ファームが生まれ育った馬が、日本の重賞レースの半分以上に勝つ時代が来るように思うんだ。資金力じゃなくて、競走馬に対する考え方が、日高や浦河の連中よりもはるかに先を行ってる。その努力は、やはり結果として出てくるはずだよ。

それから30年、この”結果”は明らかですね。小説では、セントエストレラ(おそらく、ノーザンテースト)の仔が活躍しはじめたころで、そこから、サンデーサイレンス、はたまた、ディープインパクトと社台ファームが日本の競馬のレベルを上げたことは疑いの余地はないと思う、で、これは単に偶然ではなくて、30年、さらには最も前から、世界を見て、世界に通用するよい馬を作ろうという目線の高さが結実したともいえると思ったのでした。これはどんなビジネスも同じですね。高い目線で先を見て、そこからできることを精一杯やる。こんな目線を身につけたいものです。

優駿〈上〉 (新潮文庫)
優駿〈上〉 (新潮文庫) 宮本 輝

新潮社 1989-11-28
売り上げランキング : 16741

Amazonで詳しく見る by G-Tools

優駿〈下〉 (新潮文庫)
優駿〈下〉 (新潮文庫) 宮本 輝

新潮社 1989-11-28
売り上げランキング : 14540

Amazonで詳しく見る by G-Tools