耳から「心」を読む - サラブレッドに「心」はあるか

 さて、このブログは馬主日記ですが、もともとの馬主になった動機の一つに馬主の気持ちを理解して、もっと馬券に活かしたいという単純な動機です。

 で、馬主になったからといって、馬券が上手くなったかといえば、微妙ですね。やっぱり、下手にこの人に勝ってほしい、この馬に勝ってってほしいという「バイアス」が、かえってフェアな予想にならないのかもしれないです、ま、フェアという点であれば、コンピュータ、最近だと人工知能に任せるのが一番かもしれないですね。

 とはいうものの、できるだけ「バイアス」を排除するには、もうちょっと馬のことを知るべきしょうということで、いろいろ勉強しています。ま、馬と会話できるのは、どんなに技術が進歩してもまだまだ先でしょうね。人間同士の会話はGoogle Translateのような翻訳こんにゃくも実用的になりつつありますが。

 で、この本「サラブレッドに「心」はあるか」、馬博士こと楠瀬良先生の著書です。タイトルの通り競走馬の心はどこまで解明されたか。これまでの連載をもとにまとめた一冊です。いろいろ勉強になる点がありました。全部はまとめられないのですが、勉強になった点はパドック。

 まあ、パドックは難しいですよね、何をみれば勝馬を予測できるか、たくさんの要素があるので、それこそ馬の心を知りたいものです。で、この本にはたくさんのヒントがあります。

 パドックで何を見るか?

見るべきポイントの一つは、と指摘します。

馬の気分は、頭部であれば耳、目、鼻、口に表れます。とりわけ馬の耳は感情が最もストレートに表出される器官と言えます。耳の動きはウマの心理状態を知る大きな手掛かりとなるのです。

では、耳のどこに注目すればよいのでしょうか?

人間とちがって馬は、左右の耳を別々にくるくる動かすことで音から周囲の環境を探索します。馬を初めての場所に連れて行くと、この動きはいっそう激しくなります。何か自分の身に危険がおよぶことがないか、周囲を探索しているのです。
 転じてこうした耳の動きは、不安感を示す指標となります。パドックで落ち着いた馬が多い中、一頭だけ左右の耳をしきりに動かしている馬を見つけたらチェックしておく必要があるでしょう。その馬は競馬場特有の雰囲気に呑まれ、不安を感じ、これから始まる競馬に集中しきれていない可能性があるからです。

まあ、これがあたってるかどうかは何とも言えませんが、一つの評価尺度になりますよね。

サラブレッドに「心」はあるか (中公新書ラクレ)
サラブレッドに「心」はあるか (中公新書ラクレ) 楠瀬 良

中央公論新社 2018-04-09
売り上げランキング : 55420

Amazonで詳しく見る by G-Tools

世界に広がるサンデーサイレンス系

 自分は中学高校から競馬にハマったタチではなく、社会人になってから参戦、キャリアはまだまだ浅いのですが、そのなかでも、一番、エキサイティングなのが、血統ですね。

 宮本輝の名著「優駿」 の冒頭では、主人公の一人博正が、馬主の娘久美子に対して、ダーレーアラビアンから続くサラブレッドの血統をドラマチックに語るシーンが印象的ですが、親から仔へ連綿と繋がる血統にドラマを感じてしまいます。

 さて、最近読んだ本「血統の教科書」、血統好きにはたまらない一冊です。血統を日本型、米国型、欧州型、その血統にあう主流馬場、反主流馬場の条件を読むことで馬券上手になるという趣旨です。で、これにくわえて、ページを割いて言及されているのが、血統の未来として「サンデーサイレンス系の誕生」(p303)。

 かいつまむと、「血統」は世界を旅をしていて、その旅による交配で、新しい血統が確立すると。で、1940年代はネアルコ(イタリア→イギリス)、1950年代はナスルーラ(イギリス→アメリカ)、1970年代はノーザンダンサー(カナダ→アメリカ、ヨーロッパ、日本)、1980年代後半はミスタープロスペクター(アメリカ→ヨーロッパ)、そして、2010年代後半はサンデーサイレンス(日本→世界へ)。というわけで、日本で生まれたサンデーサイレンス系が世界に飛躍する新たな局面に立ち会っていると。

 その端緒はいくつか現れていますよね。5月5日の英国2000ギニーを勝利したサクソンウォリアー、父はディープインパクト、これだけではなくて、他も出てくるでしょうね。で、こうした流れのなかでどうするか?海外というのは可能性としてはなきにしもあらずですが、ハードル高いですよね。まあ、馬券で応援するのはありかもですね。国内だと、海外でも種牡馬になれそうな血統もしくは繁殖牝馬となりうる牝馬に一口ですが賭けてみる、これもありかなあと。

勝ち馬がわかる血統の教科書
勝ち馬がわかる血統の教科書 亀谷 敬正

池田書店 2018-03-19
売り上げランキング : 277

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ウォーレン・バフェットにみる馬券術

 ウォーレン・バフェットといえば、「投資の神様」として、株式を少しでもやっている方であればご存知かと思います。自分もその昔、証券会社につとめていたとき、彼の見えない資産を読むという考え方に惹かれて、事業の見方、財務諸表の読み方などいろいろ勉強したものです。

さて、先日、「ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉」を読んでいたら、このウォーレン・バフェットと競馬にまつわるエピソードがあり、とても興味深く読みました。自分なりに要約すると、ポイントは2点で、まず、レースに対する心構え。本書は、こう指摘する。

「バフェットは10代前半の頃、競馬場で無許可の予想紙を売るビジネスをしていたことがある。競馬場は、客が損をするまで夢中になって儲けるほど儲かる。実際、客を見ると、一レースだけで帰る人はいなかった。多くの人が勝っても負け続けても賭け続け、結局は損をしていた。
ここからバフェットは、ギャンブルではやめ時が肝心なこと、損しそうなレースには賭けないことを学び、自分の原則にした」(p58)

ま、これは当たり前といえば当たり前ですよね。一回、勝つと次も勝てると思って続けてしまう、負けても次は勝てると思って続けてしまう、これを自制すべしと。

次のポイントは、馬券を当てるにはキチンと分析すべしという

「何も考えないレース参加者が多いほどいい。ジョッキーの勝負服の色をもとに賭ける人間もいれば、誕生日の数字に賭ける人間もいる。要するに、きちんと分析して賭けている人間がいない集団に加わるのが肝心なんだ」
これは、バフェットが競馬の予想を行っていた頃に学んだ教訓の一つだ。(p76)

実際、バフェットは、競馬場で予想紙を発行していたころは、下院議員の父ハワードに頼んで議会図書館から勝馬の予想に関する本を何百冊も借りてもらい、繰り返し読んでいる。(p96)という。

株式投資と競馬、いずれも「これが勝つ」というのが誰にもわからない点は共通していますね、将来がわからないからこそ、常に冷静になり、そして、ちゃんと勉強する、これがウォーレン・バフェットの「競馬の法則」といえるかもしれないです。

ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉 (PHPビジネス新書)
ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉 (PHPビジネス新書) 桑原晃弥

PHP研究所 2012-07-19
売り上げランキング : 16

Amazonで詳しく見る by G-Tools