ムニアイン引退

さよならだけが人生だ - このフレーズ、2年前のスターストラックについで2回目です。

初のオーナーズ出資馬ムニアイン、土曜日は東京2Rダート1600mに出走、惜しくも2位という結果で、次は未勝利突破!という矢先でした。

が、レース後から右前脚の歩様が悪くの検査で板状骨折が判明、競走能力喪失の診断で引退です。

残念なのは間違いないですが、去年の9月からの6走という頑張りに感謝したいと思います。

ありがとう、ムニアイン、そして、和田先生もありがとうございました。

最後のレースでのムニアイン

今週の出走:ルガールカルム桜花賞へ

 長い冬も終わり、ようやく春。明日はクラシック第1弾の桜花賞となりました。

 今年の桜花賞は例年と違い、「自分ごと」です、何度も触れているように出資馬のルガールカルムが出走します。

 自分にとっての初のクラシック出走です。一口馬主をはじめたのが2013年、今年で6年目ですが、一つの一里塚となりました。

 チャンスはあると思います。もちろん、強豪ぞろいですが、スタートで出遅れなければ、アネモネSで見せた末脚で勝負になると思います。

 明日は阪神で応援します。もちろん、勝ってほしいですが、それ以上に無事を祈る気持ちです。

 がんばれ、ルガールカルム

ルガールカルム 桜花賞へ

一口、共有、いずれもはじめて自分の出資馬のルガールカルムがクラシック初戦桜花賞に出走します。

来週4月7日(日)阪神11R・桜花賞(G1・芝1600m)に登録しています。このレースはフルゲート18頭に対して、28頭の登録があります。本馬は優先出走権を有しており、除外の心配はありません。なお、鞍上は三浦騎手を予定しています。本馬は明後日3月27日(水)美浦TCに帰厩予定です。

まあ、正直言って、強豪ぞろいだと思います。ただ、いままでの傾向だと、スタートで出遅れず、自分のペースでいければ、十分勝機があると思います。三浦騎手に期待です!

さて、ルガールカルムから自分はいろいろ学びました。いろいろあるのですが、次のドラフトという点では、厩舎を上げたいです。

ルガールカルムもノーザンファームで外厩であるノーザンファーム天栄がメインです。外厩がメインなので、厩舎はそれほど関係ないのではと自分は思ってました。ただ、ルガールカルムに関しては、田村先生の強い思いが大きいと思います。

この思いを掘り下げると「同じ景色を見た」ということだと思ってます。

田村先生は、ルガールカルムをかつて自身が手掛けて、NHKマイルを制したメジャーエンブレムと「同じ景色」だったのだと自分は思います。

自分がこの思いを強くしたのは、ルガールカルムは、18年9月22日の新馬戦で圧勝したあと、次の11月25日ベコニア賞(500万条件)で6着と大敗しました。新馬戦で強くても、この大敗であれば、クラシックに進むのではなく、自己条件でコツコツやるという選択肢もあったはずです。

もちろん、クラブの意向もあるとは思いますが、田村先生は、ルガールカルムにメジャーエンブレムと「同じ景色を見た」と思います。

そこから、19年1月12日(土)中山11R・フェアリーS(G3・芝1600m牝馬限定)に投票するも無念の除外、でも、それでもあきらめず、1月26日(土)東京・クロッカスS(L・芝1400m)で自分はほぼ勝ったと思っている2位、そして、3月10日(日)中山・アネモネS(L・芝1600m牝馬限定・桜花賞トライアル)で優勝、桜花賞の切符を手に入れました。

さて、桜花賞がどうなるかわかりません、無事に走ってくれることを祈るのみです。でも、ここまで駒をすすめることができたのは、やはり、田村先生の「同じ景色を見た」ということが大きいと思うのです。というわけで、そろそろ2019年のドラフトも近づいてますね、できれば、「同じ景色を見た」先生の馬に出資することを検討したいです。

マルーンベルズ勝利と勝利の女神

さてはじめての愛馬命名となったマルーンベルズ東京5R3歳未勝利で勝利しました。

社台TCのレポートより。

2月2日(土)東京5R・3歳未勝利(芝1800m・牝馬限定)戦に戸崎騎手54kgで出走、馬体重454kgでデビューしました。スタートを決め、先頭から6馬身ほど後ろのインで落ち着きました。道中の走りはスムーズで、3列目のインで直線に入りました。400mを切ったあたりで少し外へと進路を取り、前があいて騎手が追い出すと瞬時にアクションが大きくなりました。残り200mからの伸びが鋭く、馬群の間から抜け出して先頭でゴール、既走馬を相手にみごとなデビュー勝ちを収めました。勝ちタイムは1分48秒7、2着とは1馬身1/4差でした。
レース後、戸崎騎手は「追い切りでは終いの伸びがイマイチで、レース前は使ってからかなと思っていました。ゲートの扉に少しビックリするかもしれないという心配もありましたが、練習と同様に実戦でも問題ありませんでした。道中は乗りやすく、狭いところでもスムーズで、直線の弾けっぷりも良かったです。芝の実戦でこその馬だった、ということですね」と、また萩原調教師は「調教は目立ちませんでしたが、実戦で変わりそうな気がしていました。周りを気にすることもなかったですね。このあとはもう少し手元に置いて様子を見たいと思っています」と話していました。

今日は現地応援できなかったので、ビデオで観ましたが、第4コーナーをまわって、馬郡に呑まれそうなところでしたが、戸崎騎手が上手く追い込みましたね。馬の素質もさることながら、戸崎騎手の腕も今回の勝利につながっている思いました。ありがとうございました!

で、相手関係から京都に遠征したヴェルスパーは惜しくも2位。。

こうなると勝利の女神とは何かと考えてしまいますよね。

マルーンベルズは、萩原調教師、戸崎騎手も「レース前は使ってからかなと思っていました」というコメントのように、正直、勝利をイメージしていなかったと思います。自分もそうでした。でも、勝ちました。

ヴェルスパーもしかり、未勝利でなかなか勝ち上がれない馬もしかり、勝つために最大限の努力をしても、勝利の女神が微笑まないケースはたくさんあります。

まあ、勝ちたくても勝てない、勝つとはおもってなかったけど勝つ、こうした番狂わせがあるのも競馬の魅力かもしれないですね。馬券的にはおいしかったのですが、ひよってちょっととしか買わなかったのが悔やまれてなりません。

さて、勝負の極意について、故米長邦雄永世棋聖はこう語ってます。

勝負も商売も同じですよ。運、鈍、根、この3つが大事だ。世の中には、運と根の大切さに気付いている人はたくさんいる。でも、鈍ということをわかっている人は少ないです。
米長邦雄「運を育てる」

勝利の女神はいつ微笑むかわからない、だからこそ重要なのは、運、根、そして鈍なのかもしれません。

とにかく、マルーンベルズ、今後も無事に走ってもらいたいです。

ワラウカド退会と一口馬主ビジネス

  人によって定義は様々なですが、自分が思うに、ビジネスとは植物を育てるプロセスに似ていると思います。

 で、自分にとって、一口を含めた馬主は趣味ではなく、ビジネスの一つとしてとらえています。

 自分はいまのところブリーダーではないので、馬を育成するプロセスにはかかわっていませんが、

    (獲得賞金+種牡馬種付け料)>(出資金+維持費)

 を意識して、この馬主稼業という「植物」を育てています。

 植物を育てるには、まず、きちんと根をはるように土壌を豊かにする、これは、育成に近いかもしれませんね。まあ、一口馬主という点では、馬選びがポイントになると思いますので、種牡馬・育成牧場の動向把握などの勉強あたりでしょうか。

 そして、植物を育てるという点で、わりと重要なのが、剪定。草花は何もしないいろいろな方向にのびていきます。そして、そののびた植物について、伸ばすところは伸ばす、いらないところは剪定して落とす、この取捨選択のプロセスが大事だと思うのです。

 さて、前置きが長くなりましたが、表題の件です。自分は一口馬主は2013年出走のアスペンツリー以来今年で5世代目です。

最初は社台、サンデー、社台地方OW、社台中央OW、キャロット、ワラウカド LEX-PRO シルクにはいっていますが、ワラウカドについては退会しました。

理由は単純で、出資した2頭(レイロー、ブローインバブルス)がいずれも勝ち上がれず未勝利で引退しました。

いろいろとクラブの方でも改善していて、アットホームでよい雰囲気が伝わってくるのですが、やはり、結局のところ、結果だと思います。

で、伸ばすところがあるとしたら、やはり、共有あるいはまだ実現できていないですが1頭ですかね。ただ、ノーザンファームが今後も勝ち続けるという前提だと、弱小馬主にとってはセレクトセールで仕入れるという選択肢はいまのところなく、オーナーズもしくはLEX-PRO、場合によってはオータムセールあたりなのかなと思っています。他の牧場を探すのもアリかもしれないですね。
 

欽ちゃんの競馬珍道中

 東京馬主協会の会員誌に欽ちゃんこと萩本欽一さんのエッセイ「欽ちゃんの競馬珍道中」に感じるところがありました。

欽ちゃんは、馬主になって47年、重賞を勝ったこともある息の長い馬主です。で、馬主を続けている理由は、馬と仕事が反比例するからという。馬が走らないときは仕事がうまくいって、番組が終わったりすると馬が走り出すという。これありますよね。そして、こう指摘します。

いまの競馬はむかしと違って、走る馬と走らない馬の線がきっかりとひかれてしまった。野球にたとえれば、世界を目指す大きなグループが一軍ならば、小さな競馬物語をやっている馬主は二軍。ぼくは馬主のなかのどん尻選手で、競馬の独立リーグといったところ。でも、気分がよくて、楽しくて、仕事の運も与えてくれる。こんなにすばらしい馬主物語はないと、ぼくは思っている。

いやはや何とも欽ちゃんらしい表現ですね。

セレクトセールで1頭1億越えとか、世界を目指す一軍はやっぱりありますよね。でも、そんな一軍だけが馬主の愉しみではなくて、二軍でも独立リーグでも楽しみはあります。そして、たまに二軍、独立リーグからも大出世する馬もあります。自分も独立リーグですが、独立リーグを楽しみたいですね。

さて、今週はキャロット2頭が出走します。未勝利でだいぶあとがなくなってきました。
ヴォレダンルシエルは、ミルコ・デムーロ騎手乗り替わりで、未勝利脱却なるか。

ヴォレダンルシエル(牝)  新潟3R 3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800m M.デムーロ騎手
ヘヴンリーブライド(牝)  小倉3R 3歳未勝利・芝1200m 荻野極騎手

出資馬応援・日本ダービー観戦記

 5月27日 - 平成最後のダービーの日、東京競馬場にいってきました。

今年のキャッチ「すべては、この熱き日のために」はいいですね。6955頭のサラブレッドの頂点を決める、そんな思いが凝縮されているように思います。

 当日は、ダービーと並行して、今日は出資馬2頭が出走しました。

最初は、第4レース(3歳未勝利芝2000m)のコロンバスディ(社台TC)、新潟での惜しい2着で、ルメール騎手の騎乗で否が応でも勝利への期待が膨らみます。スタートはまずまず、道中3番手くらいにつけて、第4コーナーをまわって、いざ、スパートとというタイミングで、ギアがあがらず、5着。なんとか掲示板でしたが、東京の長い直線は向いてないかもしれないですね。次回は函館を視野にということで、よい選択ですね。未勝利戦も後半になりつつあるので、函館でまずは1勝というところでしょうか。

第11レース(1600万条件薫風ステークスダート1600m)にはイーグルフェザー(社台TC)が出走しました。いつも通り、スタートはやや出遅れで、最後方でのスタート。これはいつものことなので、とくにサプライズなし。で、第4コーナー回って最後の直線、戸崎騎手の「直線で外に出した瞬間、ガツンときました。」というクラブ掲載のコメントのように、ガツンときました。差し切ったと思ったのですが、残念ながらササった分だけ内の馬に出られてしまい惜しい2着。口取はなりませんでしたが、よく頑張ってくれました。

 さて、話は前後して、ダービー。

多くを語る必要はありませんが、よいレースでしたね。

福永騎手がガッツポーズして泣くんだろうな、と思ったら、案の定泣きました、自分ももらい涙です。

19年よく頑張ったと思います。「競馬は人生の比喩」というのがこのブログのコンセプトですが、あきらめずに挑戦する、これですね。

もちろん、彼は未勝利もG1も関係なく、常に勝つことを地道に続けてきたと思うのです、ただ、ダービーを勝ってないというプレッシャーも相当あったと思います。でも、あきらめずに挑戦した結果だと思います。松下幸之助は、成功する秘訣について、成功するまであきらめずに続けることと指摘しましたが、それに通じる点がありますね。
 
 ダービーが終わると、また、次のダービーに向かって走り出します。新しい元号でのダービーが楽しみですね。

 ルメール騎手騎乗コロンバスディ

世界に広がるサンデーサイレンス系

 自分は中学高校から競馬にハマったタチではなく、社会人になってから参戦、キャリアはまだまだ浅いのですが、そのなかでも、一番、エキサイティングなのが、血統ですね。

 宮本輝の名著「優駿」 の冒頭では、主人公の一人博正が、馬主の娘久美子に対して、ダーレーアラビアンから続くサラブレッドの血統をドラマチックに語るシーンが印象的ですが、親から仔へ連綿と繋がる血統にドラマを感じてしまいます。

 さて、最近読んだ本「血統の教科書」、血統好きにはたまらない一冊です。血統を日本型、米国型、欧州型、その血統にあう主流馬場、反主流馬場の条件を読むことで馬券上手になるという趣旨です。で、これにくわえて、ページを割いて言及されているのが、血統の未来として「サンデーサイレンス系の誕生」(p303)。

 かいつまむと、「血統」は世界を旅をしていて、その旅による交配で、新しい血統が確立すると。で、1940年代はネアルコ(イタリア→イギリス)、1950年代はナスルーラ(イギリス→アメリカ)、1970年代はノーザンダンサー(カナダ→アメリカ、ヨーロッパ、日本)、1980年代後半はミスタープロスペクター(アメリカ→ヨーロッパ)、そして、2010年代後半はサンデーサイレンス(日本→世界へ)。というわけで、日本で生まれたサンデーサイレンス系が世界に飛躍する新たな局面に立ち会っていると。

 その端緒はいくつか現れていますよね。5月5日の英国2000ギニーを勝利したサクソンウォリアー、父はディープインパクト、これだけではなくて、他も出てくるでしょうね。で、こうした流れのなかでどうするか?海外というのは可能性としてはなきにしもあらずですが、ハードル高いですよね。まあ、馬券で応援するのはありかもですね。国内だと、海外でも種牡馬になれそうな血統もしくは繁殖牝馬となりうる牝馬に一口ですが賭けてみる、これもありかなあと。

勝ち馬がわかる血統の教科書
勝ち馬がわかる血統の教科書 亀谷 敬正

池田書店 2018-03-19
売り上げランキング : 277

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ウォーレン・バフェットにみる馬券術

 ウォーレン・バフェットといえば、「投資の神様」として、株式を少しでもやっている方であればご存知かと思います。自分もその昔、証券会社につとめていたとき、彼の見えない資産を読むという考え方に惹かれて、事業の見方、財務諸表の読み方などいろいろ勉強したものです。

さて、先日、「ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉」を読んでいたら、このウォーレン・バフェットと競馬にまつわるエピソードがあり、とても興味深く読みました。自分なりに要約すると、ポイントは2点で、まず、レースに対する心構え。本書は、こう指摘する。

「バフェットは10代前半の頃、競馬場で無許可の予想紙を売るビジネスをしていたことがある。競馬場は、客が損をするまで夢中になって儲けるほど儲かる。実際、客を見ると、一レースだけで帰る人はいなかった。多くの人が勝っても負け続けても賭け続け、結局は損をしていた。
ここからバフェットは、ギャンブルではやめ時が肝心なこと、損しそうなレースには賭けないことを学び、自分の原則にした」(p58)

ま、これは当たり前といえば当たり前ですよね。一回、勝つと次も勝てると思って続けてしまう、負けても次は勝てると思って続けてしまう、これを自制すべしと。

次のポイントは、馬券を当てるにはキチンと分析すべしという

「何も考えないレース参加者が多いほどいい。ジョッキーの勝負服の色をもとに賭ける人間もいれば、誕生日の数字に賭ける人間もいる。要するに、きちんと分析して賭けている人間がいない集団に加わるのが肝心なんだ」
これは、バフェットが競馬の予想を行っていた頃に学んだ教訓の一つだ。(p76)

実際、バフェットは、競馬場で予想紙を発行していたころは、下院議員の父ハワードに頼んで議会図書館から勝馬の予想に関する本を何百冊も借りてもらい、繰り返し読んでいる。(p96)という。

株式投資と競馬、いずれも「これが勝つ」というのが誰にもわからない点は共通していますね、将来がわからないからこそ、常に冷静になり、そして、ちゃんと勉強する、これがウォーレン・バフェットの「競馬の法則」といえるかもしれないです。

ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉 (PHPビジネス新書)
ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉 (PHPビジネス新書) 桑原晃弥

PHP研究所 2012-07-19
売り上げランキング : 16

Amazonで詳しく見る by G-Tools

キタサンブラック引退式

17年の有馬記念にいけなかったので、改めて18年1月7日 キタサンブラック引退式@京都競馬場にいってきました。

「競馬は人生の比喩である」 - このブログでは何度か登場するキーワードですが、キタサンブラックから本当にこの意味を学びました。

競馬の愉しみの一つは、その血が受け継がれることですよね。キタサンブラックの血を受け継いだ仔馬は、2021年以降デビューすると思いますが、どんな活躍を見せるか、楽しみです。
そして、引退式で武豊ジョッキーは、キタサンブラックの仔でG1を勝ちたいと語っていたので、武豊+キタサンブラック産駒のコンビに期待ですね。