クレナイピロコ長期離脱です kengokeibaレターvol.71

 週に1度程度、kengokeibaレターとして今週の出走と競馬にまつわる話を気ままに書いています。今回は71回目、クレナイピロコ近況です。

 6月4日の新馬戦でデビューしたクレナイピロコ、その後も順調に調教が進み、7月9日の福島開催を目指していました。が、6月29日(水)の追切の後、左前足に違和感があるということで、検査の結果、骨にヒビが入っていたということで、30日手術、復帰まで6か月くらいだろうという診断でした。

 サラブレッドの脚はガラスの脚、と呼ばれるように、500kg近い体重を4本の脚で支えるので、やはり、負荷がかかります。クレナイピロコもフットワークが軽く、ケガに強いと思っていましたが、これは馬主の良い方向に解釈する思い込みでしたね。

いずれにしても、あせっても仕方ないので、クレナイピロコ、ゆっくり休養して、中央競馬に復帰する日を心待ちにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。