ワラウカド退会と一口馬主ビジネス

  人によって定義は様々なですが、自分が思うに、ビジネスとは植物を育てるプロセスに似ていると思います。

 で、自分にとって、一口を含めた馬主は趣味ではなく、ビジネスの一つとしてとらえています。

 自分はいまのところブリーダーではないので、馬を育成するプロセスにはかかわっていませんが、

    (獲得賞金+種牡馬種付け料)>(出資金+維持費)

 を意識して、この馬主稼業という「植物」を育てています。

 植物を育てるには、まず、きちんと根をはるように土壌を豊かにする、これは、育成に近いかもしれませんね。まあ、一口馬主という点では、馬選びがポイントになると思いますので、種牡馬・育成牧場の動向把握などの勉強あたりでしょうか。

 そして、植物を育てるという点で、わりと重要なのが、剪定。草花は何もしないいろいろな方向にのびていきます。そして、そののびた植物について、伸ばすところは伸ばす、いらないところは剪定して落とす、この取捨選択のプロセスが大事だと思うのです。

 さて、前置きが長くなりましたが、表題の件です。自分は一口馬主は2013年出走のアスペンツリー以来今年で5世代目です。

最初は社台、サンデー、社台地方OW、社台中央OW、キャロット、ワラウカド LEX-PRO シルクにはいっていますが、ワラウカドについては退会しました。

理由は単純で、出資した2頭(レイロー、ブローインバブルス)がいずれも勝ち上がれず未勝利で引退しました。

いろいろとクラブの方でも改善していて、アットホームでよい雰囲気が伝わってくるのですが、やはり、結局のところ、結果だと思います。

で、伸ばすところがあるとしたら、やはり、共有あるいはまだ実現できていないですが1頭ですかね。ただ、ノーザンファームが今後も勝ち続けるという前提だと、弱小馬主にとってはセレクトセールで仕入れるという選択肢はいまのところなく、オーナーズもしくはLEX-PRO、場合によってはオータムセールあたりなのかなと思っています。他の牧場を探すのもアリかもしれないですね。
 

2018年社台ドラフト開幕

 さて、春のクラシックシーズン開幕と同時に社台ドラフトも開幕、予定馬リストが届きました。自分は2012年からスタートしたので、早いもので6世代目になりました。

まあ、 ここにも書いた通り、ディープ産駒のような高額馬は手を出しにくいので、今年も、新しい種牡馬に夢をかけるのように、新種牡馬、自分の思い入れのある血統を検討しようと思います。

パッと見たところでは、

  • 新種牡馬:エピファネイア → アイスフォーリスの17のようにサンデーサイレンスのインブリード(4x3、場合によっては3x3)がエピファネイアだとあり得ますよね。このインブリードが吉とでるか凶とでるか、6月まで悩みたいと思います。
  • 思い入れのある血統:アーリーアメリカンの2017 → 父ハーツクライで社台TCから募集の予定です。兄イーグルフェザーは、自分の出資した最大の孝行息子なので、半妹も期待したいです。イーグルフェザーは、ミスプロらしく、ダートでの最後の追い込みが鋭く、かつ、年齢を重ねるごとに成長しています、ハーツクライ産駒なので、芝なんでしょうかね。ま、イーグルフェザーは初仔だったので、1口50万/40口で、比較的お手頃でしたが、ハーツクライ産駒であること、全弟がセレクトセールで2800万なので、値段はちょい上がりそうですね。
  • まだポイントがありそうですが、6月まで悩んでみようと思います。

    レイモンドヒッチ

    地方オーナーズ レイモンドヒッチが4月13日に出走予定。
    ここのところ勝利から遠ざかっているので、期待です。

    社台グループオーナーズより

    来週4月13日(木)船橋8R(18時30分発走)・京葉特別・C1(二)組・距離1600m戦への出走を予定しています。この中間は3月31日(金)に柿本調教厩務員が跨り、単走で4Fから55.8-41.5秒の時計を馬なりでマークしています。

    なかなか

    なかなか思うようにいかないものです。

    イーグルフェザーはライアン・ムーア騎手で決めてくれると期待していましたが、最後の加速がきかずに5位
    スターストラックは、残り200mまで先頭集団でしたが、最後にかわされ5位
    ホルニッセは、左前脚の蹄を痛めてしまったため、残念ながら回避

    でも、動物相手ですからね、思うようにいかないのは当たり前かもしれないです。
    それを受け入れて、ポジティブに次に考えて行きたいと思います。

    先週の結果

    イーグルフェザー(社台TC)
    2月11日(土・祝)東京・銀嶺S(ダート1400m・ハンデ)にライアン・ムーア騎手56kgで出走、馬体重は前走から増減なしの486kgでした。揃ったスタートを切り、後ろから5頭めの位置を追走しました。4コーナーで馬群の中に突っ込んでいき、追われてから差を詰めましたが、いつもの切れがなく5着に敗れています。勝ち馬からは0.9秒差でした。

    スターストラック(サンデーレーシング)
    2月12日(日)東京5R・ダート1600m戦に54kg木幡巧也騎手で出走し、勝ち馬から0秒4差の5着、馬体重は前走から2kg増の516kgでした。抜群のスタートを切ると、5~6番手の外の位置取りでレースの流れに乗りました。直線入口での手応えもよく、直線半ばでは先頭に並びかけてきました。残り200m過ぎから後方で脚をためていた馬が台頭し、着順を落としてしまいましたが、見せ場十分のレースでした。

    ホルニッセ(地方オーナーズ)
    2月14日(火)大井4R(12時30分発走)・3歳90万円以下・距離1200m戦への出走を予定していましたが、今朝2月12日(日)の調教後に左前脚の蹄を痛めてしまったため、残念ながら回避することになりました。「レース前の削蹄の後、馬場が硬くなっていた外目を走らせてしまったのが原因です。軽いざ石で大したことはありませんが、大事をとります。」(米田調教師)。

    1月23日 ホルニッセ デビュー

    地方オーナーズ共有のホルニッセが23日デビュー予定。
    体が小さくて心配していましたが、なんとかデビューまでこぎつけました。
    好勝負を期待してます。

    1月23日(月)大井3R(12時00分発走)・3歳20万円以下・距離1200m戦へ笹川騎手でのデビューを予定しており、本日1月19日(木)に最終追い切りを行いました。併せ馬の外で4Fから52.3-37.9秒の時計を強めに追われてマークしています。米田調教師からは「舌を縛ったら息遣いは問題なく、良い動きでした。緒戦から好勝負を期待しています。」とのコメントがありました。

    ホルニッセ能力試験合格

    地方オーナーズで1口出資しているホルニッセが12月30日ゲート試験に合格しました。
    デビューは1月23日とのこと、今から楽しみです。

    正直、最初はパワー不足でどうしたものと思っていましたが、ノーザンファームがキッチリ仕上げたと思います。
    地方競馬でどこまでノーザンファーム産がいけるのか、この馬を皮切りに楽しみにしたいと思います。