2019年社台ドラフトその4 申し込み完了!

 さて、今年のドラフトも早いもので締切りとなりました。

 もともとは、ドゥラメンテ産駒の125ダイヤモンドディーバ18、127イプスイッチ18を狙っていたのですが、予想通りの大人気。

 実績725万ですが、これはよっぽど運がよくないと取れないと判断。ドゥラメンテ産駒は見切りをつけて、ファンドは

 111パストフォリア18

 第1希望です。社台TCラルシュドール18と悩みました。パストフォリア18、第1希望でもそこそこ人気なので、取れるかわかりませんが、縁があるといいなと思います。

 第2希望 シーティス18、第3希望ピュアチャプレット18、ダメなら秋にむけて今年のイマジナリーラインのような成長著しい馬に出資したいと思います。

 中央オーナーズは、ディオジェーヌ18かどちらか悩んで

236リズムオブザレイン18

 にしました。

 足るを知るというのが自分のモットーで欲張らないようにしながらも、毎年コンスタントに続けていきたいと思います。

 28日の発表が楽しみです。

 

2019年社台ドラフトその3 日帰りツアー参加

 19年ドラフト、一日目の日帰りツアーに参加しました。
ここ数年、いつも雨でしたが、今回は珍しく?最後まで晴れ、相変わらず、十分に見る時間はありませんが、実際に候補を見ることができたことは収穫でした。

ファンド ドゥラメンテ産駒

もともとドゥラメンテ産駒牡を狙っていました。で、見た結果、これはあくまで大した観察眼があるわけでもなく、あくまでも一個人の私見ではありますが、気性が強そうな印象を受けました。

あとで見たロードカナロア産駒との比較があるかもしれません。まあ、ノーザンファーム育成+堀、菊沢、国枝厩舎であれば、気性をうまく活かして、それを強みにできる気もするので、悩ましいですね。

去年、エピファネイア産駒でも同じ印象を受けたこともあり、エピファネイア産駒の勝ち上がりも見ながら、票読みしたいと思います。で、3頭のなかでは、やはり、ダイアモンドディーバ18ですね。これは人気しそう。

サンデー 125 イプスイウィッチ18 父:ドゥラメンテ 牡 堀厩舎

サンデー 126 ウミラージ18 父:ドゥラメンテ 牡 菊沢厩舎

サンデー 127 ダイアモンドディーバ18 父:ドゥラメンテ 牡 国枝厩舎

ファンド ロードカナロア産駒

最初は候補にいれてなかったのですが、見てこれはと思ったのが、パストフォリア18。馬体もさることながら、物怖じしない聡明さに惹かれました。これも人気しそうです。

サンデー111 パストフォリア18 父:ロードカナロア 牝 藤沢厩舎

ファンド モーリス産駒

これも最初の候補にいれてなかったのですが、良かったです。馬体重は482kg、かなり出来上がってて、遅めのスクリーンヒーロー系とは違った印象を受けました、厩舎もありこれも人気しそう。

社台TC70 ラルシュドール18 父:モーリス 牡 池江厩舎

中央OW

ツアーまではどれにするか悩んでいましたが、ツアー参加でだいぶ絞れました。

まず、ディオジェーヌ240、これまでノーザンファームの育成を見ているので、どう育成するか、かなりイメージが湧きました。高木厩舎で息の長い生活を期待です。

中央OW240 ディオジェーヌ18 父:マジェスティックウォーリア 牡 高木厩舎

テイラーバートン18、ドゥラメンテ産駒とは対象で気性という点ではあまり心配しなくてもよさそう。カタログの説明通り「程よい」かんじ。

中央OW266 テイラーバートン18 父:ジャスタウェイ 牝 坂口厩舎

あとは、来週以降、票読みですね。実績がそれほどあるわけではないので、取りたい放題ではないです、なので、この中からファンド、中央OWそれぞれ取れれば今年は上出来ですね。

今週の出走:マルーンベルズ デビュー ヴェルスパー 京都に

今週は、マルーンベルズ(社台TC)、ヴェルスパー(サンデーR)の2頭が出走します。

まず、マルーンベルズ、先々週は新馬戦除外の憂き目にあい、今回は、東京5R未勝利戦でデビューです。
まだ、体を使って動けていないとこもあり、レースを使いながらという感じですね。
初の自分の命名馬なので、何とか無事に、そして、次につながてもらいたいです。

今週2月2日(土)東京5R・3歳未勝利(芝1800m・牝馬限定)戦に戸崎騎手54kgで出走・デビューが確定しています。このレースは、16頭立てになりました。レースを使いながら良化してきそうなイメージですが、しっかりと乗り込みを重ねて、動ける出来にあります。

ヴェルスパーは、京都9R乙訓特別に出走です。もともとは、2月3日(日)東京12R・芝1400m戦に55kgミナリク騎手で出走予定でしたが、相手関係、東京12Rは牡牝混合でトゥザクラウンなんかが出走するので簡単に勝てなさそうです、荒れている馬場から京都で出走です。

これは、興味深いですね。

当たり前ですが、クラブ、一口馬主、騎手、調教師、いずれも同じですが、唯一にして最大の目標は、勝つこと。で、勝つために何をするか?

その一つが勝てるレースを選ぶことがありますよね。

勝てるレースは、相手関係が有利、馬場を活かせる、今回のケースがこれにあたります。で、ヴェルスパーの場合、だいたいスタートで出遅れなければ、差し切れるケースがおおいです。

というわけで、今回の東京から京都の選択は、勝つ確率を上げるという点でよい選択だと思いました。期待してます。

で、この視点は馬券検討でもアリかもしれないですね。東から西、もしくは、西から東に遠征した馬、その思惑から馬券を予想すると。

今週は応援にいけませんが、2レース楽しみにしています。

今週2月2日(土)京都9R・乙訓特別(芝1200m)に55kgデムーロ騎手で出馬投票することになりました。相手関係に加えて、京都の馬場が荒れてきているために、後方からの競馬となっても十分に間に合うとみて、京都戦に出馬投票することになりました。

ウォートルベリーの17

さて、アーリーアメリカンの17が募集中止になったことは残念ですが、気を取り直して、まだ残口があるウォートルベリーの17に出資しました。
まあ、来年の新種牡馬ドゥラメンテ・モーリス産駒にむけての実績の維持という理由もあります。

で、6月の募集の際は、5月の遅生まれなこともあり馬体はイマイチ、いまでも残口中というのもそれが理由かもしれません。

のなかで、あえて出資したのは、まず、スクリーンヒーロー産駒の特性を見極めたいというのがありますね。モーリスもそうですが、スクリーンヒーロー産駒は「奥手」で、岡田牧雄氏もこう語ってます。

スクリーンヒーロー産駒は筋力がつくまでに時間がかかるタイプが多いです。スクリーンヒーローの産駒はサンデーサイレンスの血が色濃くでてますので、馬体に緩さはあるのですが、その反面、使って筋肉が硬くならずに、4歳、5歳、そして6歳になってなって走ってくる。つかって筋肉がつよくなってくるタイプですね。スクリーンヒーロー自身が奥手でしたから、産駒にはそのあたりも遺伝しているようです。出所:「馬体は語る」p210

なので、1歳時はイマイチでも(3歳夏までには間に合ってほしいですが)、現時点で馬体のイマイチさは大幅に割り引く必要はないのではという思いです。くわえて、預託厩舎がスクリーンヒーローを管理した鹿戸厩舎なので、成長カーブにあわせていけるのではないかと思っています。

もう一つは、奥手ながらも、比較的育成は順調であること。まあ、残口中なので、多少のセールストークはあるとは思いますが、傾向としては悪くはなさそうです。自分は賢さに弱いかもしれないですねw

初期馴致もとても順調に進み、すでに直線ウッドチップコース(1000m)に入れて騎乗調教へ進めています。現在は週2~3日は直線をハロン20秒ペースのキャンターで駆け上がっています。ほかの日は周回馬場とトレッドミルを併用してキャンター調整を続けており、しっかり負荷を与えています。やや慎重な面はあるものの、一度納得すれば何事にもスムーズで、物覚えが早くてとても賢い馬です。四肢の運びが正確で、まっすぐ安定した走りができるのはセールスポイントです。9月3日計測の測尺は、体高152.0cm、胸囲175.0cm、管囲19.3cmでした。最新馬体重は450kgで良い成長曲線を描いています。 出所:社台TC 10月5日レポート

計測日時 体高(cm) 胸囲(cm) 管囲(cm) 体重(kg)
2018/6/10 147.5 166.0 18.7 389
2018/9/3 152 175.0 19.3 450

結果が出るのは1年後、この仮説がワークするかどうか楽しみに待ちたいと思います。

イーグルフェザー テレビ静岡賞 勝利

これまでの一口馬主履歴の中での最大の孝行息子ながらも、なかなか1600万条件を勝ち切れなかったイーグルフェザーですが、秋の復帰戦10月7日(日)東京10Rテレビ静岡賞で勝利、通算5勝目でついに自分の一口馬主史上、初のオープン入りです。ヴェルスパーについて今年2度目の口取りができました。

デビューからほぼ観戦してきたのですが、やはり、東京のダートがあってますね。いい意味でワンパターン。ちゃんとスタートが決まるという前提ですが、中段から後段あたりのポジションで、最後1-2ハロンで豪快に差し切る。まさに戸崎ジョッキーのコメント通りだと思いました。

レース後、戸崎騎手からは「レース前は外に出していくイメージでしたが、きょうの隊列はストレスがかからずに、道中はとてもいい感じでした。直線は捌いたというより前の馬がいなくなってポッカリと開いて、普通に抜け出すことができました。器用さのない馬なので、やっぱりワンターンの競馬が合っていると思います」との勝利コメントがありました。また小笠調教師は「これでようやくオープン入りを果たすことができました。このあとは一応11月10日(土)東京・武蔵野S(G3・ダート1600m)が本線で、除外なら11月18日(日)東京・霜月S(Op・ダート1400m・ハンデ)を目指すという二段構えでいくつもりです」と話していました。

つぎは、武蔵野Sもしくは霜月Sの二段構えということです。次の結果は神のみぞ知るのでしょうが、東京ダート1600mといえば、やっぱり、フェブラリーステークスですよね。期待は膨らみますが、まずは無事に走ってくれることを祈るのみです。

セレクトセール2018

 社台ドラフトももう終わり、今年は、難しいですよね。無事に取れてほしいです。

 さて、社台ドラフトも終わると、季節は夏、7月に入るとセリのシーズンですね。2019年に向けての次のドラフト開幕といったところでしょうか。
 
が、そこまで金銭的な余裕はないので、セレクトセールは基本的に「見」ですが、届いたカタログからいくつか興味深いものがありました。

 

 1歳もいろいろありますが、やっぱり、当歳ですね。7月9日の1歳セールは参加できないですが、7月10日の当歳はおそらく買わないと思いますが、参加しようと思います。で、2018年産駒は、ディープインパクトもそこそこありますが、セレクトセールでは、ドゥラメンテ、モーリス、Frankelなんかもあり、種牡馬路線が徐々に変わりつつあるように思います。2019年、来年の社台ドラフトのプレリュード(前奏曲)かもしれないですね。個人的に興味深いのは

・317 サンデースマイルⅡの2018 (父:キングカメハメハ):16年サンデー出資(父:ロードカナロア、牝、ルガールカルム)の母、父はキングカメハメハです。ルガールカルムは、デビューはまだですが、育成は順調で、この血統の牡馬は注目ですね。結果がでれば、種牡馬もありえそうですし。

・348 スノーパインの2018(父:Frankel) ;母の代表産駒はタワーオブロンドン、父フランケル

・401:シュガーハートの2018(父:ブラックタイド):言わずと知れたキタサンブラックの全弟、ま、当歳はみてもわからないですよね。でも、人気になるでしょうね。落とすのはDMMあたりでしょうか。

・480:ソムニアの2018(父:ルーラーシップ);これも社台中央オーナーズ出資のムニアイン(父:キングヘイロー、母:ソムニア)の半妹です。父がキングヘイローからルーラーシップになりました。ムニアインは、出資時の体重が500㎏近くだったので迷いはありませんでしたが、1年後、ルーラーシップ配合でどれくらいになるか興味ありですよね。

2018年の当歳がデビューするのは、2020年以降ですが、今後のドラフトを見据えて、勉強したいと思います。

 

2018年社台牧場見学ツアー

 ここ3年くらい、社台牧場見学ツアーの日帰りで参加しています、で、初日の6月8日参加しました。

どちらかといえば、自分は目星を付けた馬をじっくり見て、質問して、確認するタイプなので、そんなにたくさん写真ありません。

といっても、馬体がわかるわけでもなく、バランスがよさそうな馬を見ながら、質問しながら、仮説を検証するかんじです。

で、一番良かったのは、120 シーズアタイガーの17(サンデー関東、国枝厩舎)です。

お伺いした話を自分なりに解釈すると、まず、闘争心があり、頭がいい。そして、ダイワメジャー産駒というより、ダイワメジャーそのものでパワーある。距離でいうとマイルくらいで、芝がダメでもダートに切り替えられそう。牧場としてはぜひ重賞をとってほしい、そんな思いを感じました。

これは人気しそうなので、取れるかどうか、票読みで考えたいとおもいます。

同じダイワメジャー産駒で興味を吹かれたのが、213 カリフォルニアネクターの17(中央OW、尾関厩舎)です。

とにかく、この馬はデカい、1歳6月時点で550kgを越えてます。なので、ツアーが終わったら、すぐ騎乗調教をスタートさせるようなかんじ。
イメージとしては、これから体を絞りつつ、筋肉をつけて、比較的早いデビューを目指す。
どう育成するか、まさにノーザンの腕の見せ所ですよね。400口であれば1口いったのですが、10口なので、ハイリスクハイリターンですね、悩みます。

で、エピファネイア産駒は大まかな印象として骨太、骨が太い分だけ、筋肉をつける必要があり、そのためデビューはそれほど早くなさそうな印象です。
今回はエピファネイア産駒はスルーしようと思います。

見学最後の社台ファームも楽しみにしていましたが、あいにくの土砂降りであまり見ることができませんでした。
とはいうものの、最初の印象を確認できて、よいツアーでした、来年も参加します。
 

社台ドラフト2018注目馬 キトゥンズダンプリングスの17

春の訪れとともに、募集馬が公表され、先週、募集馬の価格発表、6月の牧場見学とこの時期は社台ドラフトのシーズンですね。

今年というか例年そうですが、高いですね。ディープ産駒が普通に1億円越えと、ちょっと手が届きません。。。

どれを指名しようか検討中ですが、ちょっと面白そうとおもっているのが、社台TC キトゥンズダンプリングスの17 です。

血統を愛する血統マニアにとっては、実に興味深いですね。

まず、母は、キトゥンズダンプリングス、母の父は、キトゥンズジョイ。キトゥンズジョイ下のリンクがまとまってますね。2013年北米リーディングサイヤーで、芝に強い種牡馬です。

代表産駒は、日本では何といってもジャンダルムで、日本であまり成果がでていないサドラーズウェルズ系にサンデーサイレンス産駒の母ビリーブをかけてます。

このジャンダルム、キトゥンズジョイ産駒の今後を占う上でも5月27日の日本ダービーに注目したいですね。とくに府中の4コーナーあとの直線は長いので、どんな競馬ができるか。

http://www.pedigreequery.com/kittens+dumplings

で、父は、言わずと知れたアメリカンファラオ、2015年の三冠馬です。

アメリカンファラオ産駒が日本で走るかといえば、悩ましいですね。父 パイオニアオブザナイルは日本でも走りはじめたばかりで未知数、祖父 エンパイアメーカーは日本での種牡馬になるも、そこそこっていったところでしょうか。それを跳ね除けて3冠馬のアメリカンファラオ産駒がどこまで走るか楽しみですね。まあ、この評価は難しく、価格(5000万、一口125万)もこのあたりを反映しているのかもしれないですね。

個人的には、キトゥンズダンプリングスの17自身がちゃんと走って、さらには、種牡馬として、日本の競馬に新しい血を入れてほしいと思っています。種牡馬になれば、基本はサンデー系につけられるので選択肢はいろいろありますよね。こうした妄想も血統マニアの愉しみでしょう。まあ、札を入れるかどうかは6月まで悩みたいと思います。

社台ファーム訪問

3月9日札幌に予定があったので、翌日3月10日社台ファームを訪問しました。

昨年末に出資したサイレントクロップの16、シークレッドコードの16が気になってました。


サイレントクロップの16:馬体重467kg、順調に育成中、こちらは新規開業の幸四郎先生に預託予定です。新規開業で結果を出してもらいたいものです。


シークレッドコードの16:馬体重402kg,まだ小さいものの父キャプテントゥーレも小さかったこと、飼葉食いもしっかりしているとのこと。

今回は時間の関係で社台ファームだけでしたが、いろいろなお話をお伺いできて、よい時間を過ごさせていただきました。

そして、サイレントクロップの16、シークレッドコードの16、今年のデビューに期待です!