ダービーディの記憶 2019年度版

ダービーディの記憶 2019年5月23日(木)

 

たまに競馬の話が面白いのでもっと書いてほしいというリクエストを頂きます。ネタがそうそうあるわけでないので、毎年1回ダービーウィークに書いてます。

さて、今週日曜は令和最初のダービーです。1年前の平成最後のダービー、29年間どうしてもダービーに勝てなかった福永騎手が勝ちました、ウィニングランでのこらえきれない涙にこちらも感動しましたね。福永騎手、もともとは武豊騎手のような馬と一体となった自然な騎乗フォームを真似していましたが、彼に追いつき追い越すには自分の騎乗スタイルを確立しないと思ったそうです。そして、騎乗スタイルを上下に動かす騎乗スタイルに変えて、この結果が巡り廻ってダービー勝利につながったと思います。

もう一つ、「変える」という点でとくに記憶に残ったのが、さきの平成天皇、いまの上皇様のご退位です。最初にニュースになったとき、ご退位が本当にできるのだろうか、世間の反応はこうだったのではないかと思います。でも、上皇様は、国のため、国民のために必要だというご判断があったと思います。断念する道もあったかもしれません、でも、結果的に、この「変える」がいまの令和につながりました。素晴らしいご判断だったと思います。

 この「変える」ことはリーダーシップそのものと思います。で、現状を変えるにはリーダーシップをもって、たとえ反対を押し切っても突き進むことが必要ですよね。この現状を「変える」ことの大事さを福永騎手の騎乗スタイル、上皇様のご退位から学びました。

自分がこよなく愛する詩人寺山修司はこう言ってます「競馬が人生の比喩なのではない、人生が競馬の比喩なのだ」、今年のダービーも人生の糧となる学びがあることを楽しみにしています。馬券はサッパリですがw

出資馬応援・日本ダービー観戦記

 5月27日 - 平成最後のダービーの日、東京競馬場にいってきました。

今年のキャッチ「すべては、この熱き日のために」はいいですね。6955頭のサラブレッドの頂点を決める、そんな思いが凝縮されているように思います。

 当日は、ダービーと並行して、今日は出資馬2頭が出走しました。

最初は、第4レース(3歳未勝利芝2000m)のコロンバスディ(社台TC)、新潟での惜しい2着で、ルメール騎手の騎乗で否が応でも勝利への期待が膨らみます。スタートはまずまず、道中3番手くらいにつけて、第4コーナーをまわって、いざ、スパートとというタイミングで、ギアがあがらず、5着。なんとか掲示板でしたが、東京の長い直線は向いてないかもしれないですね。次回は函館を視野にということで、よい選択ですね。未勝利戦も後半になりつつあるので、函館でまずは1勝というところでしょうか。

第11レース(1600万条件薫風ステークスダート1600m)にはイーグルフェザー(社台TC)が出走しました。いつも通り、スタートはやや出遅れで、最後方でのスタート。これはいつものことなので、とくにサプライズなし。で、第4コーナー回って最後の直線、戸崎騎手の「直線で外に出した瞬間、ガツンときました。」というクラブ掲載のコメントのように、ガツンときました。差し切ったと思ったのですが、残念ながらササった分だけ内の馬に出られてしまい惜しい2着。口取はなりませんでしたが、よく頑張ってくれました。

 さて、話は前後して、ダービー。

多くを語る必要はありませんが、よいレースでしたね。

福永騎手がガッツポーズして泣くんだろうな、と思ったら、案の定泣きました、自分ももらい涙です。

19年よく頑張ったと思います。「競馬は人生の比喩」というのがこのブログのコンセプトですが、あきらめずに挑戦する、これですね。

もちろん、彼は未勝利もG1も関係なく、常に勝つことを地道に続けてきたと思うのです、ただ、ダービーを勝ってないというプレッシャーも相当あったと思います。でも、あきらめずに挑戦した結果だと思います。松下幸之助は、成功する秘訣について、成功するまであきらめずに続けることと指摘しましたが、それに通じる点がありますね。
 
 ダービーが終わると、また、次のダービーに向かって走り出します。新しい元号でのダービーが楽しみですね。

 ルメール騎手騎乗コロンバスディ