一口クラブと種牡馬

 社台グループの会報誌「Thoroughbred」12月号で吉田照哉さんの巻頭言になるほどと思いました。

 それはこう始まります。

いい種牡馬が手に入ったらクラブを立ち上げよう、吉田善哉はつねづね口にしていました。そして各地で産駒が高評価をうけ、ノーザンテーストへの自信が確信にかわろうとしたときに設立されたのが社台サラブレッドクラブです。1980年のことでした。

 たった2行ですが、いろいろ思うことがありました。40年前の話ですが、温故知新ですね。自分は社台以外にもいくつかのクラブに出資した経験もありますが、結果はいまひとつでした。やはり、その要因の一つが、「種牡馬」だと思います。たしかに、繁殖牝馬も重要ですが、それ以上に、日本の馬場に適合し、かつ、繁殖牝馬と相性の良い「種牡馬」、これは強調してもしきれないくらい大事なポイントかと。まあ、タラレバですが、ロードカナロア、キタサンブラック、社台スタリオンではなく、クラブ専用種牡馬にしたら、また、違う世界になったかもしれないですね。

 キャロットのように「Our Blood」というコンセプトのもとに繁殖牝馬にフォーカスするクラブもアリですが、やはり、それはノーザンファーム・社台スタリオンというバックがあるから成立する気もします。逆に、社台以外のクラブは、やはり、この「種牡馬」が差別化できていない気もします。

 だいぶ前の話ですが、宮本輝「優駿」も主人公の一人である和具平八郎が会社をリタイアしてクラブを立ち上げようとした動機も愛馬オラシオンがダービーに勝って種牡馬としてイケると思ったからでしたよね。というわけで、最近は新規クラブへの入会は足が遠のいていますが、「種牡馬」をコンセプトにするクラブ、これにはチャレンジしてみたいと思います。意外とゲームチェンジャーになるのかもしれないですね。

キャロット2018募集

やや周回遅れ気味ですが、社台につづいてキャロット2018年ドラフトスタートですね。

自分は、血統の力を信じていることもあり、キャロットの「Our Blood」、母系優先の考え方が自分にもあっていて、細く長く続けたいと思っています。

が、ここのところのキャロットの出資馬、成績がパッとしません(;”∀”)

2016年募集(3歳世代)
・ディライトプロミス 池添学 厩舎 500万条件 : 昨年9月に未勝利脱出もその後2桁順位のまま
・ヘヴンリーブライド 濱田厩舎 3歳未勝利: 6戦するも未勝利、28日小倉芝1200mで未勝利脱却なるか
・ヴォレダンルシエル 木村厩舎 3歳未勝利: 4戦するも未処理、成長が遅いみたい、28日新潟1800mダート

1頭は500万条件、残り2頭は未勝利で、なかなか勝ちきれません。

隣の芝生は青く見えるということで、シルクにも食指が動かないわけではないですが、育成、調教もそれほどおかしなことをしているとは思えないので、ガチっとハマるときを待ちたいと思います。

で、2018年ドラフト。これまで出資した母系に惹かれますね。

・ユールフェストの2017:17年に出資したフィルムフェスト(父:スクリーンヒーロー)の半弟、父はジャスタウェイ、母、父とも須貝先生ですかね。血統的にも面白そうです。
・ハルーワソングの2017:同ジーガスリッド(父:ヴィクトワールピサ)の半弟、父はワールドエース、いわゆる名牝の血統ですね、ただ、母は1996年生まれで21歳、そろそろ高齢でこれがどうでるか。

30日に日帰りツアーに参加して、3頭くらいに絞ろうと思います。

2018年ドラフト - オンラインカタログ掲載

 さて、社台ドラフト2018年、オンラインカタログが掲載されました。あとは、カタログ送付、ツアー(6月8日日帰り参加予定)とだいぶ佳境に入ってきました。

 まあ、来年のドラフトシーズンに今年はどんなこと思っていたんだっけと読み返せるように、途中過程を振り返ってみました。といっても、第1希望を確実にとるだけです、ただ、ディープのような高額馬には出資してないこともあり、実績(540万円くらい)はそれほど高くない、かつ、予算も限られているので、うまく票読みする必要がありそうです。

価格発表、厩舎発表、オンラインカタログをへて、現状の候補は

サンデーTC
シーズアタイガーの17
募集の段階からいいなとおもってました、で、厩舎も国枝厩舎で言うことないですね。人気になりそうなので、取れるかどうか。

アイスフォーリスの17
エピファネイア産駒です、ここに書いたように、評価が決まらないうちに新しい種牡馬に出資するというポリシーで、エピファネイア産駒も選択肢の一つと思ってます。

アナスタシアブルーの17
同じく、エピファネイア産駒です、関西で勢いのある高野厩舎で、BMSファルブラブ、これも人気になりそう。

社台TC

アーリーアメリカンの17
同母の初仔イーグルフェザーが自分の出資しているなかで最もパフォーマンスが良く、二匹目のドジョウ狙いですw。あと、厩舎の小笠先生、何頭か出資してますが、馬に無理をさせないけど、かといって、楽をさせない、いい意味でオーソドックスな使い方が好きです。

(外)キトゥンズダンプリングスの17
 さて、悩ましいのがこれです。ここにも書いた通りです。自分のなかでのベンチマークはジャンダルム。ジャンダルムを管理しているのが池江厩舎なので、同馬も池江先生かなあと思ってました。ジャンダルムは、日本の馬場に合わせる(?)意図があったかわかりませんが、父:キトゥンズジョイに母はサンデーサイレンス系のビリーブです。で、ダービーの17着はやはり日本の馬場にあってないということかもしれないです。ただ、キトゥンズダンプリングスの17は、良くも悪くもアメリカンファラオxキトゥンズダンプリングスという日本の馬場には全く考慮してない配合で、ここで化学変化が起きると面白そうだなと思ってます。

 

社台ドラフト2018注目馬 キトゥンズダンプリングスの17

春の訪れとともに、募集馬が公表され、先週、募集馬の価格発表、6月の牧場見学とこの時期は社台ドラフトのシーズンですね。

今年というか例年そうですが、高いですね。ディープ産駒が普通に1億円越えと、ちょっと手が届きません。。。

どれを指名しようか検討中ですが、ちょっと面白そうとおもっているのが、社台TC キトゥンズダンプリングスの17 です。

血統を愛する血統マニアにとっては、実に興味深いですね。

まず、母は、キトゥンズダンプリングス、母の父は、キトゥンズジョイ。キトゥンズジョイ下のリンクがまとまってますね。2013年北米リーディングサイヤーで、芝に強い種牡馬です。

代表産駒は、日本では何といってもジャンダルムで、日本であまり成果がでていないサドラーズウェルズ系にサンデーサイレンス産駒の母ビリーブをかけてます。

このジャンダルム、キトゥンズジョイ産駒の今後を占う上でも5月27日の日本ダービーに注目したいですね。とくに府中の4コーナーあとの直線は長いので、どんな競馬ができるか。

http://www.pedigreequery.com/kittens+dumplings

で、父は、言わずと知れたアメリカンファラオ、2015年の三冠馬です。

アメリカンファラオ産駒が日本で走るかといえば、悩ましいですね。父 パイオニアオブザナイルは日本でも走りはじめたばかりで未知数、祖父 エンパイアメーカーは日本での種牡馬になるも、そこそこっていったところでしょうか。それを跳ね除けて3冠馬のアメリカンファラオ産駒がどこまで走るか楽しみですね。まあ、この評価は難しく、価格(5000万、一口125万)もこのあたりを反映しているのかもしれないですね。

個人的には、キトゥンズダンプリングスの17自身がちゃんと走って、さらには、種牡馬として、日本の競馬に新しい血を入れてほしいと思っています。種牡馬になれば、基本はサンデー系につけられるので選択肢はいろいろありますよね。こうした妄想も血統マニアの愉しみでしょう。まあ、札を入れるかどうかは6月まで悩みたいと思います。

世界に広がるサンデーサイレンス系

 自分は中学高校から競馬にハマったタチではなく、社会人になってから参戦、キャリアはまだまだ浅いのですが、そのなかでも、一番、エキサイティングなのが、血統ですね。

 宮本輝の名著「優駿」 の冒頭では、主人公の一人博正が、馬主の娘久美子に対して、ダーレーアラビアンから続くサラブレッドの血統をドラマチックに語るシーンが印象的ですが、親から仔へ連綿と繋がる血統にドラマを感じてしまいます。

 さて、最近読んだ本「血統の教科書」、血統好きにはたまらない一冊です。血統を日本型、米国型、欧州型、その血統にあう主流馬場、反主流馬場の条件を読むことで馬券上手になるという趣旨です。で、これにくわえて、ページを割いて言及されているのが、血統の未来として「サンデーサイレンス系の誕生」(p303)。

 かいつまむと、「血統」は世界を旅をしていて、その旅による交配で、新しい血統が確立すると。で、1940年代はネアルコ(イタリア→イギリス)、1950年代はナスルーラ(イギリス→アメリカ)、1970年代はノーザンダンサー(カナダ→アメリカ、ヨーロッパ、日本)、1980年代後半はミスタープロスペクター(アメリカ→ヨーロッパ)、そして、2010年代後半はサンデーサイレンス(日本→世界へ)。というわけで、日本で生まれたサンデーサイレンス系が世界に飛躍する新たな局面に立ち会っていると。

 その端緒はいくつか現れていますよね。5月5日の英国2000ギニーを勝利したサクソンウォリアー、父はディープインパクト、これだけではなくて、他も出てくるでしょうね。で、こうした流れのなかでどうするか?海外というのは可能性としてはなきにしもあらずですが、ハードル高いですよね。まあ、馬券で応援するのはありかもですね。国内だと、海外でも種牡馬になれそうな血統もしくは繁殖牝馬となりうる牝馬に一口ですが賭けてみる、これもありかなあと。

勝ち馬がわかる血統の教科書
勝ち馬がわかる血統の教科書 亀谷 敬正

池田書店 2018-03-19
売り上げランキング : 277

Amazonで詳しく見る by G-Tools

成功する母

さて、先日、ブックオフの100円コーナーに並んでいた「新説 母馬血統学――進化の遺伝子の神秘」が一口馬主が出資馬を選ぶにあたって、ヒント満載でしたので、紹介します。

この本の主旨は、馬の進化という点では、牡馬が中心になるものの、牡馬ではなく、母馬に焦点を当てようという主旨で、イギリス競馬の成り立ちからファミリーナンバー、そして、小岩井農場、下総御料牧場といった日本の牝系まで幅広くカバーされており、とても読み応えのある本です、ブックオフ100円は勿体ないです。

一口馬主という点で興味深いのは、第4章 「成功する母 - 名牝の条件」、まさにどんな母が成功するのか、あくまで確率的ですが、勉強になります。まず、いわゆる、名牝と呼ばれる歴史的な牝系は、子だけではなく、

血統的な影響力は一代限りというものではなく、父系、母系の両面から絶大な影響力を及ぼしていく。母系が名門のファミリーで、祖母や曾祖母が名牝だったり、近親に活躍馬が多く出ている場合も、未勝利の母親からとんでもない名牝が生まれたりする。(p124)

なので、母親が未勝利で終わっていても、隔世遺伝というケースはよく起きる。まあ、これはありますよね。なので、母親が走ってないからといって、それをマイナス材料にしなくてもいいケースがあると。くわえて、イギリスの名ブリーダーであるヒスロップの生産技法から走った牝馬が必ずしも良い繁殖牝馬になるとは限らないと指摘する。

「ブリーダーは、競走馬として類まれな牝馬が、繁殖牝馬としても同じような能力を持つことことなど、ほとんどあり得ないものと理解しておく必要がある。それでも彼女たち(の血)が、後の世代において平均よりはるかに強い馬を出す可能性は高く(以下略)」(p136)

という意味で、走った牝馬の仔は高くなりがちですが、それが走るというより、その後の世代に妙味がありそうです。

そして、もう一つ、母親の出産時の年齢です、これははっきりした結果があって、「母馬の繁殖成績は、15歳あたりから下降する」(p139)、G1ウィナーに限れば12歳までと指摘する。まあ、これもあくまで”確率”の話で、獣医学、医療の技術、設備が進歩した今日では15歳を超えても活躍馬を出すケースも増えてきているという。

じゃあ、どんな繁殖牝馬が良いのか?現在、世界最高の繁殖牝馬群を擁するドバイのマクトゥーム・ファミリー。そのブレーンとして働くマイケル・グッドボディは、繁殖牝馬を選ぶ条件として、

血統が良くて競争成績が悪かった牝馬より、血統のよい不出走の牝馬の方が、繁殖牝馬として優れていました。これまでも、不出走の牝馬から、かなりの数のチャンピオン馬が出ているでしょう。繁殖牝馬が13歳までに、重賞勝ち馬を出していない場合は、売り払ったほうがいいかもしれません。それから、これも私たちの牝馬の例ですが、6歳から11歳までが母馬としてのピークです。この時期にベストな産駒を出す可能性をもっています。

まあ、これが正しいとは限りませんが、とてもよい示唆と思いました、今年のドラフトはこれをちょい参考にしてみたいと思います!

新説 母馬血統学――進化の遺伝子の神秘 (講談社+α文庫)
新説 母馬血統学――進化の遺伝子の神秘 (講談社+α文庫) 吉沢 譲治

講談社 2008-01-21
売り上げランキング : 43774

Amazonで詳しく見る by G-Tools